HOME > 稽古日誌 > 稽古日誌2007

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/12/19 稽古納めin2007

1.素振り
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 合し打ち 転身 】
今週もちっと遅れて参加したのでできませんでした。来年は基礎から参加できるようにしたいっす。
でも基礎は一人練習ができるので、人知れずやるべし。 一人でやってできたと思ったことを実際にやるとできてなかったりと・・
この気付くことで自分の実になる気がします。
とりあえず、手打ちせずに足からです。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~3 】
間合を再確認。。 転身3の時に左手はちゃんとガードをしておく。左手で相手の袈裟斬りを捕りにいくと逆に斬られますから。

【 小太刀 対 素手 転身3 側面入身 】
胸をとられるところで、転身3で相手の左に入る。相手の右手を小太刀で切り下げると同時に相手の側面に入り身する。
肩と首が開いていたら自分の左手を射し入れ、崩して側面入身投。
切り下げて入り身した後の左足ニュートラル感は今後のために養っておいて損はなし。

【 小太刀 対 素手 転身3 入身投 裏 】
相手の右手を小太刀で切り下げるところまで同じ、相手の肩と首が開いてない場合は、手を相手の頭に回して自分の右肩に導き
入り身投げをする。 右半身の使い方は途中まで一緒。もしかすると左半身の肘まで一緒かも。

【 小太刀 対 素手 転身3 入身投 表 】
入り身投げ裏と途中まで一緒、相手を右肩に導くときに相手が抵抗した場合、側面に継足しつつ相手の右腕を下から上げて左手を相手の背中に回し右手と背中で袈裟に組み、お辞儀をして投げる。振り回すと力が必要になります。
手を組んだまま投げてそのまま袈裟固めに入れる。相手にとっては三角締めみたくなるのかな。

【 小太刀 対 素手 転身3 小手返し 】
入り身投げ裏と途中まで一緒、首と肩があいてない場合、入り身の手の軌道で相手の右手首を捕り、相手の背中合わせになり右足を真直ぐ引き小手返しをする。相手の手は振り上げたりしないほうが導きやすい。 
小手をひねって倒すことより小手を通じて重心を操作する感じです。

☆本日のひとこと☆
今回で今年の稽古納めです。 最近は途中参加が多くちょっと練習不足なのは否めない。。 基礎練習は土台なのでしっかりしてないと技の質が高まりません。
来年は最初から参加することを目標にします。
皆さんはどんな一年だったでしょうか? 上達しましたか!?  現状維持ですか?? 人それぞれいろいろあったと思いますが
来年も元気に稽古できるように願っています。
皆さん ナイスニューイヤーをうぇるかむです。(ルー語?) 今年一年お付き合いありがとうございました

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/12/12 SP

1.素振り
【 素振り 】
最近になってやっと素直に剣がおりるようになってきた。 まだ下半身の意識が足りず前足と後ろの箙を同時に意識を通すことができてないため箙の張りがちょっと足りない。

【 合し打ち 】
久々にやりましたが、たたっ斬る意識は芽生えてなかったですね~一安心です。
ただ、まだ受けの剣より10cmくらい下まで力が突き抜けてから剣を抑えてる感じかな。

【 転身 】
正面で受けて、左転身で袈裟に斬り、相手が下がって斬ってくるところを一歩すすんで正面で受け、右転身で袈裟に斬る を繰り返す。
急ぐと手だけになりがちです。進みながらやるので足と一緒に手を動かせばいいのですが身体が理解してくれないです。
急がば回れといいつつ回るのは手首だけ・・

【 三学 斬釘截鉄 】
相手の太刀筋をよけてから相手の右手を抑え崩すところがミソです。最初のうちは剣先に乗れることも皮膚が引っかかっている感覚もわかりづらいです。まずは自分の剣に対し真直ぐ引くことを実施しましょ それに合わせて身体が邪魔しないように動くんだぁ。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~3 】
転身1から転身2の時に間合が違うため、急ぎ気味になったり飛んだりしてしまいます。 
詰めるべき間合は刀一本分なので、一歩踏出せば事足りるはずなのに、なーんでこんなに間合がとれんのだろう。

【 小太刀 対 素手 転身3 一か条 】
胸をとられるところで、転身3で相手の左に入る。 素手より小太刀一本分距離があるのでステップインを有効に使いましょう。後は、軸を立てて足の付け根で折るところはいつもと同じ。

【 小太刀 対 素手 転身3 二か条 】
胸をとられるところで、転身3で相手の左に入り右手小指側を下からかけて、小太刀の柄を左手で下からクロスに取る。
そのまま落とすとただ手首が痛いだけなので、小太刀を通して相手の肘までフレームをつくり、肘を操作することで相手を崩す。痛みで倒すと相手に恨まれますよ~

【 小太刀 対 素手 転身3 三か条 】
胸をとられるところで、転身3で相手の左に入り右手小指側を下からかけて、脇をあけて相手の手を自分の右側に導き、小太刀の柄を左手で下からクロスに取る。
そのまま今度は左の脇をあけることで相手の肩を通して重心を崩し倒す。このとき相手の肩甲骨を動かすようにする。
やりがちな手首攻めをやってしまうと身体軸が動くだけで重心は崩れません。手首を真直ぐに保つとフレーム化しやすく肩甲骨を動かしやすいかな・

☆本日のひとこと☆
最近ハマっているTVドラマがあります。土曜の23時にフジ系列でやっている”SP 警視庁警備部警護課第4係”です。
深夜帯?なので若干チープな部分がありますがそれもまた『味』になってていい感じです。 何もよりも殺陣がいいんです。
見せすぎる動きではなく、そこそこリアルなところがいいんです。 
あと誰かを護るってところがいい、この《護る》ってことは合気柔術の精神に通ずるものがあるし。
面白そうなので、エキストラ募集に応募しちゃいましたっ もしかするとどこかで白帯っ子が映るかもしれません。
皆さんも一度SPを見てみてください。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/12/05 武道優等生

1.素振り
【 素振り 】
【 合し打ち 】
今週もちっと遅れて参加したので基礎練習を最近できてない・・、いや~不安になりますよちゃんと真直ぐ振れてるかどうか・・

【 三学 斬釘截鉄 】
新しい型です。 相手の太刀をよけて、右手を抑える。その後自分の太刀筋に真直ぐ引く
体をひねってから腕をつかったり腕で強引に相手をひっぱろうとしない。相手の皮膚に引っ掛けるくらいのイメージ?
素振りでやっている、剣先に乗ることができないと・・相手を導けません。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~3 】
最近ちょっと小太刀を使った間合いがなんとなーくわかってきた。と思いきや転身2で肘を斬られた・・修行が足りんすな~♪

【 小太刀 対 素手 転身2 一か条 】
胸をとられるところで、転身2で相手の右に入る。つかもうとしているので肩が出た状態になっています
そのまま、小太刀を持っている手で相手の右手首を軽くつまみ、左手を相手の上腕に宛て軽く一歩踏出す
変にこねくりまわさないことが重要みたいだ。

【 小太刀 対 素手 転身2 側面入身 】
一か条と相手の右手首をつまむまで同じ。左手を相手の前に入れ、手の平を相手の胸上部に宛て自分の肘を真下に落とす。
力でやろうとすると、相手と接触している前腕部に力が入り、技がかかりません。 転身して入身の段階で相手の体は崩れていることを認識する。

【 小太刀 対 素手 転身2 肘返 】
胸をとられるところで、転身2で相手の右に入る。剣術の斬釘截鉄のように腕なりに前方に崩し相手の肩を縦回りにし倒す。
相手の崩れた感じや、重心の操作をちゃんと見ないとただ相手の腕を振り回しているだけになっちゃいます。
きちんと技がかかれば、相手は”マトリックス風”に倒れてくれます。

☆本日のひとこと☆
基本や基礎は正直つまらないです。でもそれはまさしくベースとなって自分の技の糧となることをまざまざと感じます。
特にちょっと下半身がぶれたり軸が少しずれたりしたときは、「あっ体が流れてる・・」と思いながら基礎の重要さを再認識します。
ちょっと優等生みたいな言い方になっちまった。。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/11/28 いつでもニュートラル

1.素振り
【 素振り 】
素振りが故に、上半身に意識がいきがちですが、下半身をつくることも重要な副作用となってます。
下半身がつくれないと、技も中途半端になったりぐらついてしまいます。

【 合し打ち 】
合し打ちのように目標物ができてしまうと、意識的に振る⇒たたっ斬るにかわるんですよね~
その瞬間に、今ままで頑張った素振りが無に帰します。。せっかくの苦労を無にしないようにちゃんと振ることにしましょ。

【 三学 一刀両断 】
この型は一番最初にやるからかもしれませんが、かなり深いです。。
車に構えるところで、自分の軸や重心を意識できるし、振りかぶる時に相手との間合を意識できます。
相手に囚われず真直ぐ振る練習、 一の太刀だけで少なくともこの要素を技の中で磨くことができます。。・・・まだまだ磨けてませんけどね。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~3 】
型練習の陥るワナですが、次の動作ありきで、現動作をしてしまうことです。 
転身1で脇腹を突いたあとに、センターに戻ることだけを考えると突いた時にニュートラルにならず、その瞬間から戻ろうとする重心になってます。
型の中にも各所作を大事にしましょう

【 小太刀 対 素手 転身1-右転身 合気投 】
まず、胸や襟をとろうとするところを転身1でかわす、その後相手があきらめず左手を掴んできたシチュエーション。
もたれたら、手の平を上にし重心を左肘の方向に移動させて、崩し投げる。 ふかわりょうのギャグ風な動きです!?
脇があくと手力になりやすいので、手を自分の体幹につける。 

【 小太刀 対 素手 転身1-右転身 肩受+当身 】
転身1の後、左手を掴まれるのを右転身でかわすが、ちょっと相手に接近してしまい、相手に左手で打撃等を受けそうなときのシチュエーション
相手が攻撃してきたら、右腕を伸ばしたまま自分の耳に肩をつけて、攻撃を受け、左手で相手の顔面に当身を入れる。
ちょっと重心をさげるとやりやすいです。

【 小太刀 対 素手 転身1-右転身 回転投  】
転身1の後、左手を掴まれるのを右転身でかわし、左手をすいつけた時のシチュエーション
そのまま左手を上げ、相手の頭が若干下がったところで、相手のこめかみと耳の間に小太刀を当て切崩し投げる。

【 小太刀 対 素手 転身1-右転身 回転投+固め1  】
回転投げで切り崩し過ぎて、相手の手が地についた時のシチュエーション
相手の右手を極めたまま、相手の左手を踏んでその足を支点に転身をする。 相手の体が動かないように小太刀で脇腹を抑え重心をさげて固める。
相手は、横になってパロスペシャルをかけられた感じになります。

