HOME > 稽古日誌 > 稽古日誌2008

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/12/17 2008年稽古納め

1.剣
【 素振り 】
【 三学 一刀両断 】
今年の〆練習にもかかわらず、素振りすらできず、剣術できず、・・・って韻をふんでみました。

2.合気柔術
【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 回転投げ 表】
横面打ちを転身でよけつつ左手は相手の右手を抑え、右手で相手の首筋に当てそのまま斬りつつ、相手の右手首下にし切上げる。
肘が見えてきたところで、左手甲をつけ大きく円を描く。下円になるところで相手の頭が下がるので、頭頂部に右掌添えて、左手を持ち替え左足を出して投げる。
右手は小さな円、左手は大きな円を微妙な時間差で描くイメージです。
ただ円を描くだけだと、頭をたれにくいのでちょっと細工が必要かも。

【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 回転投げ 裏】
頭頂部に右掌を添えて、左手を持ち替えるところまでは、表と同様。 左足を相手の踵後ろに運足し、裏にはいって投げます。
相手の右手を立ててそこを軸として円周上を転身する感じです
裏にはいるときに、自分の軸を移動させない(前足重心)ことがみそです。
右手で相手の頭を引っ張ろうとすると上手く投げれなくなります。

【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 回転投げ 固め1】
頭頂部に右掌を添えて、左手を持ち替えるところまでやり、頭を挟めるいちに運足します。
第一段階では、踵をあわせて、太腿で相手の頭をはさみます。相手がバランスをとるため、地についた左手を足で抑えます。
更に、頭を下に押し込み膝下にし股をとじるようにして極めます。
こめかみがかなり痛いです。

【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 回転投げ 固め2】
頭頂部に右掌を添えて、左手を持ち替えるところまでやり、相手の左側に転身して相手を崩します。
右膝を肩甲骨の間にいれ、相手の右腕を下げて極めます。
練習のときは、ペアストレッチだと思って優しくお願いします。

☆本日のひとこと☆
今回で、2008年の稽古納めです。
仕事の都合とはいえ、途中参加が多いのはいなめないです・・ って去年も同じこと言ってるやないかーい(髭男爵)
日々成長・発達しているのかつかめずに、今年も終わります。。。
皆さんはどんな一年でしたか? とりあえず、上達しなくても続けられていることは幸せなことだと思いますって現実逃避かいっ!

何はともあれ、今年もいろいろな方々にご指導・お相手いただき感謝しております。
Merry Christmas and a happy New Year
それでは良い御年を。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/12/10 目的は、上達する事or楽しむ事?

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
【 燕飛 】
下半身を見直しながら、素振りです。 最近腕の使い方がメインになっていたので、足元を見直します。
刃筋も気をつけながら。。。 真直ぐ振れてても斬れる軌道か微妙なので。。

2.合気柔術
【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 四方投 表】
横面打ちを転身でよけつつ右手は相手の首筋、左手は相手の右手刀を抑える。
左手を下弦を描くよう降ろし、自分の正面にきたところで、右手で相手の脈所を取る。左手は相手の橈骨側にそえて左足をだしつつ相手を導く
そのまま180度向きをかえて素振りの要領で振り下ろす。間合によっては足をそろえても可。
手首を握ると相手の肩甲骨に作用しにくいので、脈所と橈骨側の手で上手く導く。
導けると前腕の内側!?が見えるので、そこを見続けたまま180度回るようにします。
相手が痛そうなので、緩めてしまいがちですが・・・まぁ型稽古ですからやっちゃいましょ。

【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 手枕】
途中までは、四方投 表と一緒。 脈所をとり、橈骨側に手をそえて導きます。
肩甲骨が十分とれていると相手の重心を崩せるので、相手の前腕構造を変えないように一緒に腰をおとすと相手が崩れます。
脈所が捕れてなく、手首を握っていると肩甲骨ではなく、脇腹に作用しがちになります。これだと相手の重心は崩しにくいので倒れません。
相手の肘が体幹にちかいとかけにくいので、相手の身体に押し込まないようにしましょう。

【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 四方投 固め】
四方投で倒したあと、相手の手首を床に固定します。 相手の肘を押し込み床につけ身体が反るようにする。
相手が硬いと床につけれずに痛がるので気をつけましょ。

応用として、肘を床につけて身体をそらせて、右膝で相手の右脇(背中)を抑えて、 右手で相手の右足を左手は右肘をひきます。
ちょうど相手は弓なりになります。膝を上手く立てないと相手の身体がねてしまい固められなくなってしまいます。

【 素手 対 手刀 横面打ち-転身3 四方投 裏】
途中までは、四方投 表と一緒。 脈所をとり、橈骨側に手をそえます。
左足を相手の右側面(踵)に入身して左足を軸にして振りかぶりつつ回ります。 このときも相手の前腕内側を見続けます。
裏は、重心が前後に崩れやすいので、相手の前腕内側を見続ければ、振りかぶって更に180度回った時に振り下ろさなくても相手は崩れます。
また軸を作って回るので、軸を移動させないように右足の置き場所にも気をつけましょ。

☆本日のひとこと☆
今回は見学の方がおられたので、いつもより多く話しながら練習してました。
黙々とやるのも武道の醍醐味ではありますが、なにより楽しくないと続かないので、私はよくしゃべります。とは言いつつも、練習自体は超大真面目にやってます。
四方投げの固め応用の身体使いは、志村けんさんの♪変なおじさん~の 両手を後ろにする動きに近いので(思うので)
”変なおじさん~♪”と歌いつつも、「身体のそる方向は側面ではなくて後方側ですよ」なんてまじめなトークもしています。
楽しく続けていれば上手くもなります、ただ続かなければ意味がないので、気楽に面白おかしく・真面目にやりましょー。 

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/12/03 年内に仕事をつめるのやめて~in 師走

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
【 燕飛 】
2.合気柔術
【 素手 対 手刀 正面打ち(横面打ち)-転身3】
【 素手 対 手刀 正面打ち(横面打ち)-転身3+崩し】
【 素手 対 手刀 正面打ち(横面打ち)-転身3 背負投】
【 素手 対 手刀 正面打ち(横面打ち)-転身3 一か条 裏】


☆本日のひとこと☆
一ヶ月の間に2回も全休をしてしもうた・・・ 淋しゅうございます。
稽古できない日々がつづくと、禁断症状がでてきます。
頭の中でイメトレしているので、
・書類を渡される時に書類ではなく腕を捕りそうになります。。
・電車のつり革で2か条の練習
・意味もなく人とすれ違うときに紙一重をねらう・・。。。

何をやっているのやら・・ 次回は絶対に参加するんじゃー 帰り間際に電話がなってもぐっとこらえて逃げるように帰るんじゃー

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/11/26 注目すべきは、グーではなく”コォー”

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
【 燕飛 】

2.合気柔術
【 素手 対 手刀 正面打ち-左転身 】
先週の復習。左転身に入るときに左足を過度に円をえがかずに直線的に入れるようにする。
右手を意識しすぎると、右肩から重心がぬけて後ろ重心になってしまうので注意です。

【 素手 対 手刀 正面打ち-左転身 肘返 】
左転身で相手の側面にポジショニングする。右手で相手の右手首を軽く抑え、そこをよりどころにして、右左と運足し左腕を相手の右脇下に差し込む。
掌を返しながら体を90度向きを変えお辞儀をして投げる。
相手の腕を抱いてぶん投げるというわけではなく、差し込んだことによる重心の浮きを一瞬にしてぬく感じ。

【 素手 対 手刀 正面打ち-左転身 入身投 】
同じく左転身で相手の側面にポジショニングする。右手で相手の右手首を軽く抑え、そこをよりどころにして、右左と運足し左手で相手の横顎をとり右肩口につける。
右腕を掌を上にし、自分の中心にして真上に上げる。ここで相手の顔や首を持上げるイメージはありません。
体を90度かえながら上げた腕を指先から真下を射して投げます。

ポジショニングからは、一調子で行いますが、運足したところや、肩口につけたところで重心を崩さずニュートラルを心がける。
慣れたら腕に頼らず、肩口の操作だけで重心の崩し、倒しができるとGoです。

【 素手 対 手刀 正面打ち(横面打ち)-転身3 】
左転身から右足、左足ともどり、半身の姿勢から、左足を右前方につま先は相手に向ける。(六方) このとき、膝と股関節は柔軟にしておく
その左足に対して”ハの字”になるように右足を運ぶ(千鳥)。このとき股関節は窮屈に感じます。太腿の使い方にコツがありますがまだ言葉にできません。
運んだ右足と頭を結ぶ直線を崩さないように左足を撞木にし、右手は首筋、左手は手首を抑える。
最終的なポジションとしては、腕を広げて軽く肘が曲がって首筋と手首を無理なく抑え、且つ体(臍)を相手に向けると相手を崩せるくらいの位置です。

☆本日のひとこと☆
ここで言う”転身3”というのは横面打ちの捌きなのですが、身体操作条件が厳しいので、掴みどころがなく何ができて何ができないのかがさっぱりわからん。
そういや~今年の流行語大賞で、”グー”のエドはるみさんが受賞してました。あの方がラストでやる”コォー”ですが何気に参考になります。
何がというと・・出た当時は、緊張していたのか靴が悪いのか、くるっと回ったあとにぐらつきながら”コォー”でした。
でも最近は、伸ばす右手で軸をピタッと立ててぐらつかなくなってます。 
あれは、回り続けた結果なんですかね~、やっぱ身体が動くためには反復練習だねと思いながら、来年の活躍をお祈りしています。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/11/19 小手返はハッとしてグー?

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
【 燕飛 】

2.合気柔術
【 受身 】
【 乱取 半座半立 杖 対 素手 】
しっしまった!また前半戦に参加できなかった・・・。
稽古場の扉をあけたら、、、すでに受身の練習をしてるじゃありませんか。。
しゃーないから、また会社のトイレとエレベータで型の稽古をする日々かぁ

【 素手 対 手刀 正面打ち-左転身 】
右転身をした後に、半身のままスタートポジションに戻る。
半身の後ろ足を出す時に、なるべく体を開かないように。
右手を体から離さない。転身のきっかけとして使ってしまうと刃筋にかかるので斬られます。

【 正面打 左転身 小手返 】
順序は省略
今回もポイントを・・
まず、間合。 相手の足先に自分の左足が運べるところ。それより相手に近いと入身のほうがいいかも。
背を合わせてから左足と左手を引くときは、手首をかえそうとせず、過度に手をさげない。
固めは、腕を垂直に立てて真下に降ろし肩を地につける。相手の指先は頭の方に向ける。
相手の指先を下方にさすると前腕が”ビ~ン”ときまります。

☆本日のひとこと☆
小手返の時は、手首をひねって倒すより重心を前後に上手く誘導してくれたほうが気持ちよく落ちれますね。。
最初の転身で”おっと”と前に、右手を圧力なしにひかれて”あれ?”と相手の方を向こうとしたところで、当身があり”うわっ”となって同時に右肩をとられて”うぉっ”
と言ってるまに崩されている感がたまらんです。 ってこれだけじゃぁーわからないだろうな・・
早くかけられる場合を擬音であらわすと、”おっ はっ ぐー バタン”って感じです。
グーは当身ね。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/11/12 痛いのは、好きじゃないのよ、三か条。(俳句風)

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
最近二の腕を絞るためにちょっと筋トレしていたせいか・・・腕が重く感じて力が入りがちだ。。

【 燕飛 浮舟 】
浦波から間合をとり、山陰のように構える。相手が左足を水平に斬りにくるタイミングで、足をそろえ雷刀にとり左足を引き、刀を真直ぐ降ろし相手の柄を斬る?
急ぐと雷刀にとれず、刀筋が適当になりがちに・・・
最初は型とおりにゆっくりやる。できるようになってからリズムを合わせるようにしたほうがいいと思われる・・

2.合気柔術
【 受身 】
感覚をつかむため、数回相手付きで前回り受身。
【 乱取 半座半立 杖 対 素手 】
今回は、杖を掴ませるときに、手の内を取ることを主眼においてやってみました。
相手が得物をもっている状態では、親指の付け根に近い手首を取るのも練習。
取ることに力をいれるより、皮膚をずらす程度と考えて軽くきっかけを作るようにやるとたまに”おっ”という感じできる時があった。
手の内を取ることに集中しすぎると相手の重心とかが忘れがちになります・・・。せっかく取れても重心とれないと力技になってまう。

【 正面打 右転身 三か条 表 】
右転身からの三か条。順序は省略します。
気をつけるポイントとしては・・・
正面打ちなので、相手の掌は小指下になってます。これを三か条にとるため前腕を操作して掌を返す所作が必要です。
相手の掌を右手をすべらして取るときは、腰をきるように肘を引いて取ります。腰をきらないで腕だけでやると三か条にきめるときに腕力に頼らざるをえなくなります。
三か条に取るときは、母指丘?( 私は肉球と言いますが・・)で合谷を取るのが最重要です。
合谷がとれないと相手の重心操作もわかりにくいので、肉球で合谷をまずとる。。

固める時まで、三か条に取った手を緩めずに保ちます。相手をうつぶせにしたあとは、右膝で相手の肩の自由度を抑え、肘を上に向け手首を極めます。
相手の側面で固める時は、両膝で上腕を挟み込み、三か条に取った手を右手に持ち替え左胸に添えます(緩めなし)左手を相手の肘にそえて
上腕を中心軸として体を右にかたむける。 極める場合は左手の肘を深く押さえます。

☆本日のひとこと☆
三か条は、相手の重心操作で誘導できれば、相手も気持ちよく倒れてくれます。
掌⇒手首⇒前腕⇒上腕⇒肩甲骨と螺旋に極めると劇的に倒すことができますが、痛いので相手に嫌われる可能性大。。

まったく武道には関係ないのですが・・・
説明や、メモ書きに「~がちになる。」という言葉を使うことがありますが、そのたびにDAIGOの「ガチでぇ~ ういっしゅ 」が浮かんで違う言葉を探してしまいます。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/11/05 やっちまった全休

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
2.合気柔術
【 受身 】
【 素手 対 手刀 正面打ち-右転身 】
【 正面打 右転身 二か条 表 】


