HOME > 稽古日誌 > 稽古日誌 2015

合気上げ×居捕(肘伸ばし、小手返) - 横浜で合気柔術なう

2015/11/18

日本伝合気柔術厳武館横浜道場2015年11月18日(水)の稽古日誌です。

合気柔術 合気上げ 居捕
肘伸ばし、小手返(合気柔術、合気之術、柔術)・固め

【肘伸ばし】
合気上げをして片手を外し、自分の人差し指の付け根を、相手手首の小指側にある出っ張りに当てる。

上から下に:人差し指付け根を相手腕の骨に当てて自分の肩で体重をかける。
下から上に:人差し指付け根を相手手首の出っ張った骨のあたりに当てて、手前に握るような感じで相手肩を取る。

【小手返(合気柔術)】
肘伸ばしをする。その後、取った肩とその軸を変えずに、反対の手で外側に手刀を切る。

【小手返(合気之術)】
前述のように肘伸ばしをする場合、相手骨にがっつり当たるのに対して、こちらはふわっと行う。
相手の骨に当たらないよう少しずつ触りながら外側に相手を転がす。相手が転がり始める前に触りきってしまわないようにする。

【小手返(柔術)】
柏手→手鏡→手鏡の隙間を詰めて相手肩を取り、相手肘を腹に押し込む。その腕の軸を変えずに空いている手で手刀を切って外側に転がす。

[固め]
上記いずれかの小手返で相手を転がしたら、相手肩を取っている手を離さず、反対の手で、相手肘で頬をこするようにして真上に手を上げさせる。手の甲を膝で押さえて、反対の腕も同様にする。相手の両肘を内側に押し込む。

本日の所感
家で肘伸ばしを試したところ、片手だとなかなか相手の肩まで取れず途中で切れて難しかったです。

▲ ページトップへ

合気上げ×居捕(一か条表、二か条、三か条など) - 横浜で合気柔術なう

2015/11/11

日本伝合気柔術厳武館横浜道場2015年11月11日(水)の稽古日誌です。

合気柔術 合気上げ 居捕
一か条表・固め、二か条、続飯付(そくいづけ)、肘伸ばし、三か条

【共通】
前回11月04日に行った、合気上げ「玉磨」「背負」「尺骨に乗せる」「オーム」のどれかで相手肩を取る。
そして自分の片手を抜く。

【一か条表】
相手肘のところの出っ張りに自分の親指をひっかけ(このとき相手肩が緩まないようにする)、自分の肘から動かして落とす。
相手肘が遠いとき、取っている相手肩を動かさないようにして近づく。

[固め]
自分の近くに落として、立ち技のときと同様、左膝を相手胴体、右膝を相手の手にかける。
相手の体から遠い方の手の小指側で相手の自由な方の腕をひっかけ、反対の手で相手腰を押さえながら引く。

【二か条・続飯付】
抜いてきた手で、相手の手を上から持つ。このとき相手肩が緩まないようにする。持たれている手の平を開いて180度くらい回す。
指先から落とす。あるいは、相手腕上で自分の親指と小指を開き、残りの指の指先を落とす。

【肘伸ばし・三か条】
抜いてきた手で、相手の手を三か条の手で持ち、必要なら反対の手も使って相手の肘と肩を詰める。それを保ったまま相手の腕の下をくぐり、相手の手を再度三か条の手に持ちかえ、相手肘を下に投げる。


本日の所感
柔術の自分の真ん前に落とすのが痛そうでした。

▲ ページトップへ

合気上げ×居捕 - 横浜で合気柔術なう

2015/11/04

日本伝合気柔術厳武館横浜道場2015年11月04日(水)の稽古日誌です。

合気柔術 合気上げ
玉磨、背負、尺骨に乗せる、オーム
双手捕
一か条、二か条


合気上げを「玉磨」「背負」「尺骨に乗せる」「オーム」の4通りで行う。
どれも、
・相手の肩を詰める
・手の内の処理
・相手を尺骨に乗せる
を行い、自分の肩を力の出る十分な状態にし、最終的に、相手の力を抜く。

【一か条、二か条】
上記4つを使って自分の手を自由にし、技をかける。
二か条は、座っているためお辞儀するスペースがないので、相手の肩を狙って肩甲骨を閉めて対応する。