【 小太刀 対 素手 転身1-右転身 回転投+固め2  】
同じく切崩しすぎた時に、相手の右手を極めたまま、相手の左手を踏んだ右足に左足の踵をつける要領で頭を膝で挟む。
膝を伸ばし頭をしめた後に、膝下に頭を落とす。そのまま重心を下げ、相手の右手を自分の後ろに倒す。
バランスを上手くとらないと転びます。 相手をつかってバランスをとりましょ。

☆本日のひとこと☆
型稽古の弊害として、その動作を一連として処理してしまうことがあります。これはこれでいいのですが、応用がまったく利かないモノになります。
各動作の刹那の中にも相手の反応によって、動作を変えるニュートラルな感覚をもって型稽古にあたりましょう。
これをやると、自分が思いのほか次の動作を含めた動きをしていることに気付き悲しくなります・・

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/11/21 Aiki syndrome

1.素振り
【 素振り 】
【 合し打ち 】
【 三学 一刀両断 】

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~3 】
【 小太刀 対 素手 転身1 背負投 】
【 小太刀 対 素手 転身1 崩し 前後 】

☆本日のひとこと☆
またやってしまった・・・ まったく稽古に参加できなかった。。 やっぱ水曜日は全国的にノー残業dayに制定してほしいなぁ・・
ってことで今日は、ちょっと長めのひとことです。

合気道などをやっていると、多かれ少なかれ、かかる病があります。 合気道症候群です。
初期症状としては
・大きめな鏡の前でちょっと転身や構えを確認してしまう
・自分の手首を握ってちょっと技をイメージしてしまう
・身近な人を勝手に練習台にしてしまう
などです。 もうちょっと病んでくると、人ごみを華麗によけたり、人の手を掴むときに、二カ条、小手返しなどの持ち方になっているなど の症状がでます。

私も類に漏れず、症状がでております。 しかし、この前の練習後の帰り道で末期症状か?と思うような出来事がありました。

練習の帰りに、運良く座れた電車にゆらり揺られてれて、いつの間にやら満員になってました。
ちょうど私の前は、飲んできた帰りのサラリーマンさんと、学校かバイト帰りの学生(娘)さんでした。
私は、ひっそりとその日練習した内容を復習するために、眼を閉じてイメージトレーニングをしていました。
ちょっとしてからです。 なにやらムズムズするのです。何か衝動にかられるような何なのかわかりませんでした。
閉じていた眼を開いて周りをみても先ほどと特に変わりはありません。
また眼を閉じてイメージングに入ろうとしたところで、またムズムズするのです。
何だろう・・と、前のサラリーマンをみても陽気につり革にぶら下がってるだけで、隣の学生(娘)は右手はつり革、左手は携帯と
どこでもある風景でした。 それでもこのムズムズ感に襲われながらよーく考えてみました。。

ん!? 待てよ・・このサラリーマンのつり革にぶら下っている姿・・そうこれは、正面打ちの形なのです!!
しかも、このサラリーマンは気持ちよさそうにブラブラしているのでたまに、モロ間合(射程距離)に入ってくるのです・・無防備に。。
やっとわかったのです。 私はこのサラリーマンが一瞬間合に入るたびに一か条を掛けたくなっていたのです・・ まさに病気です。
いや~ちょうど良い間合だったんすよ・・。 更に隣の学生(娘)も同じく正面打ちでこっちに向いている・・これは多人数がけかっ!
そんで、また悪いことにこの二人は正面打ちを私に仕掛けているわりに、無防備なのでこっちもッツッコミたくてしょうがなくなるのです・・
困ったですね~、初めてですね あの感覚は。。  でもまだ大丈夫です、無意識には動きませんでしたから・・

皆さんも一生懸命になるのはいいですが、ほどほどにしましょう。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/11/14 原点は護身。

1.素振り
【 素振り 】
箙をはることも重要なポイントの一つです。膝裏を押されても膝がまがらないほど張りを作ります。
この張りは、膝を伸ばすだけではなく、臀と踵もうまく使う必要があります。

【 合し打ち 】
ミートの瞬間に手元を絞ってみる。実際に木刀を斬る練習をしていると茶巾絞りをしないと自分の木刀がはねます。
これを抑えるために、手元、肩、胸、腹、背中、臀、膝、踵と意識を流すように 身体を使います。

【 三学 一刀両断 】
剣の型です。半身から正面に向いて振りかぶったら真直ぐに斬ります。相手が下がったところで右前方に踏出し再び振りかぶり袈裟に斬ります。
いや斬るより相手を抑える感じです。空間的というか視野的というか・・・

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~3 】
転身1と2では間合が違うため、センターに戻るまでの距離が違います。そのため転身1の時から戻るときは戻り過ぎず、転身2の時から戻るときはしっかり戻る。
転身3は後ろにさがったり、後ろ重心にならないように軸の意識と、腹筋の意識を大事にしましょ。

【 小太刀 対 太刀 転身3 一か条 裏】
転身3の後、小太刀を相手の両手下からかけ、真上に振り上げる。相手に向かい左手で相手の右肘を耳につける。
自分の左足を相手の右踵まで入り身し転身しながら、相手と平行になった時点でお辞儀をする。
転身の軸を自分の中心に設定したり、軸がながれると相手に何の作用もおきません。

【 小太刀 対 太刀 転身3 四方投げ 表】
転身3の後、左手で相手の両手を下げ小太刀を相手の前腕中央あたりに当て、自分を斬らないように太刀を導き四方投げをする。

【 小太刀 対 太刀 転身3 四方投げ 裏】
転身3の後、左手で相手の両手を下げ小太刀を相手の前腕中央から肘に行く盛りあがり部分に当て、一度相手の中心で両手を抑える
相手の右側に入り身し転換するときに、自分を斬らないように導き四方投げをする。

☆本日のひとこと☆
小太刀って現代ではまったくリアルじゃないですよね。。でも小太刀とおもわず、折畳み傘とか、R25を丸めた状態、スポーツ新聞を丸めた状態のモノと思うといいんでないか!? 
雑誌を丸めて突かれると結構堅くて痛いのに気付きます。・。  

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/11/7 真剣試し斬り

1.素振り
【 素振り 】
肩を出しつづけること自体は難しいことではないですが、出して動かし続けることが難しいんです。
イメージ的には、腕の始まりを肩ではなく、肩甲骨(背中)として動かすので、通常の腕のイメージとは稼動の中心点が違うことを認識して動かせるかが問題です。

【 合し打ち 】
仕手は雷刀から受けの水平に構えている木刀を斬るだけです。
最初は打つ楽しみがあればOK?慣れてきたら素振りで気をつけていることを実戦してみる。

【 正面受 】
受けの正面打ちを受けてから、打ちます。正面打ちを受けるときは、必ず一歩踏み込んで頭より上で受けましょう。
受けるときもはじめのうちは、肩を出して箙をはって受けてみましょ。できればミートの瞬間だけはります。

【 左転身 】
正面で受けて、左転身で袈裟に斬ります。 転身の動きで袈裟に斬ります。手打ちになると刃が水平に移動してしまうので最初は転身に手をつけてやる意識です。
また、正面打ちと袈裟では若干間合がかわるので注意です。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~3 】
転身1の時は肘を伸ばした状態で脇に触れるぐらいの間合。
転身2は入身投げにいけるぐらいの間合
転身3は首筋に小太刀を当てて肘が曲がらない、左手は相手の両手に触れる程度の間合。

【 小太刀 対 素手 転身1 崩踵 】
相手が胸を掴んでくるのを、転身1のでかわし、左手で手を捕り、相手の右足前にしゃがみ、小太刀の柄を踵に当て崩す。
捕った手を引っ張るのではなく、お辞儀をしながら手を広げる感じ、イメージ的にはバタフライの腕かな?
踵の柄は足を移動させない程度に抑えているだけです。

【 小太刀 対 素手 転身1 崩肩 】
相手が胸を掴んでくるのを、転身1でかわし、左手で手を捕り、小太刀を右肩に沿ってあてて相手とつながり、フレームを作る。
相手の右側に一歩踏み込み崩します。蝶番ポイントは腰かな!?

【 素手 対 素手 転身1 車倒 】
相手が胸を掴んでくるのを、転身1でかわし、左手で手を捕り、右手を肩にてあてて相手とつながり、フレームを作る。
相手の右側に一歩踏み込み崩し、倒す。 見た目は相手を回している感じですが、相手の倒れ方の結果回っているので、故意に回して倒さない。

【 素手 対 素手 転身1 車倒 】
相手が胸を掴んでくるのを、転身1でかわし、左手で手を捕り、入身し相手の腰から尻、ふくらはぎにかけてさするようにお辞儀をして落とす。
触れている右肩でなんとか倒そうと堅くなってはいけません。

☆本日のひとこと☆
今までの素振りの効果を試す?ため、先日とある所で真剣による試し斬りをしてまいりました。
刀匠さんのご好意で売り物ではない真剣を貸していただき、畳表を丸めたものを斬ります。
結果は・・・ 斬れました!  
ただ・・ばっさり斬るためにはかなり間合が近くないとだめなんです。
とりあえず、刀が刃に対して真直ぐ、そしてミートの瞬間にしぼることができていることだけは、確認できました。
これからも精進ぢゃ

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/10/31 つなげるフレーム

1.素振り
【 素振り 】
この会での素振りは2通りの意味があるらしい。。1つは当然「刀を振るための素振り」もう一つは「ストレッチと身体の使い方の素振り」です。
なので、最初は肩甲骨がぐわっと動くように素振りをします。これで肩甲骨のストレッチと肩を出し続ける身体の使い方を体得します。

【 正面受2 】
中段構えの剣先を斬って真直ぐ振る練習です。
斬るといってもガチガチにならないように。 剣先を斬ることに熱中して足腰を忘れてはいけません。
剣先を斬る瞬間に箙をはること、絞ること胸と背中を使うことができてこそです。

【 剣先に乗る 】
曲芸ではありません。。。剣先に体を乗せることです・・字で書くと変ですが箙を張って胸と背中を使って剣先まで力が伝わるようにします。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~2 】
転身1では小太刀を刺すことに囚われて左肩を残さないように半身をきりましょ。
転身2ではピポッドのようにしないで、どちらかというと直線的に転身をする?

【 小太刀 対 太刀 転身3 】
最初の左足をだすところが重要です。この角度と位置が悪いと相手の首筋を捕らえれません。

【 小太刀 対 太刀 転身3 崩し 】
転身3の後、小太刀を首筋?襟に沿って?あてて相手とつながり、へそを相手に向けて崩す。
太刀を抑えている手で押さないようにしましょ。メインは小太刀で相手とつながること。

【 小太刀 対 太刀 転身3 切り倒し 】
転身3の後、小太刀を首筋?襟に沿って?あてて相手とつながり、左手で小太刀の剣先に手を添える
これで相手とつながり(ここの会ではフレームというらしい)そのフレームを崩さないように転換し切り倒す。
顔から動かそうとするとフレームが崩れるので足から動きましょう。

【 小太刀 対 太刀 転身3 車倒 】
切り倒しの応用で、正面打ちor突きor横面打ちの時に、自分と相手の手でつくったフレームを崩さないように倒す。
これをどちらかの手を引いたりフレームが崩れると相手がパタっと倒れてくれません。

☆本日のひとこと☆
剣先に乗るのもそうですが、フレームを意識するのは重要です。フレームによって相手とつながることができますし、こちらの動きを伝えることができます。
最初は肩があがったり肘が動いたり、どちらかの手で引っ張る力をだしてしまったりと、なかなかフレームを作りきることができません。
最初はできないのです!徐々につくれるようにしましょ。 しゃー!