☆本日のひとこと☆
おぉぉ久しぶりに全休してもうたぁーーーーーーーー。くやしぃです!
今回は何やってるのかなと思いながら、たこ焼き食べてました・・・。


合気柔術とはまったく関係ないのですが・・・、新横浜と新大阪を往復していると大体やってしまうのが、エスカレータの立ち位置です。
新横浜から乗車で、うとうとしていると新大阪。ボーっとしてエスカレータに乗ると後ろに行列・・・
「あっそうそう 右だった。」とあらためながら、新大阪から新横浜にかえるため乗車する。またうとうとして、新横浜。
これまたボーっとしてエスカレータに乗って「そうそう右ね・・?!」 また行列ができとる。
ど~も新幹線で寝るとエスカレータの左右を間違えるんですよね。。 

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/10/29 一か条は深すぎる・・

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
なかなか刃筋もすぱっときれいな感じでした。 久しぶりなので肩が戻ってしまう感覚に襲われる・・
【 燕飛 浦波 】
相手の斬りをその場で落とし右足を出しつつ刀を中心に持ち、振りかぶり相手の首筋を斬る。
そこを相手が刀で受ける。その後水平に斬ってくるのを後ろに転身しながらよける。更に相手が逆手?で水平に斬ってくるのを刀で止める。
移動する際は、相手を牽制しつつ且つ斬られないように間合を取る。

2.合気柔術
【 受身 】
中腰からの前回り受身。
【 乱取 半座半立 杖 対 素手 】
この前は、普通に掴ませてましたが、相手の掌をとるように杖を手の内で回してみた。
流石にわざとらしく巻き取るようにすると手は取れるが、自分の動きが妨げられる。
手の内で回るくらいの軽いグリップにすれば、自分の動きに連動して杖が回り、相手が取れる。
って前に杖やったときに言われたな~・・学習してなーいなー。。
【 素手 対 手刀 正面打ち-右転身 】
右手の振りは握り締めると肘が固まり”殴る”になってしまうので、軽く握ります。
鶉の卵を握るとかいろいろ言われるらしいのですが・・・
左手は、左半身の動きをサポートするように体に平行に引き足の付け根らへんに添える。

【 正面打 右転身 一か条 表 】
足の付け根で折るまでは、先週と同様。
折った後は、左腕を真直ぐ伸ばし相手の肘に乗り、右手は腰につけ、右足左手右肩が一直線になるくらいに極める。
その体勢から左足だけ動かすように、つま先を相手の仙骨の真下に差し入れる
左手を手刀にし相手の肘にあて、自分の足付け根につけるようにしつつ重心を左足にうつし、相手を後方に崩す。
尻餅をつかないまでも、後ろ重心になって前方にもどる反動が作れればOK。
そのまま右足を開き相手を前方に導き倒す。
肩を100°くらいにし、左膝で相手の脇を刺し、右膝は相手の小指側手首にあて、その2点を腰を降ろしながら張る。
肘を伸ばし、両手刀で相手の肘を抑える。

左手をとり、右手小指側で相手の頭上方向に伸ばすようにし、体をひねられないように腰を抑え固める。。
右手と左手は押すというより広げるイメージです。 この固めで相手を苦しめるわけではなくストレッチだと思ってやりましょう。
痛くするのはまたあとで。。

☆本日のひとこと☆
よく、漫画やアニメなどで動きを例えると以前に書きましたが・・他にもあります。
ただ下品な言葉なので、わーるどわいどうぇいぶに載せるには心苦しいので自粛してます。
今度講習会などでお逢いした際に、飲みながら話をしたいと思います。
ちなみに例えたかったのは、”転身の時の右手の握り”と”仙骨の真下”です。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/10/22 キャット空中三回転ぞなもしかして

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
【 燕飛 月陰 】
手順に一所懸命になりすぎて、刀を振っていることを忘れがちだったので、そこんところの~意識を~と思ってたのですが、仕事で間に合わず・・・・

2.合気柔術
【 受身 】
ちょっと飛び込む前回り受身をしてたっぽい

【 乱取 半座半立 杖 対 素手 】
参加が遅かったので・・数回受身をとったら終了~♪ 

【 素手 対 手刀 正面打ち-右転身 】
基本中の基本である右転身。
スタートポジションは、踵をつけてつま先を60度開いた上体から、右足を斜めにだしつつ、つま先は相手に向ける。
左足を撞木の足になるように運足する。
後ろ重心にならないこと、アッパー・フックのような手にならないこと、つま先を向けることを再確認。
また、手刀の厚み分だけ避ければいい転身をこころがける。

【 正面打 右転身 一か条 表 】
相手の正面打ちを右転身でよける。
転身し、当身をした手を開きつつ相手の右手首下から切上げる。
相手の肘が見えてきたところで、肘をとりそのまま相手の耳に向け押す、
継ぎ足して、更に相手の重心を制御し、左半身の緊張をつくります。
左足の付け根で折るように、左手主体で倒す。
相手の右肩甲骨を操作することも重要です。

☆本日のひとこと☆
受身をちゃんと練習したことがないので、人に何と言えばいいか相変わらずわからん。。。
とりあえず、くるっと回ってにゃんぱらりんとしか言えない。。
にゃんこ先生並みな発言だ・・・
次回は、早く参加して素振りからがんばるのだもしかしてぇ~。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/10/15 導くのは、おもてなしの心。強引はダメ

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
久しぶりの素振り。。 体幹もそこそこ使うようにして振ってみた。素振りの身体バランスが崩れてて刃先がぶれるな・・

【 燕飛 月陰 】
順序は覚えているのですが、所作がまだできてないので、呼吸を変えられるとアップアップになってしまいます。
しかも刃の向きを意識できてない、余裕がないな~。

2.合気柔術
【 受身 】
でんぐり返しと前回り受身。

【 乱取 半座半立 杖 対 素手 】
半座半立にて、杖を両手で持ち構える。杖は上から握る。
左右の端を相手が掴んでくるので、掴まれた方と反対側の足を進める。杖は足と一緒に動かし、相手を投げる。
構えは、掴まれた方が高く、掴まれていない方は低く構える。
掴まれた方は動かさないことが重要。
相手を投げた時の、身体に残っている惰性で転身し、構える。 を繰り返す。
掴まれる意識と、掴ませる意識の二通りで練習します。

【素手 対 杖 右転身 合気投げ 】
相手が右半身に構え正面についてくるシチュエーション
・右転身でよけて、杖を右手は下から、左手は上から添える。右手の位置を動かさないように左手を水平に伸ばし相手の重心をくずします。
左手を軽く上げて、相手の左側に杖なりに押し倒す。

・右転身でよけて、杖を右手は下から、左手は上から添える。右手の位置を動かさないように左手を水平に伸ばしてから半円を描くように下ろす。
杖が自分の正面に垂直になったところらへんで、右手を素振りの様に伸ばし相手を倒す。

・右転身でよけて、杖を右手は下から、左手は上から添え、相手を誘うように杖を導き、重心を操作する。
相手の左握手が体幹から離れたところで、自分の左手を体幹につけ、相手の左握手が右腰側にでるよう崩し、そのまま杖なりに押し倒す。

右転身でよけながら、杖を導くときは、引っ張るという感触はないです。
強いて言うと相手のついてくる力に、少しのせてあげるというか、負けてあげるというか、、手の使い方は「こちらへどうぞ」なんですけど。

☆本日のひとこと☆
杖でやると相手に持たれる方を引っ張ったりしたくなりますが、梃子を使って上手く支点を作り押すイメージのほうがいいです。
もたれた瞬間に力任せに引っ張りたくなりますけど・・・
引っ張らなくなれば、杖は身体の使い方の練習になるので個人的には好んで練習に励んでいます。。

あと、前回宣伝!?した講習会にご参加くださった方々お疲れ様でした。
また機会がありましたら是非一緒に練習しましょ!

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/10/08 運動の秋なのに・・参加しきれず。

1.剣
【 素振り 】
【 八勢 水車勢 】
【 燕飛 月陰 】
こまったな~また前半戦に間に合わない日々がやってきた・・・

2.合気柔術
【 杖 対 小太刀 右本手正眼 】
【 杖 対 小太刀 右本手打 】
【 杖 対 小太刀 切上 】
【 杖 対 小太刀 左返し突 】
中盤戦にも間に合わないのだけは避けたかったのですが・・
多分、先週の復習をしていたんだろうと思われる。。。。

【 杖 対 小太刀 一か条 】
右本手正眼で構えて、相手が小太刀で正面切に来るとき、杖を相手左首筋にあて右転身をする。
杖を相手右手首の下から切上げ、頭上まできた時に自分の右手で、杖と相手の右手をロックする。
そこを基点として、杖の左手を相手肩後方に回しこみ、相手を前屈させる。
そのまま、左足を出すことで相手を前方に倒す。
前屈にさせるときに、右手を使うと倒れませんので、左手を先行させます。
・固め
杖と右手のロックと、前屈が上手くできれば、倒したときに
杖が右手首と右肩甲骨下に位置します。 その2点を意識するように、中点を足で踏み、固める。

【 杖 対 小太刀 二か条 】
杖と相手の右手をロックするところまでは一か条と同じ。
右手を基点として、杖の左側を上げ、体をきり杖先を相手の右脇に向け差し込み2か条に極める。
一か条と違ってロックをシビアにやります。前腕の向きがあるのですが活字ではいいにくく・・・
・固め
右脇に差し込んだ後に、杖と右手のロックを若干緩め杖先を脇をこえ相手の背に出るようにする。
杖と脇(後方肩に近い)の接点を基点として杖の左手を下から相手肩後方に円を描くように回しこみ、相手を前方に倒す。
杖が上腕と手首(前腕)で梃子を作ります。手首を足で踏み上腕を抑えて固めます。
梃子がかかっているので、腕を後方に抜いてからでないと解けないので、ゆっくり落ち着いて手首を踏み固めましょう。

☆本日のひとこと☆
やばいです。また前半戦に参加できない日々が訪れてしまった・・・
上記では、細かく書いてないのですが、下半身の動きが重要です。足をふみかえないで体を動かす源にしたりしますが・・書きにくい。
活字では説明できないので、体験してもらうが一番です。
ということで、今度講習会がありますので体験してみませんか?

護身術としてもOKですし、何かのヒントにするでもウェルカムです。(多分・・)

本日は宣伝っぽくなってしまった。・・。 

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/10/01 ”女性も使える護身術”2ndシーズン

1.剣
【 素振り 】
【合し打 相雷刀 】
【 燕飛 山陰 】
久々に遅れての参加だった・・・ ついた頃には杖になってた・・・

2.合気柔術
【 杖 対 小太刀 右本手正眼 】
【 杖 対 小太刀 右本手打 】
【 杖 対 小太刀 切上 】
右本手正眼で構えて、相手が小太刀で正面切に来るとき、杖を相手左首筋にあて右転身をしながら崩す。
相手の右手をしたから杖で切上る。時計でいうと9時から3時・・?
首筋から右手に杖を移動させるときに少しだけ持つ間隔を広げるとやりやすいと思います。
足は入れ替えず、右足が前のまま

【 杖 対 小太刀 左返し突 】
切上をしたあと、右手は滑らせて杖の端を持ち手を持ち替える。 杖を体幹につけて相手の空いてる右腰を突く
切上をしたときに足を入れ替えなければ、下半身は相手に向き上半身は右に向いている状態になっているので、身体を戻す運動を突きに使います。

【 杖 対 小太刀 繰りつけ 】
左返し突きのあと、再び杖を引き左手で端を持ちそこを基点として、相手右脇下を切上げる。
右手は滑らしながら使い上げた時は、右手は中間らへんで且つ杖は水平が望ましい。 
これで相手の重心が崩れるので、水平に上げた杖を真下に下ろし、相手を倒す。
上げたときに水平でないと、真下に下ろすことがしにくく、自然と杖を回して相手を投げてしまう所作になります。

【 杖 対 小太刀 左逆手打 】
繰りつけで崩れない場合、左手を引き右手は杖の端をもつ。(両手で両端をもった状態)
右手を基点として、体を右に切りつつ左手を滑らせて相手の背を打つ。
左手は逆手です。(杖に対して小指が上、親指が下になるグリップ)

☆本日のひとこと☆
久々に前半戦に間に合わなかった。。。 しかも今週も”女性も使える護身術”だったとは忘れてた。 
杖というと「普段持ってるわけないじゃーん」と言われますが・・その通りです。なので傘を使ってやるイメージです。
前回は日傘でしたが、今回は普通の傘です。 傘の持つ所はいい感じに首にかかりやすいので、ある意味実践的ですよ。。
次回は遅れないように仕事を切上よーっと。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/09/24 鉄扇クール ファイナル

1.剣
【 素振り 】
【合し打 相雷刀 】
【 燕飛 山陰 】
腰痛で体幹をなるべく使わないようにし、はや数週間・・・
試行錯誤しているため、上手く振れなくなってる。。。そろそろ腰も癒えてきた頃なので基本に戻すかな。。。

2.合気柔術
【 鉄扇 対 素手 横面打ち-右転身 】
先週の復習。 左足を撞木、右手の鉄扇を首筋にあてる時は、軸を前足に立てたまま転身します。
左足を開くことに集中しすぎると後ろ重心になってしまい、右手もあやふやになります。
転身し終わっても下を向くとつま先が見えるところが良い軸ですかな?