本日の所感
自分としては、背負い>尺骨に乗せる>オーム>玉磨 の順で馴染む。
自分が何を感じているか、がいまいち。言われてその通りにやるとできた気がするが自由自在な感じではない。

▲ ページトップへ

合気上・側面入身・落とす(鉄扇×居捕) - 横浜で合気柔術なう

2015/07/29

日本伝合気柔術厳武館横浜道場2015年7月29日(水)の稽古日誌です。

合気柔術 鉄扇対小太刀 居捕
右転身 切下・左転身
肩で落とす、顎で落とす、側面入身、前に落とす
合気上(玉磨き)

【共通】
右転身後、右手で切り下げ、切り下げた手に乗り左転身する。

【肩で落とす】
左手で相手肩をなで落とす。右手で誘導する。
転身の切り下げ時に右手で相手の重心を下げられていないと失敗する。

【顎で落とす】
転身時に左手で当身、そのまま相手の胸の前に差し入れ腕を首に巻く感じにして、右手も張りつつ、反時計回りに回転する。

【側面入身】
転身時に左手で当身、そのまま相手の胸の前に差し入れる。自分の胸を反らすことで相手の重心を後ろにずらし、下方向に落とす。以上の動作を一度に行う。

【前に落とす】
側面入身を行って失敗したら(相手が後ろに落ちなかったら)、相手の襟を掴んで前に落とす。

【合気上(玉磨き)】

1.両手にボールを持ち、ボールに近づく。
※以降、ボールの位置は動かさず自分が動く。
2.脇を締める。
3.相手の方へ少し押す。
4.親指を自分の方へ回し肘を相手の方へ動かす。

と相手が上に持ち上がり、合気上げができる。


本日の所感
合気上を自宅で行ったところ意外と上手くいったのですが、なぜなのかはあまり理解できていない気がします。

▲ ページトップへ

一か条表・二か条・固め(鉄扇×居捕) - 横浜で合気柔術なう

2015/07/15

日本伝合気柔術厳武館横浜道場2015年7月15日(水)の稽古日誌です。

合気柔術 鉄扇対小太刀 居捕
右転身
一か条 表・固め1・固め2、二か条・鎌手詰・十字固

【一カ条 表】
居捕のため歩けないので移動を上手く行う。

[固め1]
1.肩の少し下の痛いポイントを左膝で踏む。
2.右手小指側で相手左腕を引っ掛けて持ってくる。相手の体がめくれてこないように相手左腰を押さえて相手腕を開き、自分のバランスが良くなるように相手肩を責める。

[固め2]
※固め1で相手の体がめくれてきてしまった場合
相手両腕を平行になるようにして、左脚で相手腕をまたいで相手肩を押さえる。右膝で相手の手側を押して相手肩を責める。

【二か条】
中から外へ相手の肘より上を狙って、鉄扇の先を使って新体操などのリボンのイメージで行う。

[鎌手詰]
二か条の後、相手腕の肘より上を鉄扇で固定する。
相手手の甲を床と平行に、相手肘から先を床と垂直にする。
床と平行を保ったまま手の甲を手前にずらす。Hが横になったものあるいはTの字を、Zにするイメージ。

[十字固]
二か条の後、右足先を相手肩下に差し込む。右膝付近で相手腕を逆肘にする。
逆肘をキープしたまま左足で相手肩を踏んで仰向けに寝る。


本日の所感
固め技の際、かける時の方が体力を消耗するように思います。どこかを使えてないのかなと思います。

▲ ページトップへ

車倒・裏落・肘返(鉄扇×居捕) - 横浜で合気柔術なう

2015/07/08

日本伝合気柔術厳武館横浜道場2015年7月8日(水)の稽古日誌です。

合気柔術  鉄扇対小太刀  居捕
右転身
車倒・固め 、裏落・固め 、肘返(柔術)・固め 、肘返 投げ(巴投)

【共通】
右転身
跪坐から膝立ちになって行う。
立会(立って行う)の転身1のように右転身の後、右足と左足を撞木の足のように直角にする。

【車倒】
右転身の後、当身、相手左手を少し張り、相手右肩に鉄扇を置き押さえる。右足首を伸ばして前進し、右膝を中心にして反時計回りに回転する。

[固め]
左足の上に逆肘に腕を置いて、右足で相手肩を踏む。

【裏落】
右転身の後、当身、相手左手を少し張り、少し前進して相手脇の下に右手を差し入れる。相手の足のラインを見て重心の位置をずらしてお辞儀する。
前進するときは相手左手に体重を預け気味にして反動で動く。