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/10/24 It's automatic

1.素振り
【 素振り 】
真直ぐ振ることは、重要ですが大変なことです。木刀で振っているとわかりにくいですが、本来真剣の場合斬れる刃の部分は凄く狭い?細いです。この細く狭い刃が振り始めで加速してぶるったり、絞るところでまたぶるってしまいます・・・
そうならないように、力まない所作ができることを心がけます。

【 正面受2 】
中段構えの剣先を斬って真直ぐ振る練習です。
剣先が当たることが良いことではなく、剣先に当たらないことが悪いことでもなく、真直ぐ振れることが重要です。
相手がいないときは、鏡の前で自分の鼻を切る練習をしましょう。

【 右転身 】
相手が打ってくるのを、一歩踏み出し剣を頭より高い位置で水平にして受け、相手が下がるところを右転身をして、相手の首筋を袈裟に斬る。
受けるときは、頭より高い位置でないと頭が斬られます。練習とはいえ、首筋を袈裟に切る間合をつかみましょう。
また、袈裟の場合は刃筋も気にしましょ、角度が悪いと斬れずに叩くだけになりますよ~

【 三学 一刀両断 】
剣術の型です・・。
ちゃんとした半身ってのは大変です。身体は直線にする・・でも顔は相手に向ける・・苦しいぃ。
私だけかもしれないが、前足の膝が内に入ってしまう・・股関節が堅いのか膝の関節がおかしいのか・・わらかんだす。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1~2 】
転身1での小太刀は、相手の脇に触る程度にしましょ。相手を刺すことがメインではないので・・あっでも触れる位置にはいましょう。
半身に戻った時には、小太刀を握り過ぎて殺気をださないように。
転身2は肘の軌道を意識して、相手に斬られないようにしましょ。

【 小太刀 対 太刀 転身2 入身 裏 】
転身2の後、小太刀の柄を相手の両手の間にいれ、入身して相手の頭を肩口に寄せ、肩をあげて体を崩し自分の体の向きを変えて投げる。
小太刀の刃先は相手の顔面を意識する・・ でも危ないので練習中は注意しましょ。
自分の体の向きを変えるときに、相手にかぶさらないようにしたほうがいいかも。

【 小太刀 対 太刀 転身2 小手返し 】
転身2の後、相手の手首を切る所作で、左手で手首を掴み左足を相手のつま先にポジショニングし、相手と背中合わせになったあと、左足を真直ぐ引く。身体が相手に向くときに、相手の肘が顔より上なら胸や顔を、顔より下なら前腕部に刃をあて前進し崩す。

☆本日のひとこと☆
小手返し・・久しぶりのこの響き。さて何ヶ月ぶりでしょうか?  小手返しは比較的オートマティックに動作ができます。
素手の場合は当身を顔面に入れます。(実際は入れませんが・・)この動作モードをオートマにやりますと・・・
そうです!小太刀が相手に当たってしまいます。ちょうど太刀を持った両手があるので・・自然に斬ってました・・
悪いな~と思いながらも「おっ自然に動いてるっ」とちょっと嬉しい気持ちもあったりして。。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/10/17 わかっちゃいるけど変えられない

1.素振り
【 素振り 】
鏡を見ながらやると自分のイケてない感じがまじまじとわかります。
胸を使うことを意識すると姿勢が反るので腹筋を使う、腹筋を使うと背が曲がるので背中の意識を使う。
どれか一つでもできれば良いわけではなく、どれか一つでも擢んでてれば良いわけでもない。
バランスがとれていることが重要なんですかね

【 三学 一刀両断 】
剣術の型らしい・・・
普通の構えから車に構える。車に構えたところから振りかぶり、真直ぐ振りおろすのですが・・頭が前後して間合がずれないように。

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1 】
太刀を意識して首を傾けて頭から動いてしてはいけまセン。また勢い良く足を出しすぎると、その慣性を制御できず後ろ体重になりますよ
アンカーとなる軸を意識して、慣性を転身力にかえましょう。

【 小太刀 対 太刀 転身2 】
転身1の後戻り右構えになる。半身をちゃんとつくって手は力みすぎない。
転身2は1と比べ間合が大分かわるので、入身投げに行くぐらいの気持ちで 間合をとる。

【 小太刀 対 太刀 転身2 肘返 】
転身2の後、小太刀の柄を相手の両手の間にいれ、左手を腕の下から入れて手の平を返すことで投げる。
柄の感覚を意識していないと投げた後に相手の太刀が外れて反撃されます・・

【 小太刀 対 太刀 転身2 一か条(右手)】
転身2の後、柄を相手の両手にかけ、左手で相手の右肘を抑える。
この力学的構造を変えないように90度転回する。 肘を何とかしてやろうとか、腕をひぱるなどの意識は捨てましょう

☆本日のひとこと☆
前回は、”真剣”にやろう!と言いました。。 これがねぇ真剣にやりますと・・横によけることはできても前に転身することができないんだよな~。ちょっと当たったら切れちゃうんですよ・・本当なら。。
間合の感覚は何となくわかりますが、【恐怖心】と【身体が思うように動かない】のが相乗効果で、転身が相手の攻撃をよけるだけの本末転倒なものになってしまっとる。・。
転身はよけるだけではなく、相手を抑えれる状況にできるところまで行かないと

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/10/10 ♪回るー回るーよ目が回る。

1.素振り
【 素振り 】
足の位置と角度、箙をはる、歩き方、素直に真直ぐ振ること、胸を使うこと、背中をつかうとこ。
を気にするとなぜか身体が硬くなっています。。。柔らかくしようと心がけると、どれか忘れます・・

【 正面受 】
上手い人の手本を見ていると、速さや音に混乱してしまい、そこだけにフォーカスしてしまい、速くするため力をいれ、いい音を鳴らすために思いっきり打つことに・・・ならないように。

2.合気柔術
【 受身 】
でんぐり返し、膝を着いて前回り受身・・・久しぶりにやると目が回ります・・・うぇっぷ

【 小太刀 対 太刀 転身1 投げ 】
転身1の後、入身して左手で柄を捕り、膝をぬいて座ることで投げる。
相手の中心線上からはずれましょう。 あと、あくまで座るだけ、引っ張ると座れなくり、投げれません。

【 小太刀 対 太刀 転身1 肘返裏 】
転身1の後、入身して左手で柄を捕り、相手が刀を返し自分を切ってくるのに合わせて転換し、肘にふれたらおじぎをする。
肘に触れた後、自分の軸の回転で無理に投げようとせずに、おじぎに徹する。
体勢がくずれているので、軽くおじぎでOK。

【 小太刀 対 太刀 転身1 側面入身 低め】
転身1の後、入身して太刀の下から右肘を相手のみぞおちに当てて、ふれたまま膝を抜いて崩す。
たまたま、みぞおちに"入った”場合は当身としてはGoodですが、それが主旨ではないのであくまでふれる程度にしましょ。

☆本日のひとこと☆
小太刀は、素手に比べて間合があるので実戦では有利ですが・・・、意識して動かないと入身の時とかに自分を少し切っていることがあります・・
もし、真剣だったら・・・今日は脇腹2ヶ所、左前腕1ヶ所、右太腿2ヶ所ほど自滅してました。。。
まさに”真剣”に練習しましょー 

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/10/03 秋の創めに

1.素振り
【 素振り 】
今日は新人さんと体験さんがいらしたので、バリバリの基礎です。
足の位置と角度、箙をはる、歩き方、素直に真直ぐ振ること、胸を使うこと、背中をつかうとこ。
初めての人の一所懸命やるところを見ると自分もちゃんとできているか!?と我を振り返える、いい刺激です。

【 正面受 】
最初から構えられていると、木刀を意識してちょっと力みます。しかし、構えてないと「やばっ当たっちゃうよ」と思いちゃんと振れません。
何とも本能とは、我が儘なもので・・

【 正面受2 】
はじめて、受け側をやりました・・。相手が剣先に当ててくれないと「あれ?真直ぐ構えてなかったかな?」などと心が乱れます。
しかも、後ろに下がりながら間合をとるのは難しいっすね~。 へんに間合をとろうとするとちょっとスキップ気味な感じになってまう・・

2.合気柔術
【 小太刀 対 太刀 転身1 】
杖よりは近く、素手よりは遠く・・そんな間合です。小太刀は相手の脇腹に刃は水平。 決して一突きしてやろうと思わずに皮一枚程度。

【 小太刀 対 太刀 転身1 一か条(左手)】
転身1の後、入身して太刀をとり小太刀で相手の肘上を制して一か条にする。
太刀を握り過ぎず、自分の肘を曲げず、足を止めず、これを守らないと上半身のマッスルパワーになります。
肘を制する場合は、上腕が回らないように意識しましょ。

【 小太刀 対 太刀 転身1 肘返 】
転身1の後、入身して右手を相手の手の下に入れて、一歩進み手を返し投げる。
小太刀を持っているので手を入れにくいですけど。  投げるといっても、その意識はまったくないですよ。

【 小太刀 対 太刀 転身1 側面入身 】
転身1の後、入身して右肘を相手の胸に当てて、胸にふれたまま手を90度上げ膝を抜いて崩す。
相手の重心を操るだけなので、肘で相手を押したりぐりぐりやらない。 膝は”ッカクン”となる感じでOKっす。

【 小太刀 対 太刀 転身1 一か条(右手)】
小太刀を持っている分、相手の耳に当てるなどの意識をしづらいですけど、やっていることは同じです。
ただ、小太刀をもっている手は使いづらいので肘をもつ左手をちょっと器用に使う必要があります。

☆本日のひとこと☆
今日は、開講依頼の人数でした・・・と言っても6人ですけど。  いや~困りました。。  新歓と忘年会の場所どーしよかな
駅近には飲み屋が少ないんですよ~・・最終手段はバーミ○ンかな・・アルコールもでるし・・
さて気を取り直して、オータムクール突入。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/09/26 夏の終

1.素振り
【 素振り 】
3振りに一回自分の動きを見直してみる。ちゃんと最後まで肩を出し続けている意識があるか、胸を使っている意識があるか
腹と背中の意識があるか、箙ははってるか、かかとの意識はどうだ・・、力んでないか?
自分の動作モードになるにはかなりの時間がかかる。それまでは意識して使うこと。まだまだ無意識にはできないよ~