【 鉄扇 対 素手 四方投 表 +固め】
横面打ち-右転身で首筋にあてた鉄扇を相手右手首上から下弦を描くように切り下ろす。
自分の正面に来たときに左手で脈所をとり、そのまま左足を相手左側面に踏み込みつつ振りかぶる。
そのまま180度向きをかえて素振りの要領で振り下ろす。間合によっては足をそろえても可。
鉄扇をもっていても基本的には肩甲骨とりたいですね。
・固め
投げたあとに、手を持ち続けれたら体勢を低くし、相手の手甲を床につけて固定し、相手の肘を床につけるように押し込む。
手甲がずれたりすると極まりません。 また稀に、肩の自由度が利く人がいて、そういった方は固めにくいので、気にしなぁ~い

【 鉄扇 対 素手 四方投 表 +固め】
相手の左手脈所を捕るところまでほぼ同じ。
左足を相手の右側面に踏出す。左足を軸にして回りつつ振りかぶり相手と同じ方向に向いたところで額位まで振りかぶる。
そのまま180度向きをかえて素振りの要領で振り下ろす。間合によっては足をそろえても可。
表よりも重心を無意識に作用させやすいので、相手も倒れやすいと・・・自分では思います。

☆本日のひとこと☆
表と裏と技がありますが、最初のころは表の技、裏の技としか考えずシチュエーションとかは考えませんでしたね。
同じ技で表と裏があるのは、それなりに対面している条件によって選択するもんだと気付いたのはちょっと時間がたってからだった・・
ざっくり、表にいけないときは、裏。裏にいけない、いく必要がない時は表と例えて話しています。
たまーに「裏にも表にもいけないときは?」と聞いてくる人もいますが・・・「そういう時はその技自体が条件にあってないんですよ~」と言わず笑ってごまかします(失笑)

今回で鉄扇クールの区切りです。さて次回からは何にやるんだべさ。楽しみに練習に行こーっと。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/09/17 重心作用だけじゃーないのよ。

1.剣
【 素振り 】
腰痛で体幹をなるべく使わないようにし、瞬間を意識しすぎて張る時と張ったあとで跳ねる感覚があったのですが・・・
まだ直らないですね~。張りを解くエネルギーを振りかぶる作用に変えれそうなきがする。。。
【疾雷刀 順 】
相手に上段で構えてもらい、手首下に剣先をあて肩甲骨を出したままフレームを作り後ろ足から進むようにする。
後ろ足がうまく使えなく、前に寄りかかるようにならないように、臍から出て行くように歩きだします。
【 燕飛  】
山陰まで。 こびきは、後ろ足から。

2.合気柔術
【 鉄扇 対 素手 横面打ち-右転身 】
左半身からスタート。左足を右斜め前に出しつま先は相手に向ける。同時に両手をこめかみにあててガードポジションを取る。
左足を置いたところに”ハ”の字になるように右足を運び、左足を撞木にし右手の鉄扇を首筋にあてる。慣れてくると間合によって”ハ”の字を変えていきます

【 鉄扇 対 素手 車倒 】
横面打ち-右転身で首筋に鉄扇をあて、左手で相手の右手を取る。
首筋にあてた鉄扇を相手の右肩にあてがえ右足を相手右側面に踏み込みお辞儀をして倒す。
両肘を伸ばして、相手の腕と自分とのフレームを崩さないのが重要です。

相手が倒れないで踏ん張るときは、、右肩にあてた鉄扇を沿え下げることで圧力を一度ぬきます。
下げた鉄扇を通して相手の肩の皮膚をなでるように肩をこえ、倒す。
皮膚をなでるようにするだけなので、肩に圧力をかけると相手が固まってまたもとの木阿弥になります。

【 鉄扇 対 素手 裏落 】
途中までは車倒と同様
相手が踏ん張った場合、さらに相手右側面に入身しつつ鉄扇をぬき相手の脇したから背中そえる。掌は上。
掌・・鉄扇を返しながらお辞儀をして倒します。
倒すミソとしては、右肩にあてた鉄扇で相手が踏ん張るところを攻めるのと、鉄扇をぬくことで相手の重心が前後にぶれるため
それにあわせてお辞儀をするとちょっと楽かも

☆本日のひとこと☆
最近相手の重心が動くことに敏感に反応できるように心がけています。 ただその副作用として技の構成を重心主体で見てしまうことです。
技によっては攻めどころがあるので、決して重心の作用や軸の崩しが主であるとは限りません。
テーマをもって練習するのはいいことだと思ってあんまり気にしてませんけど。。。。。
よーし次週は今回のクール最終日。 鉄扇の一区切りです。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/09/10 ダニエルラルーソ~

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 燕飛 猿廻 】
腰を痛めてから、ほんの少ししか体幹の張りを使わないようにしていたのですが・・・
瞬間を意識しすぎて、 張るときと張ったあとで跳ねる?ような感じになってしまった。 ちょっとやり方をまた工夫せんと。

2.合気柔術
【 鉄扇 対 素手 左転身-当身 】
先週の復習。 左半身で右手の鉄扇をガードポジションに取る時、普通に肘を曲げるよりは、脇をあけないように半円を描くようにします。
こうしないと、せっかくよけた相手の攻撃線に引っかかります。 
例えるならば・・ベストキッドで云うところ”ワックスの手”ですかね。 知らない人は・・・シャネルのマークを左手は上から、右手は下から同時に描くようにするといいかも。 

【 鉄扇 対 素手 左転身 入身投 裏 】
目先に当身をするところまでは同様。当身をしたあと鉄扇を相手右手首下にかけ、そこを頼りに継ぎ足をして左足を相手の足の間に運足する。
左手は左足と一緒に動かし顎をとり、転身の流れで相手のこめかみを右肩につける。
・初級者向け
 手首にかけた鉄扇を外し 相手の腕の上にして正面にもってきて、真上に上げる。体の向きをかえつつ指先から真下に下げて投げる。
・中級者向け
 手首にかけた鉄扇で相手左腕を捕ったまま、肩で相手の重心を崩して体の向きをかえつつ投げます。
どちらも、相手の顔を上げようとこだわることはしません。肌を軽くこするぐらいにします。 
相手のこめかみを右肩に導くときに後重心にならないようにします。

【 鉄扇 対 素手 左転身 入身投 固め 】
手首にかけた鉄扇が取れた時、相手の右腕の下から左肩にかけて袈裟に自分の右腕をまわします。
そのまま、右半身を軸に反時計回りに回転し相手を崩しつつ左手で相手の右手を取ります。
相手が倒れたときに相手の右手を首にかかる程度にし、左手をとり相手の顔面でクロスするように導きます。
相手の手甲を上に向けそこを膝で抑えます。 その後相手の腕がクロスしたところに手をかけ重心を後ろにするように極めます。 
相手はちょっと息苦しくなります。 ジタバタして両足で蹴ってきたらそれを脇に抱えてさらに極めます。

☆本日のひとこと☆
昔ベストキッドを見たときは、ミヤギさんの特訓を小バカにしてましが結構つかえるもんです。まー過大に解釈しているかもしれないですが・・
久々に見たくなったな~「だにぇるさ~ん 塗って、拭取る、塗って、拭取る はい 」

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/09/03 腰はまだまだ療養中

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 燕飛 猿廻 】
肩を出す、茶巾絞り、胸を張る、箙を張る、腹筋をつかう 体幹を使うところで若干の腰への違和感が・・・
なので、剣先に乗せる瞬間だけ、最小限しか体幹を使わないようにしてます。
ある意味、それのほうが正しい?とすると災い転じて福と為す?

2.合気柔術
【 鉄扇 対 素手 左転身-当身 】
相手が胸を掴む、正面突きに来るときのシチュエーションです。
構えのときは、右足を前に出し半身になる。右手の鉄扇は体側からあまりはなさいようにしておく。
左足を斜め前に出してつま先を相手に向け、右足は撞木の足になるように運足する。
右手の鉄扇はこめかみに当てガードポジション
右足を中心にピポッドのように左足を出さないようにしましょ。
撞木になったら、相手の手首を鉄扇で打ち、その後水平に目先に当身をします。
ちょっと難しいですが、転身をしたときから重心を前後(半身でいうと左右)に移動させながらやると滑らかにいきます。

【 鉄扇 対 素手 左転身 小手返 】
目先に当身をするところまで同様。当身をしたあと鉄扇を戻す勢いで、左足を相手の右足先に、左手で相手の手首を掴みます。
そこを頼りに更に転身して相手と背中合わせになります。右足を横にだし、左足を体側に沿って真直ぐ引くことで左手を引き相手を導きます。
相手が振り向いてきそうなところで、鉄扇で顔面に当身をし、相手の手首を通して肩をとり重心を誘導します。
手首を極め、鉄扇をそえて倒す。
面倒ですが、当身をするときから自分の重心がどこにあるかを意識しながらやりましょう。そうすると重心の移動で技の起点を作ることができます。
小手返しは特に重心の流れがわかりやすいので、重心を意識するにはちょうどいいと思います。

☆本日のひとこと☆
今回は、重心を細かく気にしてました。どの所作でどこにあるかというのはあるのですが、活字説明は面倒ですので書けません(^_^)
特に小手返しは所作の殆どで重心を移動させます。  大きく移動させると技っぽくないので小さく見え難くやります
小さくやるために、身体の中で移動のイメージを作ってから動きます。 
ただ・・・練習が長いと身体の中でイメージが抜けなくて、練習後でも身体が変な感じに襲われます。
例えるならば・・ジムとかでランニングマシーンをやった後の感じかな? 止まっているけど動いている感じというか・・
このイメージが身体の中に残っていると、何かの拍子に発動してしまうので、練習が終わった後は身体を切り替えないと。

この感覚はあまりメジャーじゃないかな・・・。。。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/08/27 絡めること朝顔のつるの如し?

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 燕飛 猿廻 】
やばい・・また前半戦に参加できない日々がぁ~~

2.合気柔術
【 鉄扇 対 素手 右転身-当身-二か条 】
相手が右手で自分の胸をつかんでくる、もしくは突いてくるシチュエーション。
転身して、鉄扇で相手の左脇を抑えた後、自分のこめかみにつけてガードポジションから目先に当身をするとこまでは先週と一緒。
当身をし相手手首の下から自分の手首(上級者は鉄扇を)あて振り上げる。
肘が見える直前に、左手で相手の右手を押さえて二か条に取ります。
鉄扇で振り上げた時は、左手で相手の手をロックしずらいので、二か条のかけ方がちょっと違います。
手首をあてて振り上げるより若干大きく?振り上げ肩甲骨をゆるめさせて、1時から8時のラインに鉄扇を導き、肘を取ります。
そのまま、重心を誘導して相手を崩します。

【 鉄扇 対 素手 右転身-当身-三か条 】
相手の手首を下から振り上げるところまで一緒。
二か条にかけようとしたところ、肘を上げて近づき極めから逃げようとされたシチュエーション。
肘を上げた前腕部に鉄扇を朝顔の蔓のように絡めるというか前腕を中心に回るというか・・そんなことをやっているうちに三か条が極まります。
極まると相手がつま先立ちになります。これで相手の重心が浮くので、投げるときは、自分の手を中心に相手の肘を後ろに倒すか、
左手を相手の肘にあて、自分の手を中心に相手の肘を前に倒す。  極まっていないのに重心をあげようとして持上げると逆に相手は安定してしまいます。

上級者は鉄扇を手首に当て、振り上げ肩甲骨を緩めさせて、2時から10時のラインに鉄扇を導き、肘と肩を取ります。
取れると、腕が曲がり肘が上がっている状態になると想像できるのですが・・・
練習中にはできなかったな~


☆本日のひとこと☆
いや~今回は鉄扇がいろいろ絡むので活字にできない部分が多すぎる。。。今も扇子を片手にあーでもねぇこーでもぇこれってどう言うんだろう
って、扇子が折れた・・・。 やっぱ〇イソーのは耐久性がないか。

でもちょっとだけ成長したな!?と思うのは、鉄扇が人差指の感覚に近くなっていたことかな。。
うーん久しぶりに半分しか参加できなかったから一言も少なめ。。
次回は素振るぜぇ。。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/08/20 オラに元気をわけて・・・

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【疾雷刀 順 】
今回は遅れて参加のため素振りだけです。
まだ痛めた腰が完治していないため、背中を意識して使おうとすると痛みが・・・
変な癖をつけないように、完治するまでは意識はしつつ痛みが出ない程度にとどめてやろうっと。

2.合気柔術
【 鉄扇 対 素手 右転身-当身 】
転身して、右手の鉄扇で相手の左脇を抑える
その右手を自分の体幹に近づけつつ右のこめかみにつけてガードポジションをとる。このときに脇は閉める。
そこから相手の目先に水平に当身をする。
棒立ちになってやるより、脇を抑えたときの前重心をもどすゆらぎで、ガードポジションに戻り、再び前へのゆらぎで当身をするのもありかも。
ガードしたときは、自分の右脇も気をつけましょ。

【 鉄扇 対 素手 右転身-当身-一か条 】
当身をするところまでは、同様。 当身をし相手手首に下から鉄扇をあて振り上げる。
肘が見えてきたところで、左手にて肘を掴む
肘を相手の耳方に抑え、継ぎ足をする。
左半身に重心をずらし左半身を緊張させて、足の付け根で折るように倒す。
左手は、肘を通じて相手の右肩甲骨を釣ってくるようにします。
相手の手先は鉄扇で自分の体幹(大腿部?)につけておく
肘を持っていた左手を手刀にし変え、左足を相手の股下に挿し入れる。
重心を左足に移しつつ、手刀を自分の左足付け根につけ、相手を後ろ重心(尻餅の一歩手前)にし、相手がバランスを取ろうとするところを前方に導き倒す。

足の付け根で折るときに、右手でサポートできないので、左手の操作が結構重要だと思います。


☆本日のひとこと☆
人に教える時に、身体の部位について細かく言うより、何かの動作で近いものに例えて、そこから修正するってことをしたりします。
最近でいうと、木刀なしの素振りを”元気玉”と言ってます。
でも世代や文化によって伝わらない場合があります。 それなりにメジャーな例えをしているつもりなんですけども・・・
ちなみに元気玉ですが・・・wikiがgoogleかyoutubeか 直接ドラゴンボールをみるなり・・・お願いします。
なぜ元気玉かというと、元気をわけてもらうときに、無防備にも両手を真上にあげるのですが、この両手をあげている様がいいんです。
ただあげるのではなく、肩甲骨から動かしているように見えるんです。。 このポイントを言いたかっただけなんですけど・・
今後はもっと万人に理解できる例えを探して、見聞をひろめよーっと。 って練習が先だろう!! まさに本末転倒。、orz

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/08/6 夏の”女性のための護身術”その2

今回も、 夏の”女性のための護身術” と併設。

1.剣
【 素振り 】
護身術チームは、木刀無しの素振り。 やっぱり元気玉っぽいです。
ただびっくりしたのは、それに前進することが加わり、しかも姿勢がいいので、物凄くいいんです。
大抵は恥ずかしくてやらないかな?と思いきやしっかり言われた通りやってました。 後でその効果を身体で確かめるはめに・・