【肘返(柔術)】
裏落を途中まで行い落ちなかった場合、相手腕を腕ではさみ、左足を立てて反時計回りする。

[固め]
腕を上下入れ替えて左手で相手腕を右方向に、右手手刀で相手肩を下に押す勢いで相手頭の横に移動する。

【肘返 投げ(巴投)】
肘返(柔術)の途中まで行い、水中から釣竿を引き上げるときのように反る。腹筋を入れる。


本日の所感
膝など下半身はさほど影響がなかったですが、前鋸筋と思われるあたりが激しく筋肉痛になりました。どこで使ったのか気になります。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜 中心

2015/07/01
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は中心について考えます。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 取上遣い 半開半向まで】
顔(目)のある位置が体とずれているので自分の中心がふわふわしていて相手の中心と合わない。
  

《兵法の所感》
「じんちゅうろ」がよく理解できなかったです。
いつも右肩を前にして右手でマウスを握っているので文字通りへそが曲がっているのではないかと思います。矯正したいです。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜 鉄扇・裏落など

2015/06/24
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は鉄扇の裏落などです。

----------------------
兵法
----------------------

素振り


《兵法の所感》
筋トレがきつかったです。翌日以降、狙ったところがピンポイントで筋肉痛になったので上手くできたのではないかと思います。

----------------------
合気柔術
----------------------
鉄扇術

【攻防】
お相手が先生だと移動距離が多くて疲れました。


鉄扇対素手
片手捕

【裏落】
当身しながら前に入る。
左足を前に入れ相手脇に手を差し込み、相手の肩を持ち上げてお辞儀する。

【肘返(柔術)】
(裏落がかからなかった場合)
左手で相手腕をはさんで、右手で相手腕を垂直にする感じで上げながら、下に押す。
[固め]
右手で相手の手を鉄扇ごと持って、相手肩口に押し込む感じにする。左手で相手の背中に手を置きながら左足を相手頭の前に置いて転身する。

【下へ崩す】
(肘返もかからなかった場合)
相手腕を抱えたまま、真下にしゃがむ。
[固め]
左膝を立てて、相手顎に右手を置き、ハンドルを回す感じで動かす。
膝行のように動き、相手左肩に右膝を突いて、左膝の上に相手肘を逆肘に置き伸ばす。

《合気柔術の所感》
固めの動きはもう少しなめらかにできるようになったらよいなあと思いました。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜 西江水

2015/06/17
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は西江水です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 取上遣い 半開半向まで 】

打太刀
最初の切りで打ち負けたら、相手の来られない方向に下がる。真後ろに下がってもあまり意味がない。

《兵法の所感》
打太刀と仕太刀とで向きが変わって頭がごちゃごちゃします。
先生の姿勢は自分と比べて腕が前に出ていて3D感があるように思いました。
私が肩甲骨だと思っていたのはただの肩だった気がします。

----------------------
合気柔術
----------------------

【西江水】

撞木の足から、後ろ足の蹴りで前足や体を前進させる。

《合気柔術の所感》
「車のハンドルを腕で回すと足も動く」のは、ランニングの本に「肩甲骨を動かすと足が前に出る」と書いてあったのと同じかなあと思いました。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜 鉄扇・車倒、裏落など

2015/06/10
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は鉄扇の車倒、裏落など です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 取上遣い 半開半向 】
右足を少し開いて左奥小手を相手に見せる。相手が振りかぶってきたら右斜め前に移動し、 雷刀、後は一刀両断と同じ。

《兵法の所感》
何回もやった気がしますが、右足を開くのが苦手です。

----------------------
合気柔術
----------------------

鉄扇術

【攻防】
相手が肩腹膝を突いてくるので、払ってフォアかバックで打つ。
手と足は同時に動かし、足は踏む。
払ったときの反動を利用して打つ。
連続攻撃のときは、次の手がなくならないように、重心が固まったり下がりすぎたりしないようにする。