【 正面受 】
間合を気にしつつ、でも間はあけずにリズムよく・・・やりたいね~。
目標物(相手の刀)をにらみ叩き打つってのは一番よくないかな。。。 間はあいてしまうし、何より力んでしまう。

【 正面受2 】
中段構えの剣先を斬って真直ぐ振る練習です。
自分の手、刀の長さは変わらないので、その距離感をイメージして自分の中心線上を真直ぐに何も考えずに振れれば、相手を捕らえられる・・とは思ってます。

【 左転身 】
袈裟斬りは斜めに剣を振ってはだめだよ~ 転身の動きで 斜めになるんです。。
これを気にしながらしていると、剣先にまったく乗れなくなってしまった。。  
あと距離感がまだまだ。。。首筋じゃなくてあごに当りそう。。

2.合気柔術
【 杖捌 構え~転身1~右半身~転身2~左半身~転身3 】
転身1の時に、後重心は注意。背中で杖を支持し、半身になっていると、胸が少しそるため頭も後ろになり後重心に自然となってしまう環境があります。
転身2は転身に一生懸命になると肩と肘が先に上がって後から杖が付いてくる感じになってしまいます。 肘と肩を斬られますよ~
転身3で首筋を狙いますが、太刀をつけた場合は太刀も制する間合も気にしてみましょ

【 杖 対 太刀 転身3 崩し(順) 】
首筋に杖を付け、上半身のフレームを作り、自分のへそを相手に向けてすすむ。
自分と相手のへそを繋ぐ棒を押すイメージだと、上半身の筋肉を使わないでできるかな♪

【 杖 対 太刀 転身3 崩し(逆) 】
順よりちょっと間合が遠い時。相手の袈裟を打ち流し、入身して相手の両手に杖を付け、崩します。
いきなり押すと崩れません。ちょっと皮膚をさすってあげると取っ掛かりができます。

【 杖 対 太刀 転身1 転身-膝打 】
転身1の時に相手の左ではなく、中心を越えて右に入身して、膝を打つ。 入身や半身が不十分だと尻や踵を斬られます
杖を身体につけて自分の膝をかるく曲げると、相手の膝を崩せます。

【 杖 対 太刀 転身2 転身-斬心 】
転身2の時に相手の右ではなく、中心を越えて左に入身して、目間を攻めて斬心
相手に対して自分の角度を考えましょう。

☆本日のひとこと☆
本日で夏の1クールが終わりました。
まー当初に比べて杖を持っても少し動けるようになりました。と思います。
杖を持つと間合は遠くなりますが、これが有利になるかといえば必ずしもとは言えません。
何より動きにくい。杖と素手、やっている身体の動きは殆ど一緒ですが、物があるとないとではえらい違いです。
物ごときに心を囚われないようにしないとね。 動きは一緒、ただ手がちょっと長くなったと思えばいいのです。
って思えませんけどね、まだまだです。 さーて秋の1クールに突入~

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/09/19 怪我に気をつけよう。

1.素振り
【 素振り 】
上半身の力みをなくそうとすると、スタンスが狭くなり、スタンスを広くすると上半身が力み気味に・・
スタンスを広くしても下半身の力みがなければ、上半身も楽になるんだけどな~

【 正面受 】
あまり力まずできた感じ。。でも間合をちょっと変えながらやられると、足がおぼつかなくなる。
その都度間合を確認すべし。

【 正面受2 】
中段構えの剣先を斬って真直ぐ振る練習です。
今日は何回かジャストミートがありました。 木槌でかつーんとする感じ、、たまりません。
真直ぐ振れるようになったら今度は刃の意識も付け加えましょう。

2.合気柔術
【 杖捌 構え~転身1~右半身~転身2~左半身~転身3 】
転身1の時に、楽をせずに膝は相手にむけましょう。股関節が厳しいですが、それがゆくゆく重要になってくるはず!?
転身2は肘や肩を切られないように意識してやりましょう。
転身3で首筋を狙いますが、叩くとか打撃的イメージより、触れて抑えるイメージですかね。

【 杖 対 太刀 転身2 右脾突き放し 】
自分の左肘を杖に添えて、体の移動・・重心の移動・・軸の移動・・とにかく手で押さないこと。

【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 目間攻 】
突き放しのあと中心にもどりつつ、目間攻で相手を空間的に抑制する。

【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 右逆手打 】
目間攻のあと、半身を変えないで相手の左手を打つ。 といっても抑える感じでやると後につなげられます。

【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 右逆手打 後ろ崩し 】
右逆手打で相手の手をとり、入身転換したあと、太刀の手と手の間に杖をいれて、
体を開きつつ杖を縦円に捌き、杖を地面に突き立てるようにして相手を崩す。

【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 右逆手打 繰りつけ  】
後ろ崩しの途中で、軌道をかえて相手の手が十字になるように杖で押さえる。
軌道をかえるのが遅いと繰りつけにくくなります。相手の腕・肩の状態に合わせて軌道をつくる。

【 杖 対 太刀 転身2 右肘突き放し 】
転身2の後、相手が刀を返して自分を切ろうとするのを相手右肘を杖で突き放すように抑える。

【 杖 対 太刀 転身2 右肘突き放し 打落し 】
突き放しの後、杖を左に垂直に構え、太刀を打落す。
打落すときに杖が円を描きすぎると、太刀が自分の足元に飛んでくる可能性があるので、真下に打落す。

【 杖 対 太刀 転身2 右肘突き放し 打落し 投げ 表裏 】
表は、打落し、崩れたところを入身転身して、太刀の手と手の間に杖を入れて、投げる。 
裏は、打落し、崩れたところを入身して太刀の手と手の間に杖を入れ、相手の左側に更に入身して投げる。
投げると言っても、真下の降ろす感じ。 変に投げようとしたり、受身をとらせようと杖を回すと相手が固まり投げにくくなります。

☆本日のひとこと☆
常に、自分のスキをつかれる意識をもっているといい稽古ができます。
そうすることにより、相手との間合や、目付など一つ上の稽古になるらしい。。
ただ、その感覚をつづけていると無意識に攻撃してしまうので要注意。
練習の時にたまたま良い所を抑えられたので、何となく嫌だな~と思った瞬間には、杖先を叩き落としていました   相手に怪我がなくてよかったです・・反省

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/09/12 欠席です・・

1.素振り
【 素振り 】
【 正面受 】
【 正面受2 】

2.合気柔術
【 杖捌 構え~転身1~右半身~転身2~左半身~転身3 】
【 杖 対 太刀 転身1 左脾腹打 】
【 杖 対 太刀 左膝裏打 】
【 杖 対 太刀 左膝裏打 右逆手突 】
【 杖 対 太刀 左膝裏打 右構 】
【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 】
【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 目間攻 】
【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 右逆手打 】
【 杖 対 太刀 転身2 右脾腹突き放し 投げ前 】

☆本日のひとこと☆
丸々参加できなんだ・・、流石に技の名前だけでは想像しづらいな・・
でも、技の名前や、想像で、自分で技を組み立てるという経験も重要です。
教わるのは、口頭、書面、2次元画、3次元画(実演武)の組み合わせか、どれか一つです。
その瞬間だけでは、技の構成・認識をすぐにできる人は少ないでしょう。
そのため常に想像や推測をしながら技の練習をします。
闇雲にやるのは大変です。そこで、技をオプションとコアに分けて考えるのも1手です。
ガンダムで例えると、、
砂場など足場が悪いときは、キャタピラタイプのガンタンクでしょう。
ちょっと遠めからの戦いならガンキャノンでしょう。
スピード重視ならコアブースター、Gアーマーでしょ
アムロならガンダムでしょ。。
といったように、周りの環境下においてオプションをかえる、しかしコアの部分は変わらない
杖を持っても、太刀をもっても、素手においても転身は転身。
とすれば、重要視すべきことが何となく見えてこないですかね??

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/09/05 曖昧間合

1.素振り
【 素振り 】
土台をあらためて確認するために、ちょっとワイドスタンスで素振。
何気に、しかも微妙にぐらついたりして・・

【 正面受 】
前回は、久しぶりで力んでしまったので・・、今回は力まないように胸・腹・肩の動きをちぇっく。

2.合気柔術
【 杖捌 構え~転身1~右半身~転身2~左半身~転身3 】
転身1の時に、半身ができてないと背中で支持できません。 これに気付かないと手の平と脇腹で無理やり押さえ込もうとしてしまいます。
この状態だと、腹打や次の動作に移行しにくいです。
転身2は太刀を相手につけるといいです。速攻で肩を切られちゃうよーん。 自分が打ち太刀をやると相手のスキが良く見えます。
かといって、上手く動けるのはまた別問題

【 杖 対 太刀 転身1 左脾腹打 】
杖捌を相手に太刀をつけて、転身1の練習。 腹をついたあとに、肘を開放して片手・両手で腹打
開放した後の肘の使い方も重要です。

【 杖 対 太刀 左膝裏打 】
左脾腹を打ったあと、左手を杖の端をもち右足を杖の半分ほどを入身し、転換して膝裏を打つ。
継足をすると体の力がなくなってしまいます。一歩を大事にしましょ。

【 杖 対 太刀 左膝裏打 投げ 】
左膝裏をうつ勢いで入身転換したあと、太刀の手と手の間に杖をいれて、前にお辞儀をして投げる。
いつものことですが、投げようとは思わず地面をさわりに行く位のイメージです。

【 杖 対 太刀 左膝裏打 後ろ崩し 】
左膝裏をうつ勢いで入身転換したあと、太刀の手と手の間に杖をいれて、
体を開きつつ杖を縦円に捌き、杖を地面に突き立てるようにして相手を崩す。
円をショートカットすると相手の肩に止められちゃうので注意。

【 杖 対 太刀 左膝裏打 繰りつけ  】
左膝裏をうつ勢いで入身転換したあと、太刀の手と手の間に杖をいれて、
後ろ崩しの途中で、軌道をかえて相手の手が十字になるように杖で押さえる。
手は二か条のように痛い・・相手に対して真直ぐに杖を押さえないと相手が回転してしまい技がかかりません。

☆本日のひとこと☆
打ち太刀をやると間合感覚や、スキの見え方がわかる感じです。まだそのネタをフィードバックできませんが・・
これが、立場がかわるとやることだけで精一杯で感覚を忘却してしまうんですよね・・

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/08/29 動作モードチェンジ

1.素振り
【 素振り 】
久々の素振っ。 しかーーし、まだまだ各動作が雑なことをあらためて痛感。
まだオートマティックに動作ができているわけではないようだ・・やはり基本を忠実に再度確認。

【 正面受 】
これまた久々に。。 久しぶりなので思いっきり斬ろうと振ってしまった・・・。
斬ろうと思ってはいけないのは2ヶ月前に理解したつもりだったのに、久しぶりで嬉しくて力んでしまった。