2.合気柔術
夏!の女性の護身術なので、鉄扇と言わずに・・身近な日傘や折畳み傘をつかった護身術です。。

【 鉄扇 対 小太刀 左転身 肘返 】
小太刀で正面打ちをしてきたときのシチュエーション
左転身で小太刀をよける。 右手は右こめかみにつけるようにガードポジションにしておく。
左手はブラブラさせず、相手の脇を突いたり顔面を牽制したりできるようにしておきます。
右手の鉄扇で相手の右手首を抑え、左手をしたから回して鉄扇の先を握る。
左足を踏み出しつつ、両腕を前に出しつつお辞儀をして投げる。
腕で投げようとして下に力を加えると、相手がとまるので、腕はのばすことに集中してお辞儀でベクトルを変えるようにします。
鉄扇で右手首を抑えるとき、軽く相手の皮膚をずらす程度に重心を誘導させておくと楽かも。

【 鉄扇 対 小太刀 左転身 側面入身 】
・下から腕を入れた場合
肘返と途中まで一緒。 左手をしたから回して鉄扇を握ろうとしたけどやむなく握れないとき、
掌を上にし、相手のベルトよりちょい上らへんに差込み、掌を返しながらしゃがみ、相手を崩す。
腕強引に後ろに倒そうと欲張らず、重心を揺らがせる程度でよしとする。
・上から腕を入れようとした場合
左手で顔面を牽制して、相手が右肩でブロックしてきたら、その肩を左手でめくるようにし、重心を若干後ろに導き肘を真下にさげることで崩す。
右手の鉄扇で相手の重心揺らがすこと、肩をめくるようにすることが結構重要。めくろうとしないで肘をさげても相手が崩れません。

【 鉄扇 対 小太刀 左転身 小手返 】
・両手
肘返と途中まで一緒。  前方に投げようとすることで相手の重心を誘導し、両手を肘からひいて
相手の重心を後方に崩し振り返ることで投げる。
両手を引くときに、相手の肘が上手く後方に誘導できるように若干自分の体側に肘を引いて
相手の腕が自分の身体にぶつからないようにします。
小手返ですが、小手をひねったりするのではく、重心を前後にゆらすことで崩せると楽です。
・片手
左転身でよけたあと、右手の鉄扇を相手の右手首にかけて重心を取ります。
その後 鉄扇を肘関節につけ、肘を伸ばし肩甲骨をだしたまま右足を踏み込んで崩し倒す。
肘と肩甲骨のフレームを作っておかないと、腕力になってしまいます。
ちなみに、右足を踏み込む方向は、相手が崩れそうな中心と両手の時と同じ方向か!?

【 鉄扇 対 小太刀 左転身 入身投 表 】
左転身でよけて、右手の鉄扇で相手の手首を抑えそこなってすべった時・・
相手の右手の下から左肩にかけて袈裟に右腕をまわし、相手の首に回った鉄扇の先を左手で掴み右半身を軸に反時計回りに回転し
投げる。 袈裟に回した時に、ぶら下るなどの、力が下にかかるようなことをすると相手が踏ん張るので、気持ち的には腕のうごきと同じベクトルで相手の重心を誘導します
倒そうとせずに回りましょう。

☆本日のひとこと☆
今回たまたま、手が空いていたときに、「ちょっといいですか!?」と誘われて女性チームの受けを取りました。。。
びっくりしましたっ! 技の動きが鋭い・・ 言われたことを忠実にやろうとしているのでポイントもいいんです。
良い意味で、遠慮と躊躇がないので”スコンっ”とやられました。思わず愉しくなって、腰が痛いのを忘れて受けを取りまくってしまった。
スコンとやられると結構受けとしては気持ちいんですよね
しかし、あの元気玉の姿勢がきれいだったのも技につながるんですな~ 恐るべし元気玉。。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/07/30 夏の”女性のための護身術”その1

今回と次回は、 夏の”女性のための護身術” が併設していたので、娘達はちょっとカジュアル?な合気柔術、 野郎達はその横でそれなりにみっちりと合気柔術。

1.剣
【 素振り 】
護身術チームは、木刀無しの素振り。 ストレッチと称して肩や背中ふくらはぎを動かしてもらいました。
こっちから見ていると、ドラゴンボールの元気玉をやってるかの勢いで素振り いやストレッチしてました。
自分は、腹筋や背筋に意識を入れると腰が痛むので、腕を自然落下させる運動だけやってました。

2.合気柔術
夏!の女性の護身術なので、日傘や折畳み傘をつかった技をやります。 一応 相手は包丁とかを振り回してくる人を想定します。。。
とは言いつつも、何気に鉄扇の技だったりする。

【 鉄扇 対 小太刀 車倒 】
小太刀で正面打ちをしてきたときのシチュエーション
右転身で小太刀をよける。 右手に持った鉄扇は相手の脇に触れる程度にする。
左手で小太刀を持った手首を掴み、右手の鉄扇を相手左鎖骨に当て、左足を継ぎ足して右足を相手右側に踏み込み倒す。
自分の両手は肘を伸ばし肩甲骨を出しフレームを作る。このフレームを崩さないように踏み込む。

【 鉄扇 対 小太刀 右転身からの投げ1 】
鉄扇 対 小太刀 車倒  と同様にして、相手の重心が後ろに崩れず倒れない場合。
自分の右足を軸として反時計回りに転回して前方に投げる。
右足を軸にしつづけるのが結構難しい。転回の時に左足を引くので、その際に軸がもろにうごいてします。
相手が倒れないように前に踏ん張る力をもらって、上手く導けると投げるのに力を使わなくてすみます。

【 鉄扇 対 小太刀 右転身からの背負投げ 】
鉄扇 対 小太刀 車倒  と同様にして、相手の重心が後ろに崩れず倒れない場合。
反時計回りに転回しつつ座り、投げる。
背負い投げと言っても、相手を背負うわけではないです。相手に対して180度向きを変えて座るので、見た目が背負いっぽく見えるので・・・
このときもなるべく肘と肩甲骨を出したフレームを崩さないように。

【 鉄扇 対 小太刀 右転身から投げ2 】
鉄扇 対 小太刀 車倒  と同様にして、相手の重心が後ろに崩れず倒れない場合。
左手で掴んだ相手の右手を軽く上げ、その下をくぐり相手と同じ方を向く。あげた左手を真下に下ろすと同時に左足を引いて投げる。
くぐる時に上半身を立てたままにし、右手の鉄扇で相手を牽制しておく。
ゆらぎで言うと、後ろ⇒前⇒下と重心を上手く誘導してあげる。
手を掴んだまま投げきると相手に大きなダメージを与えるので、本番!?ではいいですが、練習の時は途中で解放してください。

☆本日のひとこと☆
果敢にも受講生の方が「本当に効いてますか?」と聞いてきました。。  初対面なのに直球です・・。
話してみると、どうやら投げた時に「よしっ 投げた!」という感覚がないので”やらせ”っぽく思えるようです。
力を使わない護身術なので・・・上手く投げれたときは本当に力感はないんです。。
それは説明しづらいんですよ~。でも変に力を入れてきたり、角度が悪い、フレームが崩れた時は、投げれないんですから、無理やり飛んでいるわけではないですよ。。
まー練習相手以外にちょっとやってみた時にできれば、「おぉ 効いてたんだぁ~」と思えるのかな。。
力感のない技をする限り、やらせ疑惑とは常に戦い続けなければならないんですね~ 合気系武道を教える方々は苦労しますな

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/07/23 観察日記!?

1.剣
【 素振り 】
今日も初級者の方に、胸を使うこと、背中を使うことなどをやってましたね~、 その一方では胸を使って最後に剣先に乗ることをやってました。

2.合気柔術
【 左転身 】
右転身から戻る。右足は相手に向き左足は撞木にする。体は半身を保つ。ここからスタート
左足を斜め前に出してつま先を相手に向け、右足は撞木の足になるように運足する。
後傾にならないように腹筋をつかって体を維持する。
右転身とちがって、後ろから足を斜め前に出すのでピポッド運動のように体が開いてしまいがちです。
体を開かないように、円運動ではなく半直線運動を使います。

【片手取 左転身合気投 】
左手で、右手をつかまれたときのシチュエーションです。
左転身をし左手を相手の左手に添えて、右手と一緒に相手の腕の延長線上に引きます。
延長線上を上手く引くためには、自分の肘で引くつもりでやるといいです。ただ肘だけでは限度があるので膝も使います。
理屈では、相手が押さえてくる力の方向にそのまま力を導く感じですかね。。少しでも邪魔になると相手は止まってしまいます。

【 片手取 左転身小手返  】
片手取 左転身合気投 と転身まで一緒。転身と同時に捕まれた掌を上にし肘を自分の腹につけます。そのまま体を90度程度回転させて投げる。
肘を体からはなすと、腕力にたよってしまいます。 

【 片手取 左転身車倒  】
片手取 左転身小手返 と途中まで一緒。
小手返しにするとして、相手が動きそうにない時、左手で相手の左肩に触れて、相手の左側に一歩踏出し倒す。
左手の肘は伸ばしておき、肩も素振りと同様に出しておく。 肘を曲げたりしていると腕力になります。 間合が遠い場合は継ぎ足をしても可。
無理に後ろに押すのではなく、後ろ重心にさせてからはお辞儀をして倒します。 後ろに押し続けると”おっとっと”をされて倒れませんよ~

【 片手取 左転身裏落  】
片手取 左転身小手返 と途中まで一緒。
左腕を相手の左腰に掌を上にして差し込むと同時に相手の左側に一歩踏出し、掌を返しながらお辞儀をして倒す。
腰に差し込んだ腕で相手を押したりせず、サポート的に使います。

☆本日のひとこと☆
やってしまったっす。。。 仕事で腰をまたまた痛めてしまいました。元々痛めやすい体質なので常に気をつけているのですが仕事の時は少し忘れてやっちまいました。
1,2ヶ月はなるべく安静にしてようかと思いますが、、、体が疼いてしまうんで無理でしょう。 でもちょとマズいので、とりあえずほんの少しだけ身体に夏休みをあげようと思います。
なので、今週からは”観察日記”になります。。 
暑い日がつづき体調を崩しやすい時期です。 
皆様、稽古時もプライベートでも仕事でも くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/07/16 体験の方いらっしゃ~い

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 燕飛 燕飛 】
今日は体験の方がおられたので、素振りも基本からやってたような雰囲気が漂ってましたね~。素振り2往復したところで本日終了・・

2.合気柔術
【 右転身 】
一番スタンダードなやつを一発。
踵をつけてつま先を60度開いた状態から、右足を斜め前に出しつま先を相手に向け、左足は撞木の足になるように運足する。
転身をした時に、後傾にならないように腹筋をつかって、前体重を維持する。
【 片手取 右転身 】
相手が左手で、自分の右手をとりにくるとき。取られる瞬間に、左手で相手の手を払い右転身をする。
払う手に強さはあんまりいらないと思います。それよりは、手を添えておくぐらい(後でいろいろ使えるように。)
【片手取 右転身肘返 】
左手で払って、右転身をし右腕を相手の腕下に入れながら入身し、お辞儀をして前に投げる
別に逆肘や相手の腕を上げることは考えない。 掌を上にして入身し、お辞儀をしながら掌を下にするだけ。
【 片手捕 右転身側面入身 】
左手で払って、右転身をし右腕を相手の腕下に入れながら入身する。この所作で相手の重心を若干後ろ気味にして掌を返しながらしゃがむ。重心を後ろにするだけなので相手がちょっと驚いてくれるだけ程度でもOK.
腕でなんとかしようとはしないで、一緒にさがるイメージ。

腕下に入れられないときは、腕の上 相手の肩口に右腕を差し込む。相手が肩でブロックするので
その肩を軽く相手の後方に導き後ろ重心にさせて崩す。

【 片手取 右転身 一本取 】
左手で払って、右転身をし右手で相手の肘を持ち、相手の左肩口に押してから、相手の中心にベクトルをずらして、相手の前方の導き倒す。
イメージとしては、相手の左腕を使って首を引っ掛ける感じ。左腕にフックがついててそれを首にかける。
相手が前後にゆらぐので、それを誘導するもの手か!?

・固め1
前方に倒したあと、相手の腕を垂直に立て、肩を地につくようにする。 別に痛くするわけではないです。

・固め2
固め1から、相手の右腕もとり同じく垂直に立て、肩を地につくようにする。その後相手の背中に座り相手の腕を両脇にし、自分の膝を曲げることで相手の腕との緊張をはる。
股を閉じたり、足を交差させて相手の首を押さえたりいろいろ。。

☆本日のひとこと☆
たまに、、ごくたまに、凄い技の効きがいい受け手がいますよね? あの時ほどドキドキすることはないっす。
「これは、わざとか? いや実力か? それとも純粋に反応がいい人なのか」 ドキドキします。。
そういう場合は、微妙にタイミングをずらします。 その時のリアクションが自然に近いかな?と思いまして。
でもまだ未熟なのでタイミングをずらすと、技の構成タイミングもずれるので、技が成り立たないときが多くて・・
なんだかんだ結局 どっちだかわからないけど修行をつむのだっ!