鉄扇対素手
同じ側の手で持たれる。

【車倒】
左手で当身をしつつ右手を張り、相手を小指重心にする。
相手の肩を撫でながらかかと重心にさせ、回して落とす。

【裏落】
当身しながら前に入って右手を張り、相手脇の下に左手を差し入れる。
すると相手の肩が少し持ち上がるので、相手の尻を触ってお辞儀する。

《合気柔術の所感》
攻防は、きっともっと効率的な動き方がある気がしますが掴めません。そしてなぜか体中が痛くなります。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜鉄扇・入身投など

2015/06/03
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回も鉄扇です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 斬釘截鉄 取上遣い】

乗る練習
正面の相手の手に剣先を置いて乗る。乗ったら体を開いて相手を引く。

《兵法の所感》
乗れた後、体の向きを変えようとすると圧が抜けがちでした。

----------------------
合気柔術
----------------------

鉄扇対素手

文手取

文手で鉄扇を掴まれるので、左手で当身しながら前に入る。右手は鉄扇ごと張っておく。

【肩で崩す】
相手の手前の肩を丸みに沿って撫で落とす。

【側面入身】
相手の前に左手を差し入れながら一歩入る。
自分の姿勢をまっすぐにした後、スクワットのようにしゃがむ。

【入身投 裏】
当身した手を先へ回して、相手の頭を自分の右肩下に収める。
鉄扇の手で相手肩の遊びをなくして全体をロックし、投げる。

《合気柔術の所感》
右手の使い方が難しかったです。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜鉄扇・二か条・三か条など

2015/05/27
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回も鉄扇です。

----------------------
兵法
----------------------

【参学円之太刀 斬釘截鉄 取上遣い】

相手腕に剣先を置いたとき、乗る。
腰を回す力で相手を落とし(相手は腰が折れる感じ)、後ろ膝を前進させる力で相手を後退させる。
逆に、受けるときは相手が乗ってきたときの剣先の向きを味わう。

《兵法の所感》
寄っていくときの間合い(止まるタイミング)が、何となくな感じでぴったりしません。
相手の技を感じるのも、難しいです。


----------------------
合気柔術
----------------------


鉄扇対素手

文手取

【二か条 裏】
[固め]
後ろに回って相手脚を膝上膝下各三カ所ずつ踏む。


【三か条 投げ】
相手手首が折れないように、自分の手の甲側に反らせて三か条の手で持つ。

片手捕

【二か条 裏】
文手取のを左右反転するイメージで行う。
左右変わっても裏に回る。

[固め]
後ろに回って相手脚を膝上膝下各三カ所ずつ踏む。
(こちらサイドだとなぜか相手の脚が踏みにくい。)

【三か条 投げ】
文手取のを左右反転するイメージで行う。
最後、相手の肘を投げるように行う。持っている相手の手の位置を変えない。


《合気柔術の所感》
二か条は得物を持っている方がかけ/かかりやすいように思います。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜 鉄扇・四方投げなど

2015/05/20
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回も鉄扇です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 一刀両断 取上遣い】

《兵法の所感》
しばしば近すぎてしまったので間合いに気をつけたいです。

----------------------
合気柔術
----------------------

鉄扇対素手

攻防 2回攻撃
相手が肩か腹か膝を2回触りにくるので、鉄扇で払って除ける。


中段突

【表によけて顔面に当身】
相手が腹を刺してくるので、転身しながら相手の得物を押さえて打ち、相手の顔を打つ。


文手取

【四方投 表】
自分の右手の鉄扇を掴まれたら、鉄扇を少し回して巻きつける感じにして、反時計回りに回る。回ったら一度手を緩めて握り直し、相手の握りの緩みをなくす。

【四方投 裏】
自分の右手の鉄扇を掴まれたら、反時計回りに少し回して相手の手を取る。裏に回る間中、そのまま相手の手を取り続ける。
途中で抜けてしまったら左手を使ってかける。


《合気柔術の所感》
後ろ足がついてきません。
左転身すると、自分から刺されに行く感じになります。
ブリッジをするときはものすごくかかと重心です。つま先でブリッジできたら何か人生が変わるかもしれないと思いました。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 〜合気柔術なう〜 鉄扇・一か条裏など

2015/05/13
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は鉄扇です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 一刀両断 取上遣い】