2.合気柔術
【 杖捌 構え~転身1~右半身~転身2~左半身~転身3 】
転身1の時は、杖を手、肘、背中で支持しますが、背中の意識がしにくく、かと言って意識しすぎると
後ろ重心になったりします。
転身3の時も杖をすべらす感覚は大事です。 あと相手の首を狙うのですが・・たたっ斬ろうとは思ってはだめですよ。

【 杖 対 太刀 転身1 左脾腹打 】
杖捌を相手に太刀をつけて、転身1の練習。  太刀を前にすると視覚情報による反射反応で頭だけ先によける動作になってしまいますね~ 恐るべし条件反射。
転身1で左脾腹をついたあとに肘を開放し、杖を反転させて打つ。
両手の場合は、左手を添えるときに肩がかぶるほどバレバレな動作はしないように。。

【 杖 対 太刀 左内踝打 】
左脾腹を打ったあと、右手を杖の端をもち左足を踏出すこと(入り身)で内踝を打つ。
杖をワイドに持ちすぎると入身を大きくしなければならなくなります。
踝を打つとはいえ、目線をずっと下に向けていると次につなげれないです。 

【 杖 対 太刀 一本捕 】
左脾腹を打ったあと、右手を杖の端をもち太刀をもっている両手の間に杖を入れる
ちょっと相手の重心を誘導して、相手の後方に入身し、制す。
杖を前の手(この場合左手)で操作しようとすると重くなります。 後ろの手を使いましょ。

☆本日のひとこと☆
身体にしみこんだ動作モードはなかなか変えることができません
逆にあたらしい動作モードもなかなかしみ込むこともできません。
動作モードを定着させるためには、インプット(学習)よりも多くのアウトプット(実施)をしないと・・
って腕力を使う自分に言い訳をしてみました。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/08/22 肘を使う意識です。

1.素振り
【 素振り 】
練習に間に合えず・・前足の意識の確認ができなかったっす・・

【 正面受 】
これまた間に合えず・・無念。。 来週は運足を再チェックや~!

2.合気柔術
【 杖捌 右本手打 左本手打 右本手引落打 】
ガイド役の手は肘を伸ばしたままにしておく。 肘を曲げると杖を握ってしまったり、身体が硬くなってしまいます。

【 杖捌 構え~転身~右半身~転身~左半身 】
右半身から転身するときに、右手を振りかぶるのですが、ここでも肘を曲げると杖がでるのが遅くなります。
相手をつけると心理的に”斬られないように”肘を曲げてしまう? 結果的には杖が遅くなるので肘は伸ばすんだっ!

【 素手(左転身) 対 杖(右構) 一本捕 】
転身し、入身しながら相手の右手右肘をとり、自分と相手でフレームを作って相手の膝にかける。
ここでも肘を曲げてしまうと、フレームが作りにくく、しかも腕力になりがち。

【 素手(左転身) 対 杖(右構) 腰投 】
一本捕と右手をとるところまでは一緒。 肘を取っていた手は相手の左手をとり、お辞儀をしてなげます。
受けの人は両手がロックされているので、受身に注意!

【 素手(左転身) 対 杖(右構) 側面入身 】
転身し、側面に入身するときに杖のテンションをかけたままとする。
このテンションと入身の動作で相手の重心を浮かせます。 肘で相手の胸をぐりぐりしてはいけません。

【 素手(左転身) 対 杖(右構) 入身投 表 】
転身し、入身し右手を左手でとる。右手で顎にふれて、右足を相手の右側後方に進めながら投げる。
投げるときに肩(胸)を開かないように!開くと腕力になります。素振りと同様脇はしめましょ。

☆本日のひとこと☆
素振りに間に合わなんだ・・基礎は重要なのに~。 今日のポイントの多くは"肘”ですね。
肘は伸ばしたままにしておくと、変に腕力ではなく体捌きがそのまま相手に伝えることができます(らしい)
あんまり伸ばしすぎると、肩にダイレクトに来るので脱臼癖のある人は要注意や!

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/08/08 残業はツラいよ

1.素振り
【 素振り 】
ちょっと前まで、箙をはると前足の意識が少なくなっていました・・
どうやら箙を張るときの勢いで重心が若干上に移動することが原因か?

2.合気柔術
【 杖捌 右本手打 左本手打 構え~転身2 】
構えから転身の要領で打つ手前までは、手がガイドの役目をしていてミートの瞬間だけ押さえる。
妙に握ったり、こねたりしないように。

【 杖捌 構え~転身2 】
転身から戻り構えをとるときに、正面から杖が見えないように手・身体のラインをつくる。
転身2の初動作の振りかぶる?ときには軽く杖の握って地面を擦らないように。

【 素手(右転身) 対 杖(右構) 合気投 】
右転身のよける要領で、相手を杖なりに前へ導き、相手右手が動かないようにベクトルを相手の右側に向け投げます・・
多分、ベクトルを変えるときに支点がずれるとうまく投げれないです。

【 素手(右転身) 対 杖(右構) 側面入身 】
合気投で踏ん張られた時や、脇の力で止められたときに、杖と相手とのテンションを変えないまま
側面入身して投げる。 投げると言っても肘でこねたりしません。入身の動作で相手の重心を軽く後方にうかせるくらいでいいです。

【 素手(右転身) 対 杖(右構) 肘返 】
側面入身と途中まで同じ要領。。だた相手を導く方向が後方ではなく、杖に肘返をかけるように相手右側?に浮かせます。
杖を掌で軽くたたくだけで崩れる人やちょっと前方に崩さないといけない人など反応はさまざまです。

☆本日のひとこと☆
しょ~っく!  仕事が遅くなって残り15分くらいしか参加できませんでした・・
ついに杖も4週目をむかえました。まだまだ”棒を振り回している感”がぬけないところ・・・
ガイドとしての使い方は何となくできているよーな模様。。
ちなみに、わたしの最初の杖の師匠は、サモハンキンポーとジャッキーチェンです(大笑)

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/08/01 身体は柔らかいに越したことはない?

1.素振り
【 素振り 】
基本に戻る。ちゃんと肩を出し続けているか?ちゃんと胸と背中をお腹を使えてるか?
茶巾しぼれてる? しぼるのはミートの瞬間だけでOK 

2.合気柔術
【 杖捌 右本手打 構え~転身2 】
本手打は、杖の端と端を持って手を上げた状態から転身の要領で打つ。
右手はガチガチに握るのではなく、輪をつくってガイドの役割くらいの感じです。
ミートの瞬間だけ押さえる感じ。 とすると杖ってのはあまり握らないんかな?

【 杖捌 構え~転身2 】
転身1から戻り右構えになる際に、戻ってから重心を軽く前にする2調子をしない。
転身2の左手は、手の平意識も重要ですが、肘の意識もあると構えから転身するときに杖を誘導しやすい。

【 素手(右転身) 対 杖(右構) 合気投 】
杖を転身でよける際に、軽く手を添えて重心を前に導く。 この時に自分の重心を後ろ足にしておけば、ニュートラルポジションに戻る際の重心移動のエネルギーを投げに使える

投げるときは、杖なりの方向に。どちらかというと押すに近い? 
両手で行うと杖なりに押し難いので最初は片手で押すイメージで行う。

【 素手(右転身) 対 杖(右構) 一か条 】
転身して杖を捕るとはいえ、 杖(右構)対右片手捕(対面) 一か条 とほぼ同じ。
ただ、耳を肘で攻める際の”つくり”は持っているところを支点として梃子運動で垂直に杖を立てる
この”つくり”が雑だと相手は崩れてくれません・・

【 素手(右転身) 対 杖(右構) 入り身投 】
杖を転身でよけることで重心を前に誘導する。入り身の時に杖を垂直に立てるが、体の中心軸を倒さない。
垂直に立てるときに支点にすべき手のほうを上げてしまわないようにしましょ。

☆本日のひとこと☆
本日、しろおびっ子が1人仲間入りしました。 徐々に練習スペースが狭くなってきています・・
杖の練習は、=体捌きの練習になります。 杖を持つことにより素手よりも半身や転身の動きを精細に感じることができます。
そのため、自分の半身の甘さを痛感してます・・股関節が硬いんですよ~ 柔らかくしないと半身が作れないっすよ

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/07/25 コテコテの梃子

1.素振り
【 素振り 】
箙をはるとかかとに力が流れていくんですが・・ あれ?ちょっと前足の意識が少なくなっている??
無意識にできているのか、疎かになっているのか・・要確認。

2.合し打 
【 正面受 】
なんとなーく間見積もりが良い感じです。 前はかなり遠く感じたんですけどね~
そろそろ足を盗むことを研究するか。。

【 正面受2 】
中段の剣先を斬って真直ぐ振る練習です。
真直ぐ振っても剣先を斬れない時もある、真直ぐ振らなくても剣先にあたることもある・・ 意識の持ちようです。

3.合気柔術
【 杖捌 構え、抱え杖、転身1 戻り 右構え 】
基本の構えの時は肘を体側につけておく。杖先は相手に向ける。
戻り右構えをした時に正面から見て杖が見えないように構える。

【 杖(右構)対右片手捕(対面) 合気投 】
側面に入り身して相手の重心を前に導いて、投げる。入り身の時の杖は捕られている手を動かさないように。

【 杖(右構)対右片手捕(対面) 入り身投 裏 】
入り身するときに、相手が杖を握っている位置を動かさないようにする。
入り身した後に、相手の重心を前⇒斜め前と導く時も杖なりに。

【 杖(右構)対右片手捕(対面) 四方投げ 表・裏】
四方投げの時は特に、杖を平行に動かさないようにする。 持っている手を支点に梃子の動作で。
投げる前の転換は杖のまわりを回るように、あまり杖を動かさない。

【 杖(右構)対右片手捕(対面) 合気崩し 】
側面に入り身して相手の重心を前に導いて、転身し相手の正面に位置し捕られている手を股下に誘導して崩す。 尻もちをつかせる感じです。


☆本日のひとこと☆
何となく杖を持ってるとはいえ受けの動きは一緒ってのに慣れてきました。
ただ、梃子をシビアにかけるため、自分の動きの雑さがかるーく露呈している。。。
最初は遅くとも丁寧に。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/07/18 囚われるな(笑)たかが棒だっ

1.素振り
【 素振り 】
指で地面をつかむように、且つ箙をはる・・ 箙をはるとかかとに力がながれていくんですがそのため地面がつかめない・・ 多分なにかあるんだろう・・

2.合し打 
【 正面受 】
Let'sミドルレンジっ! 拙いながら自分の行きたい点に到達できるようにはなってきた感じ もっとスマートに動きたい。

【 正面受2 】
本日は木刀でした・・・やっぱり ガツンとあたる感触が杖に比べて少ない・・ 
って当てることに囚われるな(笑)

3.合気柔術
【 杖捌 構え、抱え杖、転身1 】
基本的に素手の時と同じ動きができるように・・杖は強く握らない。
転身1の時は、手のひら、肘、背中の3点で支持する。
背中を使うため、素手のときより半身がシビアに実感できますな。

【 杖(右構)対右片手捕(対面) 一か条 表 】
杖をもってるとはいえ、相手の攻めるところは相変わらず、耳に肘を押付けるようにする。
杖だと相手に持たれている所を押したりしてしまうが、たまたま自分と相手の間に杖があるだけだ。 囚われるなっ!