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/07/09 まず相手との軸をみつけよう

1.剣
【 素振り 】
どうも毎週ちゃんと振ってないと茶巾しぼりをちょっと力強くやりすぎてしまうなぁ、そのせいで最後がちょいブレる。
【 燕飛 燕飛 】
相手が左手甲を斬ってくるので、袈裟に振りかぶり避ける。 型稽古とはいえ間合をこえているのに左手甲を斬られるのを待つことはしないように。
途中まで6/25と一緒。 後ろにさがったところ相手が手を狙ってくるので、両肘を曲げ剣を上げる。
そこを水平に斬ってくるので、相手の剣と十文字になるように、剣で抑える。 剣が重なったところを相手が握って抑えようとするので、
刃を返し指を斬るように振りかぶる。その後相手が袈裟に斬ってくるので、足を踏み変えつつ同じく袈裟に刃を合しする。

2.合気柔術
今日は四方投のちょっと細かいところ。
【 四方投 】
相手の手をとるときは、”脈所を抑える”といい腕を握るようなことはしません。 腕の尺骨と橈骨をそれぞれ親指の腹、人差指で抑えるます。
ただ、この尺骨と橈骨をグリグリするようなことはせず、相手の前腕の動きを抑える程度です。
そこを通じて相手の肩甲骨を出させるようにとります。これは無理やりやろうとすると肘をたたまれて逆に動かなくなります。
なので、指が触れているところを皮一枚滑らすように、相手の力が反射してこないような方向に導きます。
その時、触れている部分を動かそうとすると”つながり”がきれてしまうので、触れているところから遠いところ、この場合は自分の肩甲骨をつかって
相手を導きます。
相手の肩甲骨を上手く引き出せたら、その状態を元にもどさないような軌跡で振りかえり投げます。
この軌跡を見つけるためには相手と自分の”運動軸”が見える必要があります。
”運動軸”については、やっているうちに何となく見えてきますので、やってみましょう。

☆本日のひとこと☆
”運動軸”は最初わかりませんでしたが、何度かやられているうちになんとな~く見えてきた気がします。
そのうち運動点が見えてくるらしい。 多分いろんな軸が交差するところだと思われる。
この点が見えれば投げるときや崩すときに動きの基点を作れるので、動きやすく技もかかりやすいです。
自分がやるとわかりませんが、先生など上手い人のを見ていると何となく「おっいま軸がみえた!」という瞬間が得られるかも。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/07/02 読んでいただきありがとうございます。

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 燕飛 燕飛前半 】
・・・また間に合わなかった。 今回からにゅーふぇ~すが増えたので、基本を復習できる良い機会だったんだろうなぁ~

2.合気柔術
【 片手取 二か条 表 】
左手を相手が右手で掴んできたら、手首を曲げ親指を外に回せる空間をつくり、親指をはわして二か条に取ります。人差指で相手の臍あたりを指すようにして相手を倒す。
二か条に取ったときは指は相手の喉らへんを指していると思うので、それを角度をかえつつ肘を伸ばしつつ極め倒す。下方向への力が大きすぎると相手が抵抗してきますので注意です。

【 片手取三か条 表 】
片手取2か条を相手が肘を垂直に上げることで極めから逃げようとしたときのシチュエーション
親指をはわして2か条に取った手の小指を張り、張った側に回り三か条に極める
違う手は相手が肘をあげたときに手の甲が下に向くのでそこに添える。
小指で先行させると極めやすい。
⇒片手取三か条からの投げ 
 小指を張り回っているのを止め、小指を張った手を相手の手首外側から回し、4か条気味に
 握り相手が戻ってくる初動を受けて投げる。
 4か条の様に極めたり、肩甲骨を回したり肘を返すなどは気にしない~。
 三か条に取れば相手の重心が浮いている状態になるので、軽く動きます。 
 回るのを止めると逆側に回るように重心が動くのでそれを投げる程度。

【 片手取 二か条変形 】
片手取三か条からの投げ で相手が固まって投げれないときは再度相手の手首外側から手を回し2か条に取る。
2か条に取った手の人差指を相手の脇下に誘導させて倒す。
重心を浮かしていて、相手の中心以外の所に崩すので、はたから見ると投げているように見えます。
これは下方向の力が大きすぎると、相手が抵抗・・ではなくかなり痛くなるので止めてください・・。

【双手取 合気上げ 】
両手を取られたときのシチュエーション。
掌を軽く開き、自分の小指で半円を描くようにし、相手の小指を取ります。 取ると言ってもちょっと外れにくく緊張させるだけ程度でいいです。
親指を外側に倒すことで(前腕も一緒)相手の肩を開かせます。相手の握り方によって運動軸を設定します。
(倒した親指と相手の接触点を軸したり・・・)
前腕を戻す方に回し、相手の肩を元の位置以外の所にスタックさせます。
人差指を肩に指し、その方向に腕を伸ばすことで合気上げを行う。

☆本日のひとこと☆
最近になって、やっと身内以外の読者に会うことができました。嬉しいものです。 
ただ文章だけだとやっぱわからないですよね~ 動画やイラストを入れてほしいと要望もあるのですが・・諸事情によりできないんす。。
いづれ本部の方から、型の動画なども公開しようとは考えてますので、根気強く待っててください。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/06/25 Comme ca~ like this.

1.剣
【 素振り 】
久々に、思ったところで止めれるか試してみる。 止めようとすると握りでぶれてしまった・・
【 燕飛 燕飛前半 】
構えているところを、相手が左手甲を斬ってくるので、袈裟に振りかぶり避ける。
かぶった剣を真下に降ろし今度は相手の左手甲を狙い抑え攻める。 相手が下がりながら振りかぶるのでその前腕の角度に剣をあわせる。
今度は相手が手甲を斬ってくるので、剣を正面に立てて体を後ろにしながら避ける。

2.合気柔術
【 正面打 一か条 表 】
足の付け根で倒すときに、相手が崩れきったところで右手を帯のとこまで引上げる。この時はまでは、右手は添えているだけ程度に使い、主は左手。 
【 片手取 二か条 表 】
手首を二か条に取り、自分の肩口にあてたあとに、相手の肘・肩、自分の肩口がフレーム構造になっていることを確認する。
【 文手 三か条 表】
三か条に極めた後に、入身して相手の肘を真下に下ろしますが、力は使わないらしい。捕った重心を解放するだけっぽい。
【 突 小手返 裏 】
左転身のあと、相手と背中合わせになるまで転身しないで、中途半端なところでとまると、左足を引き相手を導く際に、軌道がずれて相手が抵抗します。
【 横面打 入身投 裏 】
肩口にこめかみをつけてから、腕を真上に上げて体を切りながら投げるのですが、体を切るというのは股関節の動きで、腰から上をひねることではないと考えてます。
【 両手捕:四方投 表 】
相手の脈所を通じて、肘、肩、肩甲骨を作用させることを意識します。 意識が少ないと相手の肘がたたまれて、振りかぶれなくなってしまいます。


☆本日のひとこと☆
どうも、日記を書いているとボキャブラリーの少なさと表現力のなさを痛感します。  実際の稽古の時は「こんな感じ。 さっとやってクルっとさせて・・」としか説明できない。。
体の動きについては言えるのですが、感覚的な部分についてはお手上げです。
この会ではよく”つる”という言葉を使うのですが、これはまったくの感覚的な話なので、活字にできないっす。 この”つる”って感覚が伝えればもっとましな文面になるんですけどね~。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/06/18 残心

1.剣
【 素振り 】
【 合し打 】
【 燕飛 燕飛前半 】
今週も不参加だ。。 まだこの燕飛なんてのはまったくみてないがな・・

2.合気柔術
今日は残心と目附けにフォーカスっ!

【 正面打 一か条 表の残心 】
倒して両手刀にして相手の肘上を押さえた後、相手の肘を抑えている右手、手を抑えている右膝のテンションを変えないまま、右膝を中心に転身し左半身に構え、起つ。
【 片手取 二か条 表の残心 】
倒し手首を二か条に取ったまま、一か条と同じく右膝を中心に転身し左半身になる。 この時まで二か条の極めは保ったまま。
【 文手 三か条 表の残心】
倒し手首を三か条に極めたまま、左膝を中心に転身し右半身になり、起つ。 起つ前まで三か条の極めは保ったまま。
【 突 小手返 裏 】
左転身の後、左足を引いて相手を導くときに、相手が振り向くところに当身を入れますが、そのときに相手が大きく身体をこちらに向けたり殴ってきたり蹴ってきたりしないか、相手の左半身に目附けをする。
【 横面打 入身投 裏 】
横面打ちを受けた時に、左手で相手の右手の動きを手の感覚でセンシングする。 同時に相手の左半身+右足が悪さをしてこないように目附けをしておく。
【 両手捕:四方投 表 】
振りかぶってから、振り返って投げるまでに、自分の脇を絞り素振りの構えにします。 
脇をあけると、引っ張る力で相手を投げようとしてしまいます。
目附けはいろいろありますが、まずは両手を取られた後の、脈所を取るときに相手の蹴りなどの下半身を気をつけます。
【片手取 座技 合気投 突き崩し 】
・合気投 
 小指で相手の小指側をつり、親指を外に倒すことで相手の肩を開き、押さえつける力を入れにくくする。その後、相手の腕なりに導いて投げる。
・突き崩し
 相手の肩を開くところまでは同様にし、開いた肩をあらためて嵌めて突き崩す。
【片手取 座技 二か条 】
 小指で相手の小指側をつり、親指を外に倒すことで相手の肩を開き、また肩を入れる。 
押さえつける力が弱くなるので、親指を尺骨側に入れ、自分の肘を使い相手の手首を低い位置で二か条に極める。


☆本日のひとこと☆
残心も目附けも、馴れ合いの型稽古では得られない重要なことです。  型が決まってると次の行動を知っているので流れ作業のようになってしまいます。
一応”武道”ですから、設定状況をもっとリアルに考えましょう。 
まーそんなこというと、今の時代に正面打ちをしてくる輩もいないとツッコまれそうですけどね

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/06/11 1/fのゆらぎ?

1.剣
【 素振り 】
【 燕飛 前半 】
また不参加気味に・・ 構えてるところしか見れんかった・・

2.合気柔術
ちょっとゆらぎに注目。

【 正面打 一か条 表 】
最初のがっつり受けた後の当身をするときに、受けた腕を緩めない。 当身をした後のゆらぎを相手の軸を立てることに使えます。
【 片手取 二か条 表 】
二か条で極めた後のゆらぎで相手を少し浮かして、肘を耳にあてつけ軸を立てます。さらにそのゆらぎで入身にも使うのかも。
【 文手 三か条 表】
掴まれた腕を円を描くように振り上げ相手の手を自分の右側に導いた後にゆらぎで体を戻し三か条に極める。
【 突 小手返 裏 】
左転身の要領で相手側面に入身した後のゆらぎを相手と背中がついたてから左足を引くことに使います
【 横面打 入身投 裏 】
相手の右手を切り上げたゆらぎで、入身します。 相手のこめかみを右肩に導いたあとのゆらぎは腕を真上に上げることに使えます。
【 両手捕:四方投 表 】
両手を掴まれた後に、両手を体の中心に納めて相手の右手脈所を取ります。
右足を踏み出して、左足を踏み込みながら、額まで振りかぶる。
振り返って投げる。
・固め1
投げたあと、相手の手首を床に固定し、相手の肘を押し込み床につけると、相手はえび反りになります。
・固め2
投げたあと、自分の右膝を相手脇腹に入れ、左膝を相手のこめかみに落として、肩甲骨から持ち上がるように手首を上に引く。


☆本日のひとこと☆
”ゆらぎ”という言葉を使いましたが、もうちょっと良い表現があると思います。 要は自分が動いたエネルギーをどうするかということです。
無駄に足で吸収するか、エコロジーに次の動きにつなげるか。 自分ではまだまだできませんけどね。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/06/04 なんだかなぁ合気って

1.剣
【 素振り 】
ちょっと諸事情により、背中が痛くて胸を張ることができず、ぐだぐだでした・・・

【 三学 一刀両断から長短一味まで 】
一刀両断のように待ち系ならいいんですが、自分からも間合を詰めていく型の場合は、足の運びが上手くいかず、歩数が合わない・・

2.合気柔術
最近やることが多いので、淡泊にいきます。

【 正面打 一か条 表 】
最初のがっつり受けるときは、素振りでやっている形で腕を通して踵に力を通す感じ。 
【 片手取 二か条 表 】
二か条で極めた後に、相手が少し浮いてくる感覚を押し付けないように大事に使うと倒すのちょっと楽かも・・・
【 文手 三か条 表】
三か条で極めた時に、相手の重心を軽く上げておくと、入身して肘を真下に下ろすときに力に頼らなくできます。
【 突 小手返 裏 】
手首を極めるときに、ひねるのではなく、手の甲側を伸ばすようにして肘を操作して倒します。
【 横面打 入身投 裏 】
先週の要領で横面打ちを転身して受け、相手の右手を切り上げて相手の裏側に転身する。転身の際の右足と切り上げた手をシンクロさせる。
同時に、左手は左足と一緒に動かし顎をとり、転身の流れで相手のこめかみを右肩につける。
自分の右手を体に対して正面にし振り上げ、体を切りながらあげた手の指先を地面に向けて降ろし投げる。
体を切らないと上腕で相手の顔を押す(ラリアート)になってしまいます。
【 両手取り 合気上 合気下 】
両手を取られたときのシチュエーションです。
相手の両手を手の内で操作し、押さえつける力を低減させて、相手の腕に沿って肩方向に上げる。
同じく、手の内の操作で押さえつける力を低減させて相手の腕に沿って下げる。相手の肩にフックをかけて下ろす感覚です。
合気って名前がついてますが、”合気”ってよくわかりません。


☆本日のひとこと☆
諸事情により、このところ背中にずーっと痛みがあります。  番外編で背中の痛みについて載せるつもりです。
背中を使えないと、すべての技がぬるくなります・・・ 背中って重要ですよ。 
正確にいうと背中のピンポイントではないんですけどね・・・

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/05/28 軽く重心をいたずらされる違和感がゾクっと。

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 八勢 水車勢 】
やっと、素振りできなかった前の頃の感覚に戻った感じ。

【 三学 一刀両断から長短一味まで 】
今日も脇からチラ見です。 ちゃんと自分の剣は相手を抑えてるのかな・・今度チェックしてみよ。

2.合気柔術
今回もやることがちょっと多かったので、復習項目はワンポイントです。

【 正面打 一か条 表 】
倒した後は、肩を100°くらい(個人差あるから大体。)にして、左膝で相手の脇(前鋸筋らへん)にあて右膝は相手の小指側手首にあてその2点を座りながら張る。
【 片手取 二か条 表 】
半身になっているため、二か条で極めるときに相手の真正面に向いてからお辞儀をします。それ以外の方向だと腕が回るだけです。
【 文手 三か条 表】
三か条に極めた後に、入身して相手の肘を真下に下ろします。下ろしたときに自分の腿に相手の肘が当たるくらいのポジションに入身します。
【 突 小手返 裏 】
先週の【体捌 突き 左転身】を使って相手と背中合わせになるまで転身する。  左足を引くことで相手を導く。
相手がこちらに向く瞬間に右手で当身をし、同時に手首を通じて肩を取り 崩す。
左足を引いて導くときに、大きく振ったり、円をかいたり手首をがっつり握ったりしないほうが、いいです。
【 体捌 横面打 】
横面打の体捌です。 ゆくゆく入身投げ、一か条裏、四方投げなどにつながります。
・ポジショニング
 単に横面打ちに対して避けるのではなく、転身して相手の手刀を受けた時に、
自分の体を向ければ相手を崩せる位置を取る。
・左手
相手の斬ってくる右手刀を防ぎますが、ぶつけるようにではなく”さっ”と触れるように捕る。
皮膚の摩擦で軽く相手を捕りつつ、相手の反応をセンシングする。 相手の右手を抑えるので、それ以外に目をくばる。
・右手
 抑えた右手刀の下から、右手小指側から切り上げる。 切り上げる時に、ただあげるのでは相手の力とぶつかるので、円を描きながらあげる。
相手の右側の緊張を解くように意識する。

☆本日のひとこと☆
受けた後の、接触部の感覚と位置感覚はものすごく大事です。これによって相手に攻められてる状況から相手を抑えられる立場になれますので。
受けた手を握るのも一つですが、握るよりも触れているところを通じて重心の操作やセンサ感を与えるほうが、力を使わない武術っぽくない?
と思って日々精進してます。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/05/21 皮膚の摩擦?つながり?合気?