最後、刀がぶれないように止める。
打太刀をするときは相手の構えに隙がないか考えながら行う。

《兵法の所感》
打太刀のときの間合いが一定しません。


----------------------
合気柔術
----------------------

鉄扇対素手

中段突
下段突
上段突
表、裏によける
攻防 1回攻撃・2回攻撃

相手が、肩か腹か足元を突いてくるので、払う。
手だけでなく足も使って、転身や下がるなどする。

文手取

【一か条 裏】
相手が体を触りにきた後に鉄扇を掴むので、鉄扇を時計回りに回し裏に入って技をかける。

[固め]
相手の背中方向に回り、相手の両腕を垂直に立てて相手指を頭方向に向け、相手肩を地面につける。

《合気柔術の所感》
攻防がバドミントンかテニスのようでした。足にきます。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 ~合気柔術なう~ 二か条

2015/04/08
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は二か条です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 一刀両断】

車に構えて、刀が安定する位置で持つ。
※肘を両脇につけ手を上に向けて、手に載ったものの重みを体幹で受けられる状態にして刀を持つ。

《兵法の所感》
お腹の辺りが抜けているとできない。

----------------------
合気柔術
----------------------

【二か条】

右手親指を相手右手親指の筋に当て、小指を相手小指側に当てる。小指が弱かったら薬指で補助する。
相手手の甲に自分手のひらを密着させて一体化させる。
自分の手の真ん中を中心にして時計回りに回転させる。
相手肩まで行き届かなかったら一回相手腕を回して再度かけてみる。
相手肘が上がってきたら軽く下に押さえる。

《合気柔術の所感》
手の真ん中でなく手首が回転の中心にならないようにするのが大変でした。
これまでは、密着させる感じはなかったように思います。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 ~合気柔術なう~ 三か条

2015/04/01
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は三か条です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 一刀両断 取上遣い】
刀を下ろすときは重力に任せ、最後だけ絞る。

《兵法の所感》
振ろうとすると刀が傾きます。

----------------------
合気柔術
----------------------

素手対手刀
右転身

切上

【三か条 表】
最後に持ち替えたときの手は、4本の指の第一関節を相手小指側にかけて母指球を相手合谷に置く。手のひらを伸ばす感じで相手の手に密着させる。
密着を強めると相手が浮き上がるので、相手の腕が上がる動きとシンクロして自分も相手前に入る。相手の腕が下がると同時に相手肘を落とす。

切下

【一か条 表】
転身して下がりながら右手で切り下げる。
1.右手を持ち替えて手のひらを相手腕につける、
2.左手を相手肘あたりにつけ、
3.相手首の後ろあたりを目掛けて回す、
を自分の股関節を時計回りに動かし続けながら行う。

《合気柔術の所感》
三か条のタイミングがあまり理解できませんでした。
一か条の、下半身が終わるまでに上半身の仕事をするパターンのを最近よく見かける気がします。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 ~合気柔術なう~ 二か条 表(4)

2015/03/25
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回も一か条、二か条です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

刀を振る前に後脚を動かす。すると相手の前に刀があるまま前進するので、それで相手を牽制する。


----------------------
合気柔術
----------------------

素手対手刀 右転身 切上


【一か条 表】

左手の平全面を相手腕につけてセンサーにする。その手で相手の皮膚を動かしていき、これ以上動かないとなったら相手の股関節で折って倒す。

倒されるときは、左に行き過ぎない・右肩が自由にならない・最後まで垂直に落とされると気持ち良く倒される気がする。


【二か条 表】

最初がんばりすぎなくても少しの動きで取れている。
手の中央を中心にして小指を下に動かすと相手の手が自分の親指方向に当たってくる。それを感じたら左手で相手肘を押さえてお辞儀する。


《合気柔術の所感》

世の中ではIoTブームによりセンサーが脚光を浴びているご時世なのに、自分のセンサーはいまいちなのが悲しい限りです。
そのような中、合気柔術を始めて5年目を迎えます。がんばります。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 ~合気柔術なう~ 二か条 表(3)

2015/03/18
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回も二か条です。

----------------------
兵法
----------------------

素振り

1.左足前の撞木になり両手で刀を自分の右側に持つ。
2.刀を真上に上げる。
3.足を入れ替えずに一歩前に進みながら前に振る。この時に前膝を上げるとつんのめり気味になり、前に進める。
4.2の姿勢に戻る。
5.1の姿勢に戻る。