【 杖(右構)対右片手捕(対面) 二か条 表 】
相手を極めるときに最初は杖を持たれている所を離れないように抑えておく。慣れたら離す。
相手を倒すときは、杖の持たれているところを中心とした半円に動かす。
くどいけど、動きは同じただ杖があるだけ。

☆本日のひとこと☆
3連休中のしろおびっ子昇級審査は見事 合格っでした。これからも精進しまっせ。 
本日から杖です。不思議です、杖を持ってるとはいえ受けの動きは一緒です。
まさに杖に囚われないように動くことですね~ そそっ 単に相手と自分の間に棒があるだけですからって、むちゃくちゃ囚われてるぢゃないか

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/07/11 昇級審査追込み

今週は、昇級審査に向け最後の追込みでした・・

1.素振り
【 素振り 】
振りかぶっているどこかの段階から、ちょっとベタ握りになることが発覚・・・明確な原因はわからないけど即強制っ!

2.合し打 
【 正面受 】
またまたミドルレンジです・・何となく間合い見積りができつつありそうななさそうな・・・
運足もおぼつかないので、見積があってたとしても打点に到達できない、この哀しさ、たまらんす。

【 正面受2 】
中段受けの剣先を斬って真直ぐ振る練習です。
本日は木刀ではなく杖が受けでした。 びっくりですっ!剣先より面積が広いので当るわ、当るわ
かすった時には鳴らない”ゴズン”の響きが、気持ちぃーんです。  

3.合気柔術
【 転身(1~3)】
動くときに、身体の中で動きをイメージして、そこから実際の動きに入るといいよ~と聞きました。
これを言われたのは3回目なので結構重要だって事と、まだ自分ができていない事を再認識・・・

【 正面打 一か条 表 】
はじめに相手を受けるファーストインパクトの時は、素振りで培った箙が重要
箙がない大抵の人は胸で受けるため、上半身が反ってしまったり身体が居ついちゃいます。

【 片手取 二か条 表 】
自分でも完璧にできるわけではないですが・・、二か条は手首が痛い、肘が痛い、肩が痛いではなく
相手の軸(中心?)を取ることだと思ってます。そのためには手首から肘、肩、首を一本の棒として使えるようになりたいんす。

【 文手 三か条 表】
最初のうちは・・相手の肘を真下に落としやすくするために、ステップインの時に右足の膝先を肘の真下にポジショニングしてみてるといいかも

【 突 :小手返 裏 】
相手の右手を導くときは、相手の出している突きの高さから上にしないこと。
手の誘導と体の開きは同時にやらないと、手力になってしまいます。

【 横面打 入身 裏】
入り身するときに足と同時に手を相手の頭に回して肩口に導く。 頭を肩口にもってくことにとらわれ過ぎると後ろ重心になります。 入り身した時にはすでに肩口に導き終わってるのがベストっす。

【 両手捕:四方投 表 】
身体を転換するときに、相手の手を額につけたままにする。額につけたまま転換できない場合は尻抜きで対応する。
額につけたままにせずに手を上げてしまうと、せっかく崩れた相手が気付いてしまいます。

☆本日のひとこと☆
3連休中にしろおびっ子の昇級審査がありました。 上記の内容は審査項目でした。 
足腰と体捌が重要なので・・たとえしろおびっ娘でも男性の正面打ちをがっつり受けることが必要なんです・・
私の半分くらいの腕太さでも、1年でガッツリ受けれるようになってましたね~ 素振りの効果と優しい先生のおかげですかね。

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/07/04 ちょと淡泊気味

ちょっと今週は淡泊気味な文書に・・

1.素振り
【 素振り 】
まだ前にうまく進めません・・、前足の重心、後ろ足の張り・・この状態からの振りかぶるまでのフローを模索中。。  

2.合し打 
【 正面受 】
今週もミドルレンジです・・剣と剣の間合いを見直し。
とりあえず、剣と剣を正眼にかまえて剣が交わるか交わらないかのところを間合いとして剣一本分の間をつめることを練習中。

【 正面受2 】
中段の剣先を斬る練習。 今週も自分との戦いです。。
剣先を斬る練習ですが、真直ぐ振ることが重要なので・・。  真直ぐ振れればいづれ剣先を切れるので当たらなくでも真直ぐ振ること

3.合気柔術
【 転身(1~3)】
重心が右足に乗ってはいるんですが、沼にずぶずぶ足を突っ込むような感じだったのは、重心を乗せただけで、次の動きに用意してなかったためと考えれる・・ たぶん乗せすぎ・・?

【 正面打 一か条 表 】
相手の耳に肘を押付ける時も、ステップインの時も、手では押さないっす。

【 片手取 二か条 表 】
手首を自分の肩口でロックした後は相手の手を下げようとしない。ロックがはずれちゃいます

【 文手 三か条 表】
相手の小指から肘までのラインと脇のラインを合わせステップインしたあとは
相手の肘を真下に落とす。手をひっぱったりしない。 手は肘を下ろすときに邪魔だからどかしてあげる位の感覚でやりましょ。

【 突 :小手返 裏 】
相手と背中合わせになったあと、左足を引いて体を開くときは体の向きが180度入れ替わるくらい

【 横面打 入身 裏】
相手の頭を自分の右肩口に導いた後、右手を真上に上げるときは相手を気にしすぎると後ろ体重になりやすいです。
相手を気にせず手は真上に・・いわばガンダムの有名なあのシーンのように・・・

【 両手捕:四方投 表 】
両手を体の中心に納めた後は、素振りと一緒。体を転換するときは手を額につけてると軸を見失わないっす。

☆本日のひとこと☆
本日、しろおびっ子が1人仲間入りしました。 先生の言うことをしっかり表現しようとしているのでちょっと誇張気味・・ですがそれが良い。 慣れてくると無意識にできているか、御座なりにしているかわからなくなる場合があります。
人の振り見て我が振り直すぜぉ

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/06/27 受け目線

今週は受けが多かったので受専の目線です。

1.素振り
【 素振り 】
今週はへそをちゃんと意識してみました。
前に進むときにへそがちょっと向きが変わってしまうので、後ろ足の張りと一緒に戻す意識をしてみました。
後ろ足を少し引き付けるときに内転筋を使うのかな?
上半身や、前足のふんばりで引き付けると上体がそっちゃいます。

2.合し打 
【 正面受 】
最近のテーマ、ミドルレンジです・・
何となく”はじめの一歩”になっている理由は、実際より相手が遠くにいると思ってる間合い見積の甘さでは??
剣対剣の間合いを改めて見直し。。。

【 正面受2 】
中段の剣先を斬る練習。
いや~まさに自分の中での心理戦です。。
剣先に当たらない⇒当てようとする⇒剣先をガン見⇒力んでより当たらない!
はまるぞ 魔のスパイラル・・   とらわれるな~

3.合気柔術
【 転身(1~3)】
膝が徐々に内側に向かなくなってきた・・
んで重心っ! イメージ的には右足に乗ってはいるんですが、沼にずぶずぶ足を突っ込むような感じになっちゃってます。
なので、重心を移動するときに足を抜くような円を描いてしまってます。
まだまだっす。

【 正面打 一か条 表 】
相手の耳に肘を押付ける時は、ちゃんと相手の軸を感じるようにする。
そうでないと、相手が反時計回りにくるっとなってしまいます。

【 片手取 二か条 表 】
お辞儀の向きとへその向きは、相手に向けます。
お辞儀の向きが外れると、ちゃんときまりません。

【 文手 三か条 表】
相手の手を自分の右側面に導いたときは、手でやるとぶつかってしまうので肘をつかいましょ。

【 突 :小手返 裏 】
左足を軸にして回るときに、相手と背中合わせになるくらいの位置までいく
ちゅうと半端なところだとあとで相手を崩せません。。

【 横面打 入身 裏】
相手に入身するときに、相手のかかとを目指す。 足も円を描くようにではなく半直線的に。


☆本日のひとこと☆
”人の振り見て我が振り直せ”ではないですが、相手にやられると気付くこともあります。
「あっこーするとだめなのね」や「おっこうされると気持ちよく倒れるな」など
ポイントが明確に見えてきます・・・フィードバックできるかは別問題ですが・・・

雪が谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/06/20

1.素振り
【 素振り 】
前に進みながら素振りをするのですが、へその向きが・・・
最近は体術の方で半身になることを重視してやっていたせいか、それとも元々か
体が若干半身になったまま素振りをしていました。。。 へそは相手に向けなあかんです。

【 脇を締めて素振り 】
脇をしめたまま、振りかぶり、踏み込んでから振り下ろし手元をしぼる。
振りかぶる時に肩は下げて腕は上げるという窮屈さを大事にする。

2.合し打 
【 正面受 】
前回から問題になっている、ミドルレンジです・・
踏み込んだ足を盗みんで前に進むというのですが、盗めず
”はじめの一歩”になっちゃってんのよ~♪ まだまだ検討中。。

【 正面受2 】
相手に中段で構えてもらい、剣先を斬る練習をちょっとしました。。
斬るポイントを見すぎると、見事に三日月を描きながら剣先をかすめていきます・・
相手の鼻先を斬る感じでやると素直に剣先にあたる。 目先にこだわると力んでしまうからなんでしょうかね。

3.合気柔術
【 転身(1~3)】
半身になった時に、膝が内側に向くことを少しづつ矯正できている模様・・日々の柔軟の成果がちょっとでてきた??
でもまだ重心を右足に乗せる動作モードができてないので、重心移動がぎこちない

【 転身(1~3) 手刀対素手 】
相手をつけると自分のイメージしていた間合いと違うため、最初はちょっと戸惑う・・ 間の見積もりがまだまだ甘いことを痛感。。

【 正面打 一か条 表 】
足が遅れると手で引っ張りがちになるので、ポジショニングはつねに気にする。
相手の肘に体を乗せれる体勢をつくる。

【 片手取 二か条 表 】
手首を自分の肩口にあてて、相手の肘・肩のロックをしたあとのお辞儀は、首だけでなく胸でお辞儀する。変に手首をこねくりまわそうとしないこと。

【 文手 三か条 表】
相手の手を自分の右側面に導いたときに、上半身がかなり窮屈になる。
この窮屈さを相手の還すので、窮屈さを大事にしましょう。
相手の小指から肘までのラインと脇のラインを合わせるようにへそを相手に向ける。