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 八勢 水車勢 】
最後の握りの瞬間に剣先がぶれる。 力みすぎみたいだ。。 最近やれる回数が少ないのでちょっと張りきってしまった。
【 三学 一刀両断から長短一味まで 】
横目で見学してました・・ 最初のうちは、疑問を持ちつつ言われた通りの所作をなるべくトレースしたほうが後々で役に立つらしい。
あと、ざっくりと間合を見積もりましょう。 自分本位だとわかりにくい場合は、「あっここら辺だと斬られそう」という感覚を養うように、、、自分ではしてます。

2.合気柔術
今回もやることがちょっと多かったので、復習項目はワンポイント感想です。

【 正面打 一か条 表 】
足の付け根でおった後は、左足を相手の股下に入れつま先を尻の割れの直線状にする。 
入れたときはつま先に重さはほぼありません。 やればわかりますがかなり窮屈です。 でも意味がある窮屈なので大事に作りましょう。
【 片手取 二か条 表 】
二か条で極めて、一か条と同様に倒しますが、その時も、最後の極めの時までも 二か条で取った手のホールドはほとんど変えません。
ホールドを変えてしまうと、肘が緩み、肩がフリーになり技の途中でスキだらけになります。
【 文手 三か条 表】
合谷が重要というのがありますが・・・、三か条に手を捕るときに、合谷を抑えないと、相手の手首が曲がってしまいます。
なぜか?多分解剖学的には理由があると思いますが、まだよくわかりません。ただ、抑えると抑えないでは断然違います。 文章では伝えられないっすね~
【 体捌 突き 左転身 】
相手が腹を真直ぐ突いて来るシチュエーションです。 ゆくゆく小手返につながります。
・右手で払う
 右半身で構えたまま、右手で払います。 この時に相手のベクトルに逆らわないように払います。
 力で止めるのではなく、自分の右側に受け流す感じです。
・右手で払い⇒取る
 右手で払うとき、自分の小指側で相手の腕の小指側を捕る。といっても相手の皮膚と自分の皮膚
 の摩擦感を残したままにしておく。
 良い言い方が見つかりませんが、繋ぐというか吸い付けておくというか・・
・左転身
 右手で払い自分の右側に受け流すのを、左転身の捌を使う。 足を止めたままよりすんなり
 行くはずですし、より自分の力を使う感覚がなくなります。
・左転身⇒相手の右手を取る
 左転身で捌くときに左足と一緒に左手を出し相手の右手を捕る。 これも自分の 左掌と
 相手の右手親指側との摩擦感を残したままにしておく。
 相手の手を押さえつけること、握ることはしません。 それやると自分の体が固まると同時に
 相手も踏ん張りはじめます

☆本日のひとこと☆
皮膚の摩擦感を残しておくというのは、個人的な表現です。 他の人や他流派、他の武ではもっと違う表現をするでしょう。
言葉は違いますが、いろんな技や型の随所に用いられてます。 重要なことなんですが、感覚的なことなので文章で伝えられないのがもったいない~♪

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/05/14 素振り久しぶり。

1.剣
【 素振り 】
久しぶりにやったっす。。久しぶりすぎて体からぎこちない感覚が・・
あれ?胸張ってるかなと考えてたら、終了~の声が・・。
【 三学 長短一味 】
こっちは間に合わず・・次回こそ!

2.合気柔術
今回はやることがちょっと多かったので、ワンポイント感想です。

【 正面打 一か条 表 】
足の付け根でおるように倒すときに自分の思っている軌道だと相手にとって若干窮屈な軌道な場合があるので思ったより遠くを意識します。
【 片手取 二か条 表 】
二カ条にとって、肩口につけて極める時に、極めることに拘ると相手の手首を回してしまい、相手の肘があがり結果的にせっかく作った腕⇒首までのラインが崩れてしまいます。
【 文手 三か条 表】
文手の場合は、無理に切り上げると手解きになってしまいます。そのために、相手が握り続けてくれるように親指で小指に緊張を与えます。
その後、自分の肘を相手に向けることで前腕を回して相手の肩を取ります。 そのまま崩し自分の小指から切り上げます。
そこから三か条に取るときは、また合谷が重要になってくるのですが・・・これはまたの機会に。

☆本日のひとこと☆
自分の思っている軌道や感覚だと相手が感じるものとは、違うことが多いです。これを調整するだけで今より相手を素直に導けるというか
技がかけ易くなるというか・・
まー人の体質(肉つきや重心バランス)によって変わるので、受けの人に確認しながらやるのもいいんじゃないですかね。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/05/07 基礎がないと積みあがりませんよ~

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 八勢 水車勢 】
【 三学 右旋左転 】
また不参加だ・・
握りてぇ 振りてぇよ~ 水曜日は18時以降に電話してこないでほしいなぁ

2.合気柔術
【 転身 素手対太刀 】
【 正面打 一か条 表 】
久しぶりにみっちり一か条です。
正面打を両手で受ける。
相手の肘を耳に押付け、ステップインで重心を崩し、相手の足の付け根でおるように倒す。
ここの流派?で特徴的なのは”足の付け根でおる”と言う表現ですが、十中八九で肘への圧力を
真下に落とすか手前に引く動作をされてしまいます。肘を通して耳への圧力の意味がわかれば、この圧力を与え続けるのが重要だと気付けるのですが・・

【 片手取 二か条 表 】
相手が右手で自分の左手をつかんでくる。持たれたら自分の小指を軽く曲げます。
この時に相手の小指が引っかかる?感触を大事にします。その後自分の親指を開くことで相手の肩が取れる感触をつくります。
そのまま、手首を”バイバイ~”をするほうに曲げます(おいで、おいでの方向ではありません。)
曲げることで親指を外に回せる空間を作ります。 その空間で親指をはわして二カ条に取ります。
今週はここまで。

☆本日のひとこと☆
今週は基礎からみっちりでした。たまにこういう練習をすると自分のレベルとブラッシュアップすべきポイントが見直せます。 良い機会ですね

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/04/23 合谷は結構使えます。

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 八勢 水車勢 】
【 三学 右旋左転 】
ちょっと間に合わなかった・・そろそろ木刀をにぎりたい・


2.合気柔術
【 転身 素手対太刀 】
【左肩取 合気投 乱捕 】
合気投の乱捕をやってました。転身をした時の相手の重心や崩れ方、運動軸などを考慮して、
相手の崩れ易い方法(踵重心、右半身軸転換、運動軸回り)で捌く・・感じだと思います。
まだ間に合わなくて柔軟している最中だったのでちょっとしか見てないっす。

【 左肩取 三か条 投げ? 表・裏 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
右で肘打ちをするように、相手の右手首をとる。 自分の肘が脇に閉じるようにして、相手の手首を返す。
左手で相手の手甲側を取り返し右手を添えて、相手の小指から肘までのラインと脇のラインを合わせる。相手の右側に入身する様に相手と平行になり、投げる。
裏の場合は、相手の右後方気味に入身し、相手の腕を切り下ろしながら、右足を引き左足を引いて極める。

合谷は最後まで意識しつづけるのもポイントです。

【左肩取 四方投 表・裏 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
ガードしている左手の肘を中心に上腕を回し自分の正面に来たら右手を添えて右足を相手の左側面に踏み出す。額まで振りかぶり、体を反転させて斬り下ろす。
裏の場合は、上腕を回し自分の正面に来たらその腕で、相手の中心を軽く抑え、相手の右側に転身し、左足を軸にまわり相手と同じ方向を向くと同時に、額まで振りかぶり、体を反転して斬り下ろす。

相手の腕を自分の頭の後ろで通したり、大きく振りかぶり過ぎないようにしましょう。
四方投げには、相手の肩甲骨の操作、重心の操作などもポイントです。

☆本日のひとこと☆
仕事で大阪に行っていたため、また前半戦に間に合わず・・・ショックです。・
合気柔術にはまったく関係ないですが、新幹線で大阪日帰りをするとちょっと戸惑うところがあります。
?なぜかというと、エスカレータです。新横浜では右側通行、大阪では左側通行・・ 新幹線移動の際は寝てしまうので、このカルチャーギャップにうまくスイッチできないんです。
でも、エスカレータは元々歩いてはいけないところですので、どっちも止まるべきなんですけどね・・
急ぐなら階段で行こうっ

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/04/16 久々の稽古っす。

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 八勢 水車勢 】
【 三学 右旋左転 】
ちょっと間に合わなかった・・久々に木刀をにぎりたかったな・・

2.合気柔術
【 転身 素手対太刀 】
【左肩取 合気投 3種類 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
相手左側面に転身し、相手を踵重心にして倒す。 
あまり後ろ重心にさせると、踵でなく腰になってしまうんで注意です。

同様に転身し、相手とフレームを作って自分右足を軸にして倒す。
右足を軸に回すつもりでも軸が動いてしまうので、右足の意識をつくりましょう。

同様に転身し、相手の運動軸に合わせて回り倒す。
投げようと思わずに回ることを意識します。

【 左肩取 一か条 表・裏 】

合気投と同様に相手の左側面に転身する。
右手を相手の右手首の下に移動させ切り上げ、相手の肘が見えてきたら、左手で肘を相手の耳に向けて押す。そのテンションを保ったままステップインし
相手の肘が見えてきたら、左手で肘を相手の耳に向けて押す。そのテンションを保ったまま転身で相手の裏に入る。
あとは通常の一か条と同じ。


同様に左側面に転身し
相手の肘が見えてきたら、左手で肘を相手の耳に向けて押す。そのテンションを保ったまま転身で相手の裏に入る。
転身で作った右足の慣性を残し、左軸でまわり、相手と平行になったところで、お辞儀をして崩す。
あとは通常の一か条裏と同じ。

両方とも、相手左半身の軸立てを忘れないこと。

【 左肩取 二か条 表裏 】

合気投と同様に相手の左側面に転身する。
相手の右手首の下から切り上げ、肘が見えてきたら、肘をとります。
右手の掌を開いて相手に向けて、親指を小指の付け根に寄せる。
親指で、合谷、人差し指中指薬指で掌をつかみ、小指は手首にかける。
ステップインし手を肩にあて、左手で相手の肘を軽く張るようにして、相手にお辞儀をし崩す。
あとは通常の一か条と同じに倒し、手首を極める。


同様に左側面に転身する。
途中までは、表と同様にし、お辞儀をして崩したあとに、肘を相手の耳の方にテンションをかけ、
そのテンションをたもったまま、転身で裏に入り、相手と平行になったところでお辞儀をして崩す。

手首を極めようと、ひねらずに合谷と掌を極めるようにします。

☆本日のひとこと☆
久しぶりの稽古でしたが、やることが多くてちょっと満腹状態・・・
よーし次回も上手く仕事をきりあげよーっと。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/04/09 悲しい 3週連続稽古してない・・・

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 八勢 水車勢 】
【 三学 右旋左転 】

2.合気柔術
【 転身 素手対太刀 】
【左肩取 合気投 】

☆本日のひとこと☆
3週連続で稽古してない・・ 次回は何が何でも参加するのだっ!
どうやら人も増えるらしいので、こころして仕事を切り上げないと(笑)

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/04/02 今週はお休み

今週は休みでした。

☆本日のひとこと☆
体を休めることも重要です。 しかも、やらない時にこそいろいろイメージして「あら?あれってこのことか!?」なーんて気付くときもあります。
ただ、この気付きが起こると一瞬人目を忘れてシャドーをしてしまうので要注意です。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/03/26 酔っても転身

1.剣
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 八勢 水車勢 】
【 三学 一刀両断 斬釘截鉄 半開半向 】

2.合気柔術
【 左肩取 二か条 脇固・小手返 】
【 左肩取 三か条 表・裏 】


☆本日のひとこと☆
春は別れと出会いの季節と言うことで・・・、送別会があり参加できませんでした。
そんな中でも、表面張力のビールをこぼさないように運ぶ運足、酔ったおっさん達を避けるための入身・転身・・やっぱり染み付いてるね~

来週から新しいクオーターが始まります。新しい仲間が増えてほしい今日この頃です。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/03/19 合気道っぽい味付

1.剣
【 素振り 】
肘を伸ばしたままと、脇をしめたままの2種類。
力みをなくすため、下半身の張りもミートの瞬間だけにしていたが、抑えることをイメージするには張りは残しておいたほうがいいのかも。

【 合し打ち 】
ミートの瞬間だけ、剣にのりその後は抑えるようにしたいのですが・・・、相手の受け位置の目測をあやまり、瞬間がずれてはじかれます。。。哀しいかな。。

【 八勢 水車勢 】
相手の太刀を正面で受けて、左転身で袈裟に斬り、相手が下がって斬ってくるところを一歩すすんで正面で受け、右転身で袈裟に斬る を繰り返します。
手順は覚えましたが、、、手順なので手が先行して足がでねぇ・・。 やっぱ手順より足順か!?