《兵法の所感》

反り腰になるか、脚の付け根が折れてくの字になると失敗します。

1のとき膝が爪先の内側に入ってしまいましたが、開脚ストレッチしたら少しましになった気がします。
2で腕を上げるときに反り腰になりがちでした。


----------------------
合気柔術
----------------------

【二か条】

親指と小指で相手の手を取ったら、手のひらと相手の手の甲の隙間を、肩甲骨と肘を出して埋める。
相手肘が上がってきたら左手で押さえると右手のほうに動きが伝わってくるので、相手の前のほうを目掛けてお辞儀する。


《合気柔術の所感》

言われるとできるときもありますが、一人でやるといまいちです。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 ~合気柔術なう~ 二か条 表(2)

2015/03/11
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
前回に続き今回も二か条表です。


----------------------
兵法
----------------------

素振り

刀を持ち上げて
1.右こぶしを鼻の上に置く、剣先が左になる。
2.1の逆、剣先が右になる。
1、2とも正面に振る。
上げるときに手の良い位置を探す。

《兵法の所感》
2の時と、下半身の動きを合わせるのが難しいです。


----------------------
合気柔術
----------------------

素手対手刀 右転身 切上

【一か条 表】
前回の復習。

【二か条 表】
転身して、切り上げたとき相手の肩をはめる。
左手で肘を持ちながら外側に少しだけ引く(その後も同じ力で引き続ける)。
親指と小指で相手の手を持つ。
上記の相手の腕周りと自分の腕を下に平行移動してくる。
それらの位置関係を変えないように胸からお辞儀する。


居捕

【二か条 表】
肩をはめる:
相手腕を外から内に回すと途中で動きが変わる点があるので、そこではまる。


《合気柔術の所感》
二か条は何となく前よりはできるようになったように思いますが、視覚頼りなのと腕の大きさが違う様々なお相手に対する定理的な動きはまだ掴めていない気がします。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 ~合気柔術なう~ 二か条 表

2015/03/04
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は二か条表です。


----------------------
兵法
----------------------

素振り

【参学円之太刀 一刀両断】
刀を自分の鼻の真上に上げて、相手の鼻を通る線上に下ろす。そのとき、きちんと取る。

《兵法の所感》
刀がまっすぐ上に上がりません。

----------------------
合気柔術
----------------------

素手対手刀 右転身 切上

【二か条 表】
相手の手を小指と親指で持つ。
その親指と小指を使って、相手の手、肘、肩の関節の遊びをなくす。
その結果相手の腕が水平でなくなったら左手で肘を押さえて水平にして、下に下ろす。


居捕


【二か条 表】
[固め]
倒したら両足で相手肘を挟み、手を持ち替えて手の甲側を持つようにする。
相手腕の付け根を押さえて前方に倒していく。


《合気柔術の所感》
二か条は難しいです。
相手によって、肩がはまっているかがよくわからないです。

▲ ページトップへ

雪が谷稽古日誌 ~合気柔術なう~ 一か条 表

2015/02/25
東急セミナーBE雪が谷校「女性にもおすすめ!初めてでもできる護身の技術」の稽古日誌です。
今回は一か条表です。


----------------------
兵法
----------------------

素振り


【燕飛】
最初から最後まで通して行う。


《兵法の所感》
相手なしで一人でやるのが難しかったです。


----------------------
合気柔術
----------------------

素手対手刀 右転身


右手で相手を押そうと思えば押せるくらいのポジションに転身する。


【一か条 表】
転身して上記のポジションにいき、切り上げたら左手の親指の付け根で相手肘内側の骨を引っ掛ける。
そこの感覚を常に意識し、耳を取ったのを抜けないようにあるいは押しすぎないようにして最後まで落とす。

居捕


【一か条 表】
[固め]
一か条をかけて相手を潰したら、自分の左手を相手右手下に入れ肩を持つ。少しずつ自分の頭を前にして相手の肩甲骨を上げる。


《合気柔術の所感》
耳を取った後のセンサーの感度があまり良くなく、肘の骨を触るように言われましたが上手く使えていない気がします。

▲ ページトップへ