☆本日のひとこと☆
”雪ヶ谷 稽古日記”でぐぐりますと、なんと!! TOP1にでてきました!!
”雪ヶ谷 合気道”でぐぐってみても TOP1です・・
雪ヶ谷は正式には雪谷(住所)or雪が谷(駅名)なのです。。
へこみました・・

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/06/13

1.素振り
【 素振り 】
気を抜くと肘が外側に向いてしまいつられて脇もあまくなる・・
普通に両手を振りかぶる時は、肘は外側、脇はあまいほうが振りかぶりやすいからかな??
多分この窮屈さに何か意味があるんだろうと模索。。


2.合し打 
【 正面受 】
受けの剣を斬ろうとしなくなってからは、あまりバウンドしなった。
たぶんそこそこ重みを乗せれていると思われる・・
ここで、受けの間合いを変えたところで問題発生っ!
今までの間合いはショートレンジでした。
言ってみればお互いの間合いに入った後なので、本来の剣と剣の間合いではなかったのです。。
これが剣の間合いになったとき、すなわちミドルレンジになったときに足がついていかず手打ちになってり、空振りするなど散々な結果に・・・
運足に問題があると思われるのだが、まだ試行錯誤中。。


3.合気柔術
【 転身(1~3)】
これまた新たな問題発生っ!!
右足の股関節がかたく、半身になった際に右膝が内側に向いてしまう。 このため、重心を右足に乗せても膝を動かすことができないため、 重心移動を上半身に伝えることができないと思われる・・

足を組むときに右足を上にできないのは股関節のせいか・・?いや太いからかな。

【 正面打 右転身 一か条 表 】
相手の耳に肘を押付けるときに、相手の軸を感じるようにする。そうでないと押し過ぎる場合がある。
あと、受けの股関節の硬さによって、落としどころが変わります。
柔らかい人は真下で、硬い人は何気に遠くに落とす。

【 片手取 二か条 表 】
手首を自分の肩口にあてたあとに、相手の肘・肩のロックを意識する。
稀に相手の中心が見えるときがあるけど、大体が手首が痛そうなだけ・・
手首だけが痛いのは失敗なのかな・・

☆本日のひとこと☆
ちょっと下半身に問題が発生中・・・
股関節が硬すぎるのはいろいろ不都合なので今日から風呂上りは柔軟っす。
ビシッときれいな半身になりたいもんですな~♪

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/06/06

1.素振り
【 素振り 】
不思議なもので、素振りと言うのに振ろうとすればするほど力むし
無駄な動きが増えます・・
剣を真直ぐに振るためには、筋肉運動でやるとよろしくないみたいです。
試しに受けをつけて、相手の剣先を斬る練習をすればよくわかります
これでもか!っちゅーくらいにきれいに斬れません
じゃーどうすればいいの?? 私なりのヒントを本日の一言に・・・・


2.合し打 
【 正面受 】
ほんの少しだけ剣に重みを伴わせることができるようになったんじゃないか?
と思うような手の感触があったような気がしたっ!
少し変わってきたのは・・・たたっ斬ろうとしなくなったから!(笑)
今までは受けの剣を斬る勢いで合し打ちをしていたのでミートの瞬間が
ぐだぐだになっていたからと思われる・・ ちゃんと重みを乗せれるまでまだ研究中です。


3.合気柔術
【 半身でステップ 】
半身の構えで、前後にステップするんですが・・・・
左右2分間づつ(インターバルは一分くらい)です、
中高生の頃なら余裕だったと思うんですが、うーーーんちょっときつい
やってるうちに、半身が崩れてきてふつーの反復横飛びになってしまいます。
(足先が相手に向かず、だんだん相手に対して90度になる)

【転身(1~3) 】
転身の1から2の体裁きはむずかしい。。。
大抵の方も合気道のように円を描くように体を使うことはできると思いますが、
直線的に半身を入れ替えることは簡単にはいかないんだよ~

【 正面打 右転身 一か条 表 】
相手の手を右手で引っ張ってしまう癖がやっと最近になって抜けてきました
受けの方が引っ張られるとちょっと抵抗するので、それが手がかりになります。
一か条によらず、受けの抵抗感を感じれることは重要ですよね。。

☆本日のひとこと☆
さて、真直ぐに振るためのヒントですが・・・
私のなかでは結構秘伝級の口伝なので
勿体ないところですが、聞いたところで実践できる人は少ないと思いますので(思いたい!)
書いてしまいます
実は、『振らないようにする』のです。
そうです!剣だけでなく自分の腕もあわせて、自然に落としてみましょう
基本的にまっすぐ落ちるはずです・・・ 
最初のうちは筋肉ではなく重力にたよってみるとまっすぐ振ることってことを
体感できると思います。
素振りについては、どれが重要!?ということはわかりませんが
真直ぐ振るために、いろんな要素を必要としますので早いうちに
体感して、目標を明確にしておくと、ただブンブン振るより得られるものが多いはず!

番外編 雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の素振り☆~

《自然は直線を嫌う》・・・・(だったかな?)
という言葉があるくらい、真直ぐというのは自然的ではないです。
その数少ないなかで直線運動に近いものがあります。
それは落下運動です。。
ここまで言えば感の鋭い方はわかっちゃうと思いますが・・
そうです!剣だけでなく自分の腕もあわせて、自然に落としてみましょう
基本的にまっすぐ落ちるはずです・・・ 
まずは、筋肉運動に頼らずに真直ぐ振ることを体感しましょ。
そこから身体の使い方をあーでもないこーでもないと悩みましょう!

何で読んだか忘れましたので、事の真偽はわかりませんので
責任はまったくもてないので,間違ってたとしてもご寛恕の程・・

合気道の開祖も素振りをかなり練習していたらしいです。
その一部で、木を横に置き(空手の瓦ためし割りのように)
そこを木刀で打つという・・・
大抵の人は受けの木に当たった後に少しバウンドしますが、開祖はバウンドしない
Or しないような練習をしていたって書いてあった気がします。
これはまさに合し打で剣先に重さをのせる事と同じ練習していたのだと思います。
意識はしませんが、合気道の型の各所で手刀を使う時に必要なのでしょうかね・・?
何はともあれ・・・
素振りというのはいろんな要素が含まれていて、やればやるほど発見があります。

このスクールでは、初心者には「ストレッチです!」と騙して?振っていますが
正しい素振りを身に付けているので、初心者の割りにびっくりするような下半身の安定感が育ってます。

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/05/30

1.素振り
【 素振り 】
素振りで重要なポイントの一つに”土台作り”があります。 というか勝手にそう思ってやってます。
土台を作ってから剣を振らないと、手だけになってしまいがちです、
最初のうちはスタンスが狭いと土台が作りにくいのでちょっとスタンスを広めにしたほうが
土台が作りやすく、後ろ足も張りやすいです。
ただ、前足の膝が伸びてしまってたり、逆に膝が足先より出過ぎないように気をつけましょう。


2.合し打 
【 正面受 】
素振りと同じで初心者のうちは土台を先につくってから振ったほうが、剣に体を乗せやすいです。
ミートさせることばかり集中してしまうと、手が先行してしまい剣にまったく重みが
なくなってしまいます。
土台がないと、手元もしぼれて、腹筋背筋を使えてたとしてもふにゃふにゃの軽い剣になります。。

【 左転身 】
袈裟斬りは斜めに剣を振るのではなく、剣は真直ぐ振り体捌きで体を開くことで
結果的に斜めに斬ってるらしい・・・
ってことは、転身がちゃんとできないと袈裟斬りは一生できないってことかぁ・・


3.合気柔術
【 転身 :右転身 】
足先だけでなく、膝も相手に向けるようにする。
どうやら膝が内にいく癖を直さないと。。これじゃボーゲンになってまう・・

【 受身 】
自分では何となくできるのですが、誰かに教えるのは難しくないですか?
イメージでは、手と足をXに開いて左手から右足を結ぶ線を円弧にして
転がるだけなんですけど・・

【 正面打 右転身 肘返】
転身後の入り身で右手を引っ張らないようにする。
相手の脇近くに手を入れると小さい力で梃子がかからないので、
肘近くに手をあてるようにする。 名の通り肘返しですので・・

【 正面打 右転身 側面入り身】
入り身するまでの動作は肘返も側面入り身も一緒。
入り身した際のポジションによって肘の下に手を入れるか、
胸の前に手をいれるかが決まります。。
なので、練習の際は意識して深く入り身したり、浅く入り身したりする。

【 正面打 右転身 小手返】
転換するときは、相手と背中合わせで触れられるくらいの位置がいい
上級者は、このとき相手の右手に触れている左手のテンションを感じながら・・・
とすると相手が我に返らないで導くことができますね。

☆本日のひとこと☆
こんなことを書くと先生達に怒られるかもしれませんが・・・
基本的な体捌きが技を構成しているので転身や転換がちゃんとできないと
技がしっかりできないことを改めて痛感!
皆さん小手返の時に体軸、運動軸、重心など明確にできてますか??
たぶん体裁きができている人は普通にできているともいます・・
私はまだまだっす・・・

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/05/23

今日から作風を変えました(笑)

1.素振り
【 素振り 】
常に腕全体を肩から突き出すためには、拳が胸の前を通過する時にちょっと工夫が必要のようです
普通に振り下ろすと、胸の前を通過した後から腕が肩に格納されてしまいます。
これを腹筋と背筋(胸?)を・・・使って・・・腕を突き出したまま・・・ う~ん初心者には表現が難しいです。。

2.合し打 
【 正面受 】
ミートの瞬間だけ、剣に乗るのが理想のようで先生によく言われるのですが・・、これが難しいです
始めは、ガチガチで腕力は常に全開でした。。今は何とか少し力を抜いて振り下ろせる感じなのですが、
ミートした後も腹筋・背筋は万全、手元も絞った体勢のままなので、次の一歩がまったくもって重い・・。

3.合気柔術
【 転身 :右転身 】
転身した後に、半身になりきれず肩が残るときがあります・・
肩が残らないように、肘を引くようにする

【 受身 】
でんぐり返し、前回り受身
肩から背中、腰とシームレスに床に接地しているイメージでしたが、久しぶりにやったら・・・
背中の一部がショートカットされてた(汗!)
音がしない受身がしたい・・・

【 正面打 右転身 一か条 表 】
相手の肘を耳に押付け、ステップインで重心を崩す時に、
・ステップインの時に、肘への圧力を保つ
・肘を耳に押付けるときに、相手の重心が片足に乗りきりそうなところまで
を気にする。

【 正面打 右転身 二か条 表 】
相手の手首を取るときに自分の手の甲を下に向けない⇒自分の手首が極まってしまいます!?
極める時に、脇が開いていると相手の手首だけに力が集中してしまうので、脇はしめる。