【 三学 一刀両断 斬釘截鉄 半開半向 】
一通り復習です。 間合のつめがまだ感覚が未熟ですな。。。
相手の動き+自分の動きでたまに相手がイレギュラーな歩幅をされるとアップアップです。

2.合気柔術
【 左肩取 合気投 横 後方 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
左半身を引き、左手はガード、右手は相手の顔前に置いておく
取りにきた手を右手で切り下げ、転身し裏に入る。 
・合気投 横
そのときに、相手が前方に大きく崩れた場合は、手のテンションを保ったまま、相手の右足前方にしゃがみ入り、崩す。
しゃがんでから手を下ろすのではなく、手はフレームとし、相手にとってはしゃがむのと同じように手も下がるのがいい。

・合気投 後方
裏に入る際に、ベストな間合より若干離れた位置(相手の後方)に入ってしまった場合は、相手は若干後ろ重心になっているのでその肩を下になでるように崩す。
自分が離れた位置にいないと相手は後ろ重心にならないので、どちらかというと間合をミスった場合のシチュエーションと考えると技が強引にならないですむかも。

【 左肩取 入身投 裏 】
同様に切り下げ、裏に入り継ぎ足をして首or肩を取ろうとした時に、相手が防衛反射で上半身を軽く前傾させた場合は、継ぎ足の慣性を使い、左足を軸として回り、左手で相手の横顔(顎)をとり肩口に導き、右手を真直ぐ上に上げ左に90度向き手を真下にし投げる。
実際には回るのは、45~90度ですが、更に回転度を増やすと 合気道っぽく見えます。。

【 左肩取 入身投 表 】
同様に切り下げ、裏に入り相手が防衛反射で上半身を軽く後ろに反った場合は、切り下げた自分の右手で相手の前方より左顎のラインをとり
抱くようにして入身し投げる。
投げるときに顎と取った右手と左手を合わせて、相手と一緒に体を沈めると袈裟固めになります。自分の胸と腕で頚動脈あたり?を抑えます。
体を反って相手を締めるより、自分が沈みながら頚動脈をサンドイッチに挟む感じ?
手を合わせられなかった場合は、相手の右手を顔前で交差するように左手で取り左膝で挟み、左手を右手で取り右膝で挟む、頭の上方に座る。
相手は仰向けになって両肘が立っている状態になっているので、その肘を両手で持ち、後方に反って固める。

☆本日のひとこと☆
合気柔術っていうと、合気道より”硬い””痛い”ってイメージがありますが、今やっている練習をシームレスに動ければ合気道っぽくみえるんじゃないかな。
と、あくまで個人的な感想です。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/03/12 ゆらゆら揺れる

1.素振り
【 素振り 】
肘を伸ばしたままと、脇をしめたままの2種類。ミートの瞬間だけ力を通すことと、抑えることをイメージして素振りです。

【 合し打ち 】
素振りでイメージした、ミートの瞬間に”抑える”ことを実施。 力の使い方がまだ未熟なため時折跳ね返される・・

【 八勢 水車勢 】
相手の太刀を正面で受けて、左転身で袈裟に斬り、相手が下がって斬ってくるところを一歩すすんで正面で受け、右転身で袈裟に斬る を繰り返します。
途中で、相手が足を斬ってくるのを下段で受ける・・・ 順序がよくわかりません・・・

2.合気柔術
【 左肩取 突き崩し 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
右手刀で切り下げて、裏に入り身をして当身を入れる。 この時に切り下げた手刀と相手の手との緊張を保ったまま
体が広がるようにしゃがむと相手が崩れます。  当身は骨盤らへんにします。

【 左肩取 弱腰 】
同様に切り下げ、裏に入り身し、当身のかわりに相手の胸元に腕を差込み、相手を若干後ろ重心にしたところで、しゃがみ崩す。
腕を差し込むようにしないと相手が身構えて、逆に前重心になってしまいます。

【 左肩取 肘返 】
同様に切り下げ、裏に入り身し、相手の脇から腕を掌を上にして差し込み、掌を返しお辞儀をして投げる。
掌を返すときに相手の重心が反応するのを確認しましょう。

【 左肩取 側面入り身1 】
同様に切り下げ、裏に入り身し、相手の脇から腕を掌を上にして差し込み、掌を返しお辞儀をする。
相手の重心が前に崩れない場合は、重心が後ろに戻るのでそれに合わして後ろに崩す。

【 左肩取 側面入り身2 】
弱腰 の時と同様に切り下げ、裏に入り身し、当身のかわりに相手の胸元に腕を差込む。相手が後ろ重心にならない場合は、前重心の揺らぎがあるので、それに合わせて前に崩しす。それでも崩れない場合は、再び後ろ重心にして、崩す。

【 左肩取 側面入り身後に小手返 】
弱腰 の時と同様に切り下げ、裏に入り身し、相手の胸元に腕を差込む。相手が崩れない場合、差し込んだ手で相手の右手を取り、自分の脇をしめて転換して小手返しを行う。
転換の最中に膝を抜くと相手が崩れやすい。

【 左肩取 側面入り身後に回転投げ 】
弱腰 の時と同様に切り下げ、裏に入り身し、相手の胸元に腕を差込む。相手が崩れない場合、差し込んだ手で相手の右腕を切り下ろすように回し、下がってきた相手の頭をなでて投げる。

☆本日のひとこと☆
今日は、重心の操作と感覚の育成につきますかね・・ でも瞬間的に相手の重心の揺らぎは見えないっすよ・・ 見えたところでタイミングよく技に移行できるかはまた別問題。。
はぁ 先は長いねぇ。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/03/05 肩甲骨が剥がれてしまう~

1.素振り
【 素振り 】
肘を伸ばしたまま振りかぶり、踏み込んでから、肘を伸ばしたまま振り下ろす素振りと
腕を水平に伸ばした状態から、脇をしめたまま、振りかぶり、踏み込んで振り下ろす素振りの2通りを久々にやった。

【 合し打ち 】
力まないようにするため、太刀がミートする瞬間だけ力を通して、その後は強制的に力を抜いていた。
力むのはなくなってきたので、ミートの瞬間に”抑える”感覚をつくるようにしてみる。

【 合し打ち 転身 】
相手の太刀を正面で受けて、左転身で袈裟に斬り、相手が下がって斬ってくるところを一歩すすんで正面で受け、右転身で袈裟に斬る を繰り返します。
一歩進むときに、気持ちが早って後ろの蹴り足で跳んでしまうのが難点・・。

2.合気柔術
【 左肩取 二か条 裏 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションの復習です。
・裏に入るため、左転身で相手の脇腹に触れる間合の確認をする。
途中までは、2/6の型と一緒。 相手の手首を自分の肩口につけてお辞儀をした後に、肘を相手の耳の方に圧力をかけて
そのテンションをかけたまま、転身で裏に入り、相手と股関節が平行になったところでお辞儀をして崩す。
左手は伸ばし、右手は帯にし、倒す。
うつ伏せに倒したあと、座り両膝で肩をロックし相手の肘を更に床方に押し込む。
腕を体で固定させて、相手の上腕を軸として右回りに極める。

【 左肩取 三か条 裏 】
親指の肉球(ぼしきゅう)で相手の合谷を押さえて相手の重心を上にするところまでは普通の三か条と一緒。
重心を上げているテンションをかけたまま、転身で裏に入り、相手と股関節が平行になったところでお辞儀をして崩す。
右転身で相手の前に回り右手を相手の肘にかけ、左足を引きながら相手を前方に倒す。
倒したあと、座り両膝で肩をロックし、三か条を効かせて肩までダイレクトに緊張させた状態で、腕を固定し相手の上腕を軸として右回りに極める。

【 左肩取 切り下げ 】
肩を取られるときに、左半身を引き、左手でガード、右手で当身をする。
当身をした手を相手の手首上に導き手刀で切り下げる。
切り下げた時の相手の重心を、両足に均等にかけて且つ前重心にする。

☆本日のひとこと☆
2か条、3か条の極めで肩甲骨がめくれそうでした・・。徐々にやれば肩がかなり柔らかくなるかも、かなり痛くなるけど
でも3か条の合谷でロックしたまま、ってのは難しい。転身してお辞儀したときには、手の握りが変わってしまうので注意せねば。。。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/02/27 スキをチラ見せ。。

1.素振り
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 合し打ち 転身 】
ちょっと間に合わなかった・・久々に合し打ち転身やりたかったな・・

【 三学 半開半向 】
斜に構えた状態から、 左手の甲を相手に少しみせてスキをつくる。
相手はそこを狙って間合をつめてきます。 相手は間合に入ったら線を外し雷刀に構える、
それと同時に、自分も相手の正面に移り雷刀に構え、合し打つ。
相手が下がって構えるところを、袈裟斬りで抑える。

2.合気柔術
【 左肩取 一か条 裏 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
・取られる前に左半身を引き、左手はガード右手で当身をする。当身をした右手を相手の右手首の下に移動させ切り上げる。
・相手の肘が見えてきたら、左手で肘を相手の耳に向けて押す。そのテンションを保ったまま転身で相手の裏に入る。
・転身で右足の慣性を残し、左軸でまわり、相手と平行になったところで、お辞儀をして崩す。
平行というか、お互いの股関節が同一直線上にいるようにする。
・相手が崩れてから、左手は伸ばし、右手は帯に、残っている右足の慣性で転回し倒して極める
・うつ伏せに倒したまま、相手の腕を真直ぐ立てて、肘を曲げて逃げられないように、右足でブロックし、手首を押さえて固める。

・相手の左腕も同様にし相手にまたがって固めると柔術っぽい。。

☆本日のひとこと☆
最近技の前に、転身で間合の確認などをするのですが、その感覚が残っている状態のまま技に入ると足運びがいい感じです。
上手く字にできませんが、「おぉ転身が技にリンクしてるぞぉ」と感じます。。 今頃かいっ!?
とツッこまれそうですが・・・

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/02/20 手首痛い?

1.素振り
【 素振り 】
ごくごく当たり前なのかもしれないことを再認識しました。
木刀をもった瞬間から肩を伸ばそうと勝手になってた。。 いや~オートマティックっ。

【 合し打ち 転身 】
相手の太刀を正面で受けて、左転身で袈裟に斬り、相手が下がって斬ってくるところを一歩すすんで正面で受け、右転身で袈裟に斬る を繰り返します。
後ろ足で進みだすのが難しい、斬ったときに乗る前足の開放がいまいち・・ 

【 三学 斬釘截鉄 】
順序の復習。。 個人的にあえて振りかぶる前にお互い歩み寄る時の間合感覚にフォーカス。
相手が”斬れる”と思って振りかぶられるときの感覚を大事に稽古です。
近すぎて刺されてるかも。

2.合気柔術
【 左肩取 小手返し 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
切り上げるところまでは、先週の入り身投げと一緒です。 
・まず入る位置の確認。 相手の踏出している足の先に入り身ポイントを作ります。  実運用では相手に深く入れない時の位置です。
・左半身の使い方は、入り身投げとモードが一緒です。  肘打ちをするイメージで左手を使います。 
位置が浅いので肘は当たりませんが、空ぶった延長で相手の手首を取ります。
・手首を取ったら空ぶっている体の慣性のまま、転身につなげる。  更に捕った手を相手に対し真直ぐ伸ばす慣性作り、これも転身に役立てます。
これで、相手が前重心になったり崩れたりします。
・自分の左足を真直ぐ引き、相手を前重心にしたまま、手を後方に導く。
後方に導くときは、 腰より手をあげないこと、手を相手に真直ぐ引くこと、握りすぎないことを気をつけます。
つい力を入れたくなるので、相手の手を後方に導くときには小指で皮膚だけ引っ掛けて肩を引くイメージらしい・
・手を後方にすると相手の顔がこちらに向いてくるので、それを止める感じで右手にて当身を入れます。
当身は、拳が最短距離で顔に到達するラインをイメージ。 フックやアッパーはちょっと用途が違いますので・・・
・相手の手のホールド感は、小指を手首親指で手の甲。 親指は指先より指の腹を使う。
手のホールドや、倒すことを意識しすぎると、手首をひねっているだけになってしまいます。
・小手を返すのは、手首の曲がる方向に。 これで倒れなければ一歩入って崩します。
・倒したら、相手の肘を逆肘に極めると仰向けからうつ伏せに変わります。 
うつ伏せにしたら、相手の腕を膝で抑えながら、相手の肩を床につけて、小手を手首の曲がる方向に極めます。
ただ手首を曲げるのではなく、手の甲側の前腕?は伸ばすことで手首だけでなく、小手に作用させます。


☆本日のひとこと☆
入り身と小手返しの動きモードは途中まで一緒と教わってから、何度も練習し理解もしてきました。 
でも最近になってやっと、体が納得してきました。 「あれ?」と思うときがきたのです。 今までは同じモードを意識して体を使ってましたが、まったく考えなくて体が
その動きモードになってました。  気分的には自転車に初めて乗れた瞬間の感動っ!
この調子でほかの動きも納得していくと、今までの変なクセがなくなって良い感じの動きになりそうな予感。

でも小手返しは、小手を思いっきりひねってます・・・ はいっだめ~X

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/02/13 すべては間合。

1.合気柔術
【 左肩取 入り身投げ 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
右手を鼻先に触れるか触れないぐらいのところに拳をだし、相手を抑制します。
掌を開きつつ、右手を相手の右手首の下から切り上げる。
・まずは左転身で相手との間合の確認。 右脇腹を無理なく打てる位置を確認します。
・右脇腹を打てる間合より、少し相手側につめた位置を確認する。 入り身し、左肘で相手の右顎をかすめるくらいの位置
 その間合であれば、肘打ちのあと左手を相手の胸に当てて重心を操作し崩せます。
・更に相手に詰めた位置。相手の右足踵に自分の左足がある時。  今度は肘打ちではなくどちらかというとフック?
みたいな感じで相手の横顎を取る。 この時小指で顎の付け根部分(押すとちょっと痛いところ)に軽くかけて、右肩口に導く。
自分の右腕を体の正面にもっていきそのまま真上に上げ、体を側面に向けて上げた右手を指先から真直ぐ下ろす。
腕を上げてる最中で相手の抵抗を感じたら、無理にそこから力を使わず、その時点で体を側面に向けて投げましょう。
・肩口に導くときに相手が思いのほか崩れすぎたり、右手を掴まれたときは、横顎に当てている左腕の脇をたたんで、そのまま体を側面に向け
相手を投げます。 相手の重心や受け反応によって、攻めどころも首、腰、膝、踵など意識してみるといいらしい・・・

とりあえず、ラリアートになる前に力をこめずに体を動かすことが課題ですかね。 


☆本日のひとこと☆
えっ? そうです。 本日はちょっと訳あって練習項目が少ないです。 けっして、飲みすぎで書くのが面倒だからではありません。
練習項目が少ないなかでも、間合の微妙な感覚や、相手の崩し所の意識など濃い内容でした。。
たとえ間合がわかっても、その状態に100%位置できないと意味を持たなくなってしまいます。
なので、どの状態からも間合をちゃんと取れるように練習しましょう。  というか頑張ります。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/02/06 三か条は深い・・

1.素振り
【 素振り 】
久しぶりなので、伸び伸びやりました。やっぱり意識していないと膝をはるときに足のインサイドに重心がよってた。
前に進む時に、親指側を使い膝を開きながら”にゅ~”っと出るときにその準備としてインサイドに重心がよっているものと考える。。
箙をはって踵に通して、親指側で前に出るから足のアウトサイドは使わないのか???

【 合し打ち 】
これまた久々に。。 ソロでは味わえないミートの瞬間の感触を大事に練習しました。
合し打ちでも、相手が下がり構える所で、こちらの”にゅ~”とでる感覚をつかうようにしました。”にゅ~”は残心も兼ねてるのかな。

【 三学 斬釘截鉄 】
相手の太刀をよけて、自分の太刀で右手を抑える。その後自分の太刀筋に真直ぐ引く
相手の腕を引っ張ることが目的ではないと思うので、相手の皮膚をかるく引くイメージでやってます。
引いたら、今度は足から徐々に相手に向けへそと一緒に太刀を真直ぐ差し出す。
これも太刀があっちゃこっちゃ行かないように筋を気をつけましょう。

2.合気柔術
【 左肩取 二か条 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションの復習です。
手を二か条に持ってから固めの時までずっとホールドするのもミソです。自分の肘より持っている手が下に行くとホールドしにくくなります。
肘より下だと相手の肘と肩がかえり過ぎて技が効かなくなります。 

【 左肩取 三か条 】
掌を向けることで、相手の腕を尺骨側を上にするのをアシストする。また掌を向けていると滑らせて握るのが自然に運びます。
握り直す時に、合谷を押さえます。親指以外は引っ掛ける程度にしておきます。握り始めると合谷が外れて相手の手首がフリーになります。
手首を曲げないように肩までダイレクトに響く感覚のまま、へそを向けながら右脇をしめる。
小指と肘を結ぶラインを体側のラインに合わせるようにする。腕をねじろうとはしません。
ステップインし、相手の上がった肘を右手で真下に落とす。左手は三か条にホールドしたまま。
肘を落とすときにホールドした手を先に動かしたり、肘だけ下げても相手が固まるので、動きはシンクロさせます。
肘を落としたら、右足で軽く腕を押し後ろ重心にして、前に倒す。
倒した後、右膝で肩口を押さえ、腕を伸ばさせて肘を上に向け、手首を垂直にしてから水平にして極める。

☆本日のひとこと☆
いろいろ工夫をして自主練やソロの練習方法を考えますが、やっぱ体術は相手がいないと・・ねぇ。
打った後の感触、ツボにハマったときの相手の反応は、どんなに工夫しても相手がいないと味わえないですね。
ってことで、練習相手は大事しましょう。たとえ二か条三か条でも、手首を痛めるだけではせっかくの相手が嫌がってしまいますしね。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/01/30 もっと練習したいな・・・後ろ重心って嫌。

1.素振り
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 三学 斬釘截鉄 】
・・・3連チャンで不参加。 ったく誰かが私の稽古を邪魔しているとしか思えんっ!!
次回こそ、足の裏の重心、骨盤の意識を試したいのだー。足の裏全体で重心を意識できると骨盤がちょっときゅっとして今まで力が通りにくかった下っ腹の下の方を使えるのを確認したいっ。
斬釘截鉄も手順忘れないうちにまたやらないと・・・

2.合気柔術
【 左肩取 一か条 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
相手の肘で耳を押して軸を立てる意識が第一です。これがないと足の付け根でおりにくくなります。
また、当身をした右手が先導して相手の腕をあげるため、そのまま右手で相手の腕を引っ張らないように気をつけましょう。
あくまで崩すまでは左手で肘を押す意識です。

【 左肩取 二か条 】
途中までは先週の復習
相手の手を 親指で合谷、人差指中指薬指の3指で掌を掴み、小指は相手手首にかけて、握る。
そのまま、自分の肩口につけ、肩を固める。相手の肘を相手の体に平行に外に引き緊張させてお辞儀をする。
握っている手や肘を引いている手は固定のまま。手は相手と自分の固定のために使います。
後は、1か条と同様にして前に倒し、左の膝を相手の脇にあて、相手の腕を肩口からのばすようにし手首を極めたまま床につける。
相手の手を握った瞬間からずっとホールドしたままです。 最後の固めの時は相手の肘を上に向けるようにします。

【 左肩取 三か条 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
・相手の右手首の下から振りかぶり、肘が見えてきたら、肘をとります。
・右手の掌を開いて相手に向け、自分の肘を引くように手を滑らします。
・掌を握り、下から左手を入れて相手の手甲側を握りなおす。
・親指の肉球(ぼしきゅう)で相手の合谷を押さえます。
不思議と合谷を意識すると相手の手首が曲がらず、手の返しがダイレクトに肩に届きます。

☆本日のひとこと☆
Softbankのホワイト学割をご存知ですか?いやいや内容じゃなくてその広告です。男女の学生が携帯しながら歩いているロゴみたいなのがあります。
ぱっと見「あ~学生ってこんな感じ」とよく特徴をとらえたイメージになってます。
っで何を言いたいかというと・・・はい 思いっきり後ろ体重です。二人とも。 ということは最近の若い?人は後ろ重心が多いってことになります。
後ろ重心の人って技がかけにくいんですよね・・・ かかり難い人が増えるなぁ・・ でもそんな若者にもばったばった技かけたるっ!という意気込みで日々稽古に励むんだ~♪。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/01/23 気をつけようエレベータの中で素振り

1.素振り
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 三学 斬釘截鉄 】
またやってしまった・・・ 基礎練習に参加できなかった。。 
しょうがないので、日常にちょっとだけ取り入れて補習してます。 
一人になった空間ではシャドー素振りです。 トイレでは勿論のこと、エレベータの中でもやってしまいます。
一度ちょっと本気に転身をエレベータの中でやったときは、一瞬エレベータが止まりました・・ 
どうやらエレベータは、そういう負荷がかかると様子見?で止まるらしい 。。。気をつけましょう。

2.合気柔術
【 左肩取 一か条 】
途中までは先週のおさらい
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
肘で耳を押す、ステップイン、軸、足の付け根でおる、極め、後ろに崩す、前に倒すところまでは、先週のまま。
前に倒してから、固めをします。 相手の手の平を床に向け、肩を90°+α(大体100°くらい?)
左の膝を相手の脇にあて、右膝を相手の小指側手首ちょい上らへんにあて重心をおろすように座る。
両手を手刀にして相手の肘上を押さえる、自分の肘を伸ばして胸をはり手刀をとおして体で抑える。
脇は、前鋸筋らへんを抑えるみたい。この筋肉は肩甲骨の動きを補助する働きがあるらしい。

【 左肩取 二か条 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションです。
・相手の右手首の下から振りかぶり、肘が見えてきたら、肘をとります。
・右手の掌を開いて相手に向けて、親指を小指の付け根に寄せる。
・その手で、相手の前腕を滑らしながら相手の手首を越えたらへんで、掌を開き、相手の手を握る。
・親指で、合谷、人差し指中指薬指で掌をつかみ、小指は手首にかける。
滑らすときは、自分の肘で引くイメージかな・・。
上級者のを見ていると手首を”くるっ”と回しているように見えますが、決して回しているわけではないっす。

☆本日のひとこと☆
最近素振りに参加できないため、何かを両手で握ると自然に絞る感じになります。
飲み終わった500mlペットボトルもゴミ箱に入れるまでに、なぜか絞りきってます・・あっ!!ちゃんとリサイクル用ボックスに入れてます。。I 愛 エコロジー。
ただ、ペットボトルをつぶすほどの力は素振りでは使わないんですけどね・・

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/01/16 口伝の本質

1.素振り
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 転身 】
【 三学 斬釘截鉄 】
今年2回目にして・・遅れて参加になりました。
左前だと剣先が”軽い”原因になんとなく想像がついたので実験しようと思ったのに・・・
多分、右足の足裏の感覚がインエッジの薄い部分にしかないんです。これに気をつけながら次回の練習に臨む。

2.合気柔術
【 左肩取 一か条 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーションで、じっくりとやりました。
・当身は、相手を倒すことがメインではないので、鼻先に触れるか触れないぐらいのところに拳を”置く”
・置いた拳の手を開きつつ、相手の右手首の下に移動して振りかぶる。
・相手の肘が見えてきたら、左手で肘を相手の耳に向けて押す。右手の力はあまり入れすぎると耳へのベクトルが崩れます。
・ステップインして、更に相手の重心を制御する。ステップインの時に、肘への圧力を保つ
・肘を耳に押付けるときに、相手の重心が片足に乗りきりそうなところまでもっていく。ここで相手の左半身に軸がたちます。
・軸を立てたまま、足の付け根で身体が2つに折れるように倒す。 足先が向いているほうに身体が折れるので相手を倒す向きを考慮する。
右手で引いたり、すると足先に向いているベクトルに邪魔なベクトルが重なるので相手は気持ちよく崩れてくれません。
・相手が崩れてから、右手を帯まで引き、極める。この時は押している肘は鉛直面位置を変えないようにする。
・右足を相手の股下、足先を相手の背骨の延長に向くように差し入れる。重心を延長線に向け移動させつつ、肘を抑えていた手を手刀にし、自分の足の付け根にひきつけることで、相手を後ろ重心にして崩す。
・相手が延長線の前に倒れるように、差し入れた重心も戻しつつ前に倒す。この時も肘は圧しつづけてます。

☆本日のひとこと☆
一か条はまじめにやると奥深いです。未だにバッチリというわけにはいかないので・・・
相手の受けの体質によっても動きが変わるのでこれまた大変。あの人には効くんだけど、あの人にはだめだなど・・・
まだまだです。 多分、言われていることをそのままだけの意味でとらえていると本質がわからなくなるかもしれないです。
なんで”耳の方向に押す”のか・・・これは耳の方向に押すことに意味があるのか、便宜上そう言っているのかを自分なりに考えると
本質にちょっと近づくんじゃないですかね。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2008/01/09 2008始動

1.素振り
【 素振り 】
久しぶりなので、肩が格納しがちでした。少しやってると慣れてきて、やっと昨年に戻った感。

【 合し打ち 】
左前だと剣先が”軽い”らしい・・。 気持ち的にはちゃんと身体を作っているつもりなんです。
これについては、後日考察する。

【 転身 】
相手の太刀を正面で受けて、左転身で袈裟に斬り、相手が下がって斬ってくるところを一歩すすんで正面で受け、右転身で袈裟に斬る を繰り返します。
右転身の時に、袈裟斬りの刃先がむちゃくちゃ乱れます。 ゆっくりやると刃先はきれいに走ります。でも早くできないということは、何か無駄なところが力んでいる証拠です。
それ以外にも、速さと引き換えに何かが雑になってるんだろう、でもまだそれが見えません。

【 三学 一刀両断 斬釘截鉄 】
2007年の復習です。一刀両断では真直ぐ振ることは勿論ですが・・真直ぐ踏み込みも大事だと思ってます。真直ぐ振れても自分で線を外しては勿体無いです。
斬釘截鉄では、剣先を載せたらそのフレームを大事にするので、足で導く感をもたないといけないのかも。

2.合気柔術
【 左肩取 崩し 踵 】
正面で構え、相手が右手で左肩を取りに来るときのシチュエーション。
取られる瞬間に肩を引き左手はガード右手は肘を下にして真直ぐ相手の顔に向けて伸ばす。
ガードの手で相手の右手を取り重心を制御し、相手右側面前にしゃがみ、右手で踵にふれ、相手の右手と踵を結んだラインに対しお辞儀をして崩す。
引っ張りすぎると相手の重心が変わってしまうので、途中までは支えてあげるくらいで・・。

【 左肩取 裏落 】
ガードで右手を取り重心を制御するまで一緒。その後、右腕を相手の腰に入れながら右側面に入り、一歩踏出して落とす。
手の平は上にして腰に入れる。  腰と右手のラインを意識する。

【 左肩取 車倒 】
ガードで右手を取り重心を制御するまで一緒。その後、右手の平を開きながら相手の顔に向け、継ぎ足をして一歩踏出し倒す。
手の平を向けることで相手の重心を踵に意識させる。 実際にはそれだけでは倒れにくいので顔をとらえる。

【 左肩取 車倒 崩し 胸、肩 】
ガードで右手を取り重心を制御するまで一緒。その後、右手の平を開きながら肩を押さえ、肩を後ろに導く。
重心をつま先or外側から踵に移し崩す。相手の右手を引っ張ると重心が変わるので崩れません。
見た目は相手の右手を中心に円周上で肩を押す様に見えますが、相手が崩れた結果円周を回るだけなので、自分で回そうとすると力がぶつかります。
胸でも肩と同じように、崩せます。

☆本日のひとこと☆
遅れましたが、明けましておめでとうございます。本年も小生のぼやき?にお付き合いの程。。
本日記はエクセルで下書きをしているのですが・・・こいつが便利な機能がありまして、予測変換をするんです。
日記を書いていたら、いきなり一行分の予測変換がされました・・・ 
同じ内容を書くってことは、それほど重要か自分ができてない事のどちらかです。。
大抵は後者が多いのでは・・。
同じ技・型でも日々クオリティとレベルを上げていく意識で、今年も良い稽古を心がけると決めた初回でした。