【 正面打 右転身 三か条 表 】
相手の手を自分の右側面に導く時は、手の平で滑らすようにし、肘を主動で行う。
自分の開いている脇をしめながら腰をきりつつ、相手の小指から肘までのラインと脇のラインを合わせる


☆本日のひとこと☆
本日から文面を《動作主体》から《気付いた点、注意された点を主体》に変えてみました
よ~く考えると動作を字で表現できる腕前ではまだないので、注意点をブログ的に掲載することにしました。
注意点と言っても、注意された点ですけど・・・。
でも、毎回注意されるってことも、考えようによっては幸せです。
より良くなるってことですもんね、 ただ同じことは注意されないように心がけませう。。

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/05/16

1.雷刀(素振り)
【 肘を伸ばしたまま素振り 】
肘を伸ばしたまま振りかぶり、踏み込んでから、肘を伸ばしたまま振り下ろす。
足を意識するように、自分が思っているより少し前に踏み込むことで、下半身の土台を作る

【 脇を締めて素振り 】
脇をしめたまま、振りかぶり、踏み込んでから振り下ろし手元をしぼる。
最初のうちは振り下ろす際に、重力に任せるように自然に振る。
打点を意識する。

2.合気柔術
【 正面打 一か条 表 】
正面打を両手で受ける。相手の肘を耳に押付け、ステップインで重心を崩し、相手の足の付け根でおるように倒す。 右手を帯につけ、腰を切り相手の肘に体を乗せる
左足を相手の股下に入れ、肘に手刀をあて相手の方に向くように腰を戻し、逆肘を極める
肘を制したまま相手を前方に踏み出しうつ伏せに倒す、脇腹と手に自分の両膝をあて、肘を手刀で制する。

【 片手取 二か条 表 】
相手が右手で自分の左手をつかんでくる。持たれた手首を下げ、肘から先で円を描くように相手の手首に親指をかける
右手で相手の手首を持ち、ステップインし手を肩にあてる。 左手で相手の肘を軽く張るようにして、相手にお辞儀をする。
その後は、一か条と同様にし相手を制して、うつ伏せに抑える。
脇腹と手に自分の両膝をあて、肘を上に向けてから手首を極める。

【 文手 三か条 表】
相手が右手で自分の右手をつかんでくる。自分の腕全体で円を描くように小指から振り上げる。 手を開いて、相手の手を自分の右側面に導く。左手で手の甲を持ち右手を相手の手の平に合わせて、相手の小指から肘までのラインと脇のラインを合わせるように腰をきる。
相手の正面にステップインして、相手の肘を真下に落とす。
膝の上に相手の肘がくるようにし、膝で逆肘を極めて相手の体を崩しうつ伏せに倒す。相手の肩に膝をあて、手首を極める

【 突 :小手返 裏 】
動作は、4/18を参照のこと。
相手の突きを右手刀で受ける時に、斬るよりは吸付ける感じにする。
なるべく腕や肩の筋肉を硬直させないようにする。

☆本日のひとこと☆
今日は、数ヶ月前に受けた5級の試験内容を復習でした。
今度受けるのは3級なのですが、5級と3級の質の違いを表現できるのかっ!?
更に先生方は日々要求が多くなる気がするのですが・・どこまでのレベルを求められてるのかな~

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/05/09

今日は長文ですよ~

1.雷刀(素振り)
【 基本 】
撞木の足、箙を張ること、真直ぐ振ること、歩法

【 肘を伸ばしたまま素振り 】
肘を伸ばしたまま振りかぶり、踏み込んでから、肘を伸ばしたまま振り下ろす。
振りかぶる時と、踏み込む時に重心を上下させない、上半身を前後に振らない

【 脇を締めて素振り 】
脇をしめたまま、振りかぶり、踏み込んでから振り下ろし手元をしぼる。
振り下ろしミートの瞬間だけをイメージして手元をしぼる。
しぼるときに、利き腕ではない方も意識してバランスよくしぼる

2.合し打
【 正面受 】
相手が打ってくるのを、一歩踏み出し剣を頭より高い位置で水平にして受け、相手が下がるところを踏み込み・斬る。
受けるときも、撞木の足、箙を張ること、真直ぐ振ること、歩法を意識する。

【 左転身 】
相手が打ってくるのを、一歩踏み出し剣を頭より高い位置で水平にして受け、相手が下がるところを左転身をして、 相手の首筋を袈裟に斬る。
剣を斜めに斬るのではなく、体を開く?結果で正面が袈裟になる。


3.合気柔術
【 受身 】
でんぐり返し

【 文手取 一か条 】
相手が右手で自分の右手をつかんでくる。自分の腕全体で円を描くように振り上げる。
左手で相手の肘を耳につける。更に一歩ステップインして相手の重心を崩し、左手主体で相手を倒す。

【 文手取 二か条 】
相手が右手で自分の右手をつかんでくる。自分の腕全体で円を描くように振り上げる。手を開いて、小指をかける。 手首をもち相手の肘を軽く張るようにして、相手にお辞儀をする。

【 文手取 三か条 】
相手が右手で自分の右手をつかんでくる。自分の腕全体で円を描くように振り上げる。手を開いて、相手の手を自分の右側面に導く。左手で手の甲を持ち右手を相手の手の平に合わせて、相手の小指から肘までのラインと脇のラインを合わせるように腰をきる。

【 文手取 小手返 】
相手が右手で自分の右手をつかんでくる。左転身の要領で相手側面に入り身する。その際、手と足は一緒に動かし、相手手首を左手でとる。
左足を軸に、相手と背中がつくように回る。左足を引くことで体を開くと同時に、右手で顔面に当て身をし、相手を崩す。両手を添えて右足を踏みこみ、相手を倒す。

【 文手取 肘返し 】
相手が右手で自分の右手をつかんでくる。左転身の要領で相手側面に入り身する。その際、手と足は一緒に動かし、左手を相手の手の下に差込む。
左足を踏み出しながら、左手を返して相手を投げる。

【 文手取 四方投 表 】
相手が右手で自分の右手をつかんでくる。手を開いて親指をかけ左手を添える
右足を踏み出して、左足を踏み込みながら、額まで振りかぶる。体を反転して斬りおろす。

☆本日のひとこと☆
本日、しろ帯っ娘が1人仲間入りしました。 武道経験はないようですが足捌きがなかなか良いので今後が楽しみです。
しろ帯っ子の先輩としてまけれまいっ!

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/04/25

1.雷刀(素振り)
【 肘を伸ばしたまま素振り 】
肘を伸ばしたまま振りかぶり、踏み込んでから、肘を伸ばしたまま振り下ろす。
何度か振っているうちに腕だけの振りにならないよう、振りかぶる時、手元をしぼる時に腕全体を肩から突き出すことを意識する。

【 脇を締めて素振り 】
脇をしめたまま、振りかぶり、踏み込んでから振り下ろし手元をしぼる。
肩山をあげないようにしているので、振り下ろす時に腕だけになってしまいがちになる。
振り下ろそうというようりは、自然落下に近い感じで下ろす。


2.合し打
【 正面受 】
相手が打ってくるのを、一歩踏み出し剣を頭より高い位置で水平にして受け、相手が下がるところを踏み込み・斬る。
受ける時に、一歩出ること・頭より高い位置で受けることを意識する。この動作が、一か条の初動と受けの基礎となる。

【 左転身 】
相手が打ってくるのを、一歩踏み出し剣を頭より高い位置で水平にして受け、相手が下がるところを左転身をして、 相手の首筋を袈裟に斬る。
袈裟に斬る時に、剣の軌道を意識する。剣が真横から出ないようにする。


3.合気柔術
【 両手捕:四方投 表 】
相手が両手をつかんでくる。 両手を体の中心に納めて右手で相手の右手脈所に軽く触れる右足を踏み出して、左足を踏み込みながら、額まで振りかぶる。
体を反転して斬りおろす.


【 両手捕:四方投 裏 】
相手が両手をつかんでくる。 両手を体の中心に納めて右手で相手の右手脈所に軽く触れる左足を相手の右側面に踏み出して、左足を軸にまわり相手と同じ方向を向くと同時に、額まで振りかぶる。
体を反転して斬りおろす。

【両手捕 :切落 】
相手が両手をつかんでくる。 軽く手を開き半歩ほど相手左に踏み込む。
相手の状態を変えないように相手右に体を移動し、そのまま右側面に入身し、腰をきることで落とす。

【両手捕 :裏落 】
相手が両手をつかんでくる。 軽く手を開き相手の右側面に入身し、相手の尻からふくらはぎにかけてさするようにお辞儀して落とす。


☆本日のひとこと☆
初心者の人は、四方投げの体を反転させるときに、上半身がふらついてしまうことが多いです。
一緒に稽古している方は、1年未満なのですが上半身がしっかりしていて重心もぐらつかないのです・・
たぶん、素振りをしていて土台ができてきたからですかね。
まさに「初心者の方も半年で効果を実感できます!!」 @通販風

雪ヶ谷稽古日記 ~☆しろ帯っ子の挑戦☆~ 2007/04/18

1.雷刀(素振り)

【 肘を伸ばしたまま素振り 】
肘を伸ばしたまま振りかぶる。
踏みこんでから、肘を伸ばしたまま振り降ろし、手元をしぼる。
常に腕全体を肩から突き出すようにする。

【 脇を締めて素振り 】
腕を水平に伸ばした状態から、脇をしめたまま、振りかぶる。このときに肩山をあげないようにする。
踏みこみ、振り降ろし手元をしぼる。

2.合し打 

【 正面受 】
相手がまっすぐ打ってくるのを、一歩踏み出し剣を頭より高い位置で水平にして受ける。
その後、相手が下がるところを透かさず踏み込み・斬る。

【 左転身 】
相手がまっすぐ打ってくるのを、一歩踏み出し剣を頭より高い位置で水平にして受ける。
その後、相手が下がるところを透かさず左転身をして、相手の首筋を袈裟に斬る。


3.合気柔術

【 転身 :右転身・左転身 】
半身や、脚の角度などを意識して、転身をする。


【 突 :小手返 裏 】
相手の突きを右手刀で斬りつけ、左転身の要領で相手側面に入り身する。
その際、手と足は一緒に動かし、相手手首を左手でとる。
左足を軸に、相手と背中がつくように回る。
左足を引くことで体を開くと同時に、右手で顔面に当て身をし、相手を崩す。
両手を添えて右足を踏みこみ、相手を倒す。

【 突 :入身投 裏 】
相手の突きを右手刀で斬りつけ、左転身の要領で相手側面にやや深く入り身すると同時に、
相手の頭を左手を添えて、体を少し開きながら自分の右肩口に導く
右手の平を上に向けてを真上に上げ、相手の体勢を崩し、指先から真下に降ろし投げる。


☆本日のひとこと☆
素振りって、何気に難しい・・・ 
肩を突き出したまま、おなかを意識して、でも腕は力まないで・・
一緒にやることが多すぎます。